プロフィール

うるとらK

Author:うるとらK
小田和正さんが大好きです。
冬はスキーヤー!夏はなんちゃってゴルファー!!
お気軽にコメントど~ぞ~♪

引越し前のブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/xbkwx785

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

大好きな君に

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田さんが縁で

このブログを始めてから遊びに来てくださる方とお知り合いになってnanoriさんとは
大阪城で会ったりして・・・今年は小田さんのおかげで色んな人に出会い、楽しい毎日を
送っております。

さて、mixiで「小田さん」のカテゴリにヒットして足跡つけてくれた人がいて、岡山ライブの
コミュに私が書き込みしたのをきっかけに、地元の女の子A子ちゃんとマイミクになりました。
いろいろコメントを書き込んでもらったりして、とうとう、会いましょうか、って
ことになったのですよ。

別の意味で出会い系ですが。

見ず知らずの人に会うのはちょっと勇気がいりましたが、でも小田さんのファンっていう
共通の話題があるのでそこはとっても楽しみでした。

彼女の同級生の女の子B子ちゃんと3人で会いました。2人とも私より6歳も下です。
その子もライブに連れて行かれ、小田さんのファンになった、という子です。
「和正最高よね」と言い切る素敵な彼女です。

A子ちゃんはオフコースのことを知らないのです。お父様が生命保険会社にお勤めで
そのCMを見てから小田さんのファンになったんですって。少し若いとこういうきっかけに
なるんですね。

その彼女がお宝を持ってきてくれました。緑の街の映画を上映して回っていたとき、
鳥取にも来てくれたのですが、舞台挨拶の写真撮影OKだったんだそうでその写真を
見せてくれたのです。

ちょっと若くてはにかんだ小田さんが映っていました。

あたしはその時、何をしていたのでしょう。そのときは自由席だったから早い者勝ちで
前の席に座れたりしたらしいです。こんなに近くに小田さんが来ていたのに・・・
その頃に巻き戻したい。。

ネタバレを一切読みたくないというA子ちゃん。私は小田さんの新曲の歌詞をもってたので
読んでみない?と言ってみたら、「で、では・・」と恐る恐る読んでくれました。
私はこの歌詞を読んだとき涙が溢れそうになったんですが、この2人も目に涙をためて
感動してくれたことがとっても嬉しくて、嬉しくて。

同じ気持ちの人と同じ時間を共有できる幸せ。

とっても素敵な夜になりました。
2人ともありがとう。

こんな出会いをくれた小田さんにも感謝。
これからも小田さんを応援する素敵な人達に出会えるといいな。

スポンサーサイト

今日からですね

今日は東京ドーム公演ですね。
もう終わった頃だろうと、いろいろとサイトをめぐってみましたが
小田さん、調子悪かったみたいです。
ゲネプロで腰を打ったそうなんですが、どうやらチャリで花道を走って打ったような
話をされてたそうです。
大丈夫でしょうか。
(毒舌はいつもどおりだったようなので少し安心)

私達のために一生懸命準備してきたのに。疲れが出ちゃったのかな?。
でも、声は絶好調だったようでそのあたりはホっとしてるんですけど。

小田さん無理しないでください。花道は走らなくてもいいです。
椅子に座っててもいいですから。大事にしてください。
ちょっと心配です。

嬉しい話題はどうやら新曲を歌ったようです。
『さよならは言わない』
という曲名だそうですが、どんな曲調だったんでしょう。歌詞がとっても素敵だったそうです。
どんどん楽しみになってきました♪


ところでやっぱりドームは寒そうですね。今はまだ11月。私が行く京セラドームは12月終盤。
熱気もあるでしょうし、場所にもよりますよね。あったかくして行った方がよさそうです。

今日は小田さんの携帯サイトがかなり更新されてました。ファン参加型って感じがしました。
私たちのことを大事にしてくれて本当にありがたいアーティストです(笑)

小田さんの好きな曲投票ではいろいろ考えた結果
『東京の空』
にしました。

頑張っても 頑張っても
うまくゆかない
でも気づかないところで
誰かがきっと見てる

この歌詞が私を何度泣かせたことでしょう。
誰かが見てるから頑張るんじゃダメなんだけど。

小田さんが歌ってる時代に生きていられることに感謝しながら来月の京セラドームを
楽しみに、年末の大仕事を片付けようと決意した私であります。

倉敷・尾道ご当地紀行♪






この連休は母と旅行に行ってきました。久しぶりに観光地を巡ってきました。
観光地っていうと小田さんファン的にはご当地紀行を連想してしまいます。

「やってまいりました・・・」

なんて言ってませんから。ダイジョウブですよ。

行き先は倉敷・尾道。
倉敷は美観地区に初めて足を踏み入れました。紅葉でもみじが川面に映ってとっても綺麗でした。
誰が撮影しても綺麗な写真になります。昔の町並みがそのまま残してあって、いや、多分そのまま
のとこってきっと少なくて、昔のままに感じられるように綺麗に補修してあるんだと思います。
文化の継承ですよね。

倉敷は布の町で有名なんですよね。ジーンズで有名な児島もこの近くです。ジーンズバスなんてのも
走ってるくらいです。母も布が大好きなので、ちりめんや古い着物の布に飛びついて見入ってました。
ま、二人とも冷やかしなんですが。

そんなときふと見上げると
『星野仙一記念館』
発見!

小田さんの岡山のライブでご当地紀行に出てきました。こんな場所にあるんだ、っていう
はずれの方にありました。1Fはショップで2Fが小田さんが言ってたとおり500円払って
入館することになっております。母も一緒だったし、どちらにも入店してないんですが
証拠写真は撮影してまいりました。

そのうち親友仙ちゃんのアドバイスで金沢文庫に『小田和正記念館』ができるかもしれませんな。。

翌日は尾道へ。映画の街尾道はとっても素敵なロケーションです。母が行きたいと言ってた
千光寺へ行きました。ロープウェイで山に登ります。そこから歩いて下ってお寺へ。尾道は
その昔何千(?)という数のお寺があった、お寺の街だったんだそうです。今は整理されて
それでも百単位だそうですが。

前回のツアーのとき小田さんもここ尾道に来て映画の話を少ししていたような。。
いいお天気だったこともあって下りの階段は汗がにじむほどでしたが、長く続く階段も
素敵に見えます。

戦災に遭ってない街は昔の様子が残されてるのよ

と母。
地元鳥取は戦災は免れたものの、大地震、大火事で書物などもたくさん無くなっている
んだそうです。このような街はずっと大事にしていつまでもこの風情を残してほしいものです。

ALWAYS


イメージ 2

隠れスタレビファンの私です。(一切隠れる必要はない)

昨日あざらしさんのとこにお邪魔したときに発見!スタレビのNEWアルバムを。
収録されてる曲は全9曲です。

いつも僕らのそばにいたサウンドを感じてください
ア・カペラ&コーラス・カバーアルバム

ってことで
買ってしまいました。

その中には去年オダ★レビで作った
『思い出はうたになった』
というとっても素敵な曲も入ってます。

これが入ってるから買ったんじゃないんです。入ってるし、買ったんです。

まだ全部じっくり聴いてないですが明日からフルローテの仲間入りです。
そして面白いのはCDのデザイン。本当のレコードのようなんです。実際に溝っぽく
線も入ってるし。なかなかやるじゃな?い♪

「僕らライブってのは訪問実演販売なんですよ。地方のレコード屋さんとか僕らのCD
置いてなかったりするんですよね」

って風うたのDVDで言ってた要さん。今日TSUTAYAに行ったけど、何処にもなくて
めちゃくちゃ探したらNEWコーナーの一番隅っこにありました。

本日発売なのに。

AERA


やっとお会いできましたよ?♪

お昼やっとコンビニに行けたのですが、見つけられなくて聞いてみたら置いてない
って言われてしまう。。

それからダッシュで駅のキヨスクへ。
目を凝らして捜索したら・・・
棚の隅っこのほうにこじんまりと他の本の下に重なってささっていました。

皆さんが昨日表紙を載せてくれてたからわかったようなものの・・
見逃すとこでしたよ。

未だ干されてる先日の新聞と一緒に撮影してみましたよ。

カメラ目線の小田さんが珍しい。。黒いジャケットも。
思わず目を合わせて照れる。(←アホです)

同じ雑誌の中で婚活の時代という特集で『アラフォー』ならぬ『アラフィー』を
特集した記事がありました。その中で「年齢は肉体の年期にすぎない」という表現を
してる人がいます。

おお、そうか。と膝を打つ。

何歳だから、こうでなくちゃ、的なことは何にもないんです。
30歳になるから結婚するべき、とか、50歳だから結婚なんてするの恥ずかしいとか
他の誰かに決められるものではないんですよね。自分が決めていいんです。

60歳という年齢を消化できていないという小田さん。
年齢関係ないっすよ、小田さん。

皆を元気にしたい、という小田さん。
元気になります。だから小田さんもずっと元気で歌っててください。ステージの真ん中で
マイウエイ歌ってくれてても構いませんから。

神戸の空




今日はAERAの発売日でしたね。
都会は・・・

今朝駅のキヨスク、コンビニで捜索しましたがありません。お昼にも探しました。
ありません。。大き目の本屋さんで聞いてみました。

「入荷は明日になります」

はいはい、よくあることです。気にしませんよ、買えるなら。


昨日は神戸で仕事でした。久しぶりの都会にウキウキ(古っ)でした。
色々とお買い物もできて大好きな神戸ということで仕事の合間にモザイクまで行ってきました。
街はもうクリスマスの準備万端。イルミネーションもシーズン始めに見るととっても素敵で
心躍ってしまいます。夜にゆっくり見たかったのですが、なにせ一応仕事で行ってますので。

そしてブログお友達のnanoriさんが会いに来てくれました。ありがとうね?♪
めっちゃ短い時間だったのに、またもやマシンガントーク。前の日ヤスさんのライブに行って
きた話やブリッツ、クリ約と一通り話して12月の再会を約束してお別れしました。
そしてお土産も持ってきてくれました。オフコースのCDをプレゼントしてくれたので?す。
ありがとうね?。

さっそく今日聴いて見ました。
タイトルだけ見ると知らないな?って曲ばっかり。でも聴いてみるとなんと口ずさんでいる
自分が居ます。自分でも笑ってしまうくらい。

なんで??

耳が覚えていたんですね?。多分小学校から中学校の時代だと思うのでタイトルや歌詞なんて
全く興味がなかったんじゃないでしょうか。の割には歌詞もなんとなく出てくる。
しかも、ヤスさんがメインとってる曲ですよ?。

多分それはメドレーかなんかで聞いたことあるんだと思うのですがね。

ヤスさん。
今まではどんなにnanoriさんやくるみさんに勧められても乗り気じゃなかったのですが・・・
いざ聴いてみるとス?っと胸の中に入ってくる声が・・心地いい。。
しかも小田さんのコーラスが入るのでもっともっと聴きたくなる。

今ヤスさんはどんな声で歌ってるんだろ、って純粋に聴いてみたいと思ってしまいます。

そして小田さんは。。
やっぱり大好き。

この2人、なんとかならないのでしょうか。
今のこの声で共演してほしい。ライブじゃなくていいから、クリ約のゲストにいかがですか?
なんて・・・

そんなこと今まで思ってもなかったのに、思っちゃうオフコースのCD。
nanoriさん、本当にありがとう♪

ところで小田さん、いろいろとファンに向けてのサプライズ、ありがとうございます。
私は無理だと思いますが、クリ約応募します。
何万通もの抽選、私やったことあります。その方法が無作為ではなくまずは消去法だということも
知っています。でも応募しないわけにはいかないのです。
少しでもお近づきになりたいので。(仕事の段取りも休みの段取りもできてないですが)

では、明日AERAでお会いしましょ?。

ク、クリ約!!

ドーム公演がクリ約になると思ってたんですが、走りつづける男、小田和正は
収録を決行するみたいです。

小田さん、大丈夫??
無理してませんか?
こっちか心配になるようなスケジュールです。

だからドームのリハ一生懸命やってたんでしょうか。クリ約も平行してたんでしょうね。

出してみようかな。きっと当たらないと思うし、平日だし、12/10なんて・・・大変な時期だし。。

TBSのサイトで応募要綱が載ってます。
http://www.tbs.co.jp/kanran/

義男の空

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

漫画なんですが紹介させてください。

北海道に住む「高橋義男」という小児脳神経外科医の物語です。この物語には
実際に患者の実話が載せられているんですが、2巻に登場する男の子脳性まひの
「標(しるべ)くん」が私の大学時代の同級生夫婦の子供です。

5月に北海道旅行をしたとき、偶然にもスケジュールが合って一家に会うことができました。
子供に会うのは初めてでした。大学を卒業してすぐに妊娠、結婚した2人。北海道と鳥取では
なかなか会うことができず14年間もの月日が流れていました。

初めて会う私達にびっくりしないかな、ってちょっと心配していたんですが、とっても
素敵な笑顔で迎えてくれた標君。8歳の妹は健常者で、標君が電動車いすで一人で移動するときは
「ここに段があるよ」と教えてあげます。

標君の麻痺は裂脳症という病気からくるものです。脳の一部がない、または育っていない病気で
脳がないために治す手段が無いんだそうです。

このことは、この漫画を読んで初めて知ったことです。
治す手段がないって・・・

14年間、私は彼女の苦悩を知らないでのうのうと過ごしてきました。なんだか申し訳ない
気持ちで一杯になりました。

彼女はいつもニコニコしていて、穏やかで優しい子です。言ってみれば肝っ玉母ちゃん
のような雰囲気といえばいいでしょうか。

5月に会ったときに「お土産のかわりに」と1巻をもらっていたのです。2巻は秋ごろね
って言ってたので待ちわびていたんです。先日注文して届きました。
とってもいい本なので皆さんに読んでいただきたいのですが、北海道の方が自費出版
してらっしゃるので、本屋さんで売ってるのは北海道のみとなります。
Amazonもまだ出てないようですし。

ホームページから注文できますので是非のぞいてみてください。

エアーダイブHP
http://www.air-dive.com/main.html

ブラボ?♪


朝は会社に関係ある新聞記事を探すため各誌を手分けして読むんですが、
○日新聞が最近お好みの私はいつものようにボ?っとコーヒーをすすりながら、
目を通していました。

すると中盤にさしかかったときミラクルにも小田さんがこっち向いて笑ってるじゃないですかっ!
(向き的には横たわった感じですけど)

ヒャッホ?イ♪

朝からテンションアゲアゲ(古っ)ですよ。そのままその紙面は私のものに。裏面もたいした
記事じゃないし、全くばれそうになかったので無事に自宅に持ち帰りました。
(我が家は新聞をとっていない)

そして展示する場所を探していたのですが、賃貸なので押しピンって訳にもいかず
ちょうとよいところに洗濯バサミがありましたので、小田さんは干されております。

今日もどこかで・・その後



発売は明日ですが、やっぱりありました。本日仕事を抜け出して最寄のツタヤで
買ってまいりました。

が、

nanoriさんとこは店内でPVが流れ店頭平積み特設レジという超特別扱いなのに対し
我が田舎の地元じゃあ「NEW」のコーナーにチョンと置いてある程度。しかも・・
3枚分しか展示スペースがなくて、そのうち1枚は売れた様子で空いている。
残り2枚だったところ、そのうちの1枚を無事にゲットしてまいりましたの。

発売日には店の入り口に置いてあるのかなあ。

で、わくわくしながら駅までの道を歩いているとnanoriさんからメール。
「無事買えた?」
私も列車に乗ったらメールしようと思ってたとこだったのでビックリ!同じ年に、同じような
時期に生まれるとこうも考えることが一緒なのか、とひそかに爆笑。。

列車を降りて車に乗り、早速CDを入れるとなんと写真のような表示が!
「あ”???」
一人叫ぶあたし。
その後ピアノのここちよい前奏が始まったのでよかったんだけど・・・
何故に後藤真希なのさ。。一応HDDなのでCDに情報が入ってる場合は表示されるんだけど。
これって何??

ま、入力修正すればいいことなので事なきを得ましたが。

楽曲はもう、それはそれは最高でした。ライブで唄ってたあの曲がとうとう聴ける
というこのうえない幸せです。コーラスは誰だろう、とかバイオリンの演奏や
とっても素敵なアレンジでもう聞き飽きることがありませんね。

そして楽しみだった会場の皆とバージョン。
車の中で一人号泣しながら歌うあたし。ああ、この会場に居たかった。でもライブを
思い出しあの、大阪城で皆で歌ったことを思い出す。
武道館での録音は小田さん歌ってなかったって聞きましたが、小田さんの声も入って
ますよね。あとで入れたのかな。でもライブ音源で会場の臨場感が漂ってきて本当に
ゾクゾクしました。サビになるにつれて声が大きくなっていく感じが鳥肌ものです。

武道館で唄ってくれた皆さん、ありがとう。

発売になってない曲を皆が覚えてきてくれて本当に嬉しい、って小田さん言ってた。
こんなに素敵なシングルCDを525円なんてお買い得な価格設定になってるのもなんだか
小田さんらしい。

やっと私の地方ではPRESSが届いたので今から読みま?す!

今日もどこかで

まもなく発売日になりますね。でもなんで前日から売ってるんでしょう。

ま、いっか。

わが街は田舎なので予約なんてしなくてもきっとダイジョウブな気がしていますが
何だか心配なので明日でも予約しておこう、って思ってますが、「あ、もうありますよ」
そんな会話になりそうな予感です。

「今日もどこかで」をwebのやつじゃなくてレコーディングしなおしたやつを聞きたいと
心から思っていますが、それと同じくらいに聞きたいのは武道館でオーディエンスが唄ったバージョン。
どんなアレンジになってるのか、そして皆の声がどんなふうに素敵に聴こえるのか。

小田さんってライブのときイヤモニ外してよく皆の声聞いてませんか?LIFE SIZEでアジアツアーに
行ったとき、会場の皆が「君住む街へ」を唄っていたのを聞いて、2003年も2005年も号泣してます。
一人ひとりの声が重なる合唱。私は大好きです。小田さん一人の声はもちろんダントツに
好きなんですが、風うたでスタレビとコーラスしてる2曲が大好きで何度も見ています。

今からとっても楽しみです。明日には聴けるかな。

歌詞をよく聞いてみました。最近の小田さんの歌詞は人とのつながりを大事にしたものが多いと
思います。小田さん自信の経験から出る言葉達。その言葉に私はどんなに励まされ、勇気付けられ
元気になったことでしょう。言葉って本当に難しい。このブログをやmixiで文章を書いていますが
読み返せば返すほどヘンテコリンな表現が多い。。歌詞とはまた別問題ですけどね。

「それが」とか、たとえばひと言入るだけで、”ふっ”ってなったりすることがあるんだよ。
そういうものを求める。『そして』とか…

と、めざましTVのインタビューで言ってた小田さん。そういわれればそうかも、と小田さんの
歌詞を振り返る。。そんなことに気づく小田さんが素晴らしいと思う。


私の好きな歌詞の部分です


一度きりの短いこの人生
どれだけの人達と出会えるんだろう
本当に大切な人達とかけがえのないその人と
この広い空の下で

降り続く雨はやがてあがる
隠れてた青い空はどこまでも広がってく

誰かがいつも君をみている
今日もどこかできみのこと思ってる
めぐりあってそして愛し合って
許しあって僕らはつながっていくんだ

  『今日もどこかで』より抜粋


一度きりの人生だから、と、大きなことをする勇気はなかなか出ませんが、後悔するくらいなら
と最近は思うようになってきました。楽しく生きていかなくちゃ、と常に思えるように、
明日からも元気で頑張ろう。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。