プロフィール

うるとらK

Author:うるとらK
小田和正さんが大好きです。
冬はスキーヤー!夏はなんちゃってゴルファー!!
お気軽にコメントど~ぞ~♪

引越し前のブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/xbkwx785

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

大好きな君に

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私も言いません。さよならは


今日ゲレンデで
『さよならは言わない』
が流れてきました。

とても心地よいメロディと声。
立ち止まって聴いてしまったではないか。。

で、
小田友仲間、くるみさん情報によると、そちらの地元のショップでは
小貫さんのインタビュー付きのチラシが配布されてたそうで・・・。
私が買ったショップにはなかった(と思う)ので送っていただきました。

ありがとう♪くるみさん!

小田さんのお話の中で

『・・・(略)混ざってるな。今回の曲は、いろんな旋律が混ざってる。さらに
晴れ渡ったこんな日は のとこはメロディとコードのラインが凄く懐かしくて
既にみんなのなかに 在る というようなものにしてあって、この場面で 
ここの景色、私知ってるって感じてもらえたら、作者の意図通りなんだけど(笑)』

はい。
懐かしさを感じてるトコは意図通りの人です。私。

最初は

「悲しみはやがて 消えることを知った
喜びはいつまでも 輝きつづけることも」

にすごく感動してはまっていたのですが、今は

「ずっと楽しかったね
あの頃 まわりのすべてが
やさしくいつも 僕らを
つつんでいるように思えて」

ここで既に何だか懐かしさを感じセピア色になっていきます。
(ドラマの影響もあると思いますが)

今の自分があるのは、いろんな失敗や挫折をしながらもここまで生きてきた歴史があるからで。。
その歴史は誰かに誇れるような素晴らしいものではないけれど、でもそれは自分が
築き上げてきたものだから、目をそらすわけにはいかない。

その時は楽しいなんて思えなかったことも、今なら楽しかったって思えるようなこと。
私の中では「さよならは言わない」という意味は、そういう思い出をなかったことにはしないよ
っていう感じでしょうか。この年齢になったからこそ思えてくることなのかもしれませんが。

スポンサーサイト

横浜市歌

昨日たまたまTVをつけたら
『噂の県民SHOW』
をやってました。で、横浜出身の有名人が横浜市歌を歌っていたのですよ。

なぜに横浜市歌かというと、ま、小田さんの出身地なのですが
風うたのDVDの中でスタレビが出演した最終回で、小田さんがこの歌を口ずさんだのです。
それを要さんが
「小田さん割と歌下手ですね」(爆)
と言ったのを覚えています。

昔から公的な歌を作ってみたかった小田さんの元に、横浜の高校の校歌の依頼があったそうで
でも、たくさんの人に歌ってほしいから「愛唱歌」ということで作らせてほしいと
できたのが

『遥かな想い』

これをスタレビと歌うのですが、私はこれが大好きなのですよ。
何度も見ました。(聴きました)だから私も歌えます!ちょいと高音なのですが。

横浜創学館高等学校HP
http://www.so-gakukan.ed.jp/contents/rinen/index.html
小田さんのコメントも載ってます。


で、話は戻ってその口ずさんだフレーズは元歌を知ってなければ分からないくらいの
某読みだったんですが、昨日のTVで元の歌がわかりました。もしや小田さんも出るのかなあ
って期待して見てましたが、出るわけありません。

横浜市ではこの市の歌をことあるごとに歌ってるそうで、みんなが歌えるみたいですよ。
だから小田さんもスっと出てきたんでしょうか。ちなみに森鴎外が作詞してて、あの時代の
言葉だからか、歌詞の意味は不明。どの市民も歌詞の意味もわからず、英語の曲のように
歌い続けてきたようです。

ヤっさん

今週末ヤっさんのライブが鳥取であります。
このライブの情報を皆さんから教えてもらったときは、

「行く!!!」

と決めていたんですけれど。。
冬場はなかなか思うように動けなくて、早々に諦めていました。
その日はどうしても抜けられない行事が入っていて、いろいろ検討しましたが
やっぱり本当に(しつこい)あきらめました。

週末に向けてヤスさんのライブに行く皆様方、気をつけて行ってらっしゃいませ。
そして再会を楽しんできてください。


でも・・・
小田さんのライブなら、どんなことがあっても這ってでも行ってたと思うのです。
その行事に顔を出さなかったことで、明日から首だ!と言われようと行ってたと
思うんです。。

オフコースをあまり知らない上に、やっぱり前面に出てたのは小田さんで
小田さんの音楽が、声が、顔が(爆)大好きで始まったオフコースのファンなので・・・。
比べられるものじゃないのですが。


次回ヤスさんのライブが夏場に開催されることを祈ります♪

買えました♪


イメージ 2

イメージ 3

今日・・仕事の合間に買って来ました。

こうなったら発売日なんてあったもんじゃありません。
そう言いながら前日に買ってきた私です。

12月のドームで聞いて以来、待ち望んでいた曲です。
ただ・・・ライブで初めて歌ってくれたし、東京の空ってわけじゃないけど
私達ファンだけの曲だと思い込んでいたのですよ。

ドラマの主題曲になると知ったときには、ちょっとショック(?)な気持ちだった
ことは確かです。
と言いながらも毎週小田さんの歌声が聞けるのは嬉しかったし、いざ発売となると
ワクワクして待っていたのも事実です。(どっちやねん)

明日は新聞に出るでしょうか。。
目覚ましTVに取り上げられるでしょうか。

明日も楽しみです。

写真は・・・
同じようなやつがどのブログにも載るだろうと思い
ドアップにしてみました。

どうでしょ。
小田さん歯並びいいよね。

明日買えるのかな?

さよならは言わない

の発売日は25日ですが、また前日には棚に並ぶのでしょうか。。。
そ?すっと、明日また仕事を抜け出して買いに行かねばならないではないかっ。
ん?だとすれば明日か明後日には新聞記事が出るのでしょうか。

久しぶりに楽しみですね?♪


話変わって・・

私、テレビっ子なんです。だったはずなのですよ。でも最近のTVって面白くないように
思うのですが、いかがですか?この時間もTVは消してあって、PCから小田さんの歌声を
流してる日々です。

冬場はTVを見ることが少ないので、特にドラマなんかも集中して見る元気もないんですけど。
TV業界なんて企業のあぶく銭で成り立ってるようにしか思えないので、この不況の時代だから
お金も掛けられないのでしょう。でもお金かけたからって面白いかって?とそれも私には
わからないですが。

我が社にも不況の文字はやってきました。来年度のボーナスも怪しくなってきましたね?。
経費を節減する場所はやっぱり広告宣伝になってきます。うちも看板広告やCM制作も
ほぼゼロになったようです。ない袖はふれません。

小田さんのツアーが今年じゃなくてよかったと思う私です。

仲間

幸いにも私には仲間や友達がいます。色んなとこに顔出してるってことも
あると思うんですが。

社会人になって多くの人は仕事関係の人とのつながりがメインになるのでは
ないでしょうか。私のようにあまり転職をしてない人や、小さな規模の
会社の人なんて特に限定されちゃいますよね。

ちなみに私は会社以外にスキー学校に居ることもあって、冬場はこっちのほうが
メインだったりします。

なぜこんなこと思うかというと、今日ふとロッジで多くのスキー仲間達に出会って
仕事のつながりのないところで、素のままで
「よっ!元気?調子どう?」
なんて言ってる自分が何だか幸せだなあって思っちゃったんです。

それに今回は小田さんのツアーでのぼせたおかげで、全国各地のたくさんの
のぼせた仲間(爆)に出会えました。中にはお会いしてない方もいらっしゃいますが
それでもこのブログに遊びに来てくださってる方は何だかもう仲間のような気がして
なりません。

ま、たいしたことないんですけど。
こんな小さなことを幸せに感じられることが、幸せだなあと思う出来事があったのも事実で
ちょっとショックな話もありました。

素敵な仲間に囲まれて、平日の嫌なことも仲間の笑顔に支えられ、体力的には辛くても
スッキリした気持ちで月曜日が迎えられているのは事実です。
この仲間達に出会えなかったら、私は今こんなに楽しく幸せに生きていられただろうかと
思うのです。

だから仲間達には幸せになってほしいの願うのです。




涙に震えながら戦うべきときがあるんだ
守るべき人のためにその哀しみを乗り越えるために

明日
小田和正


ありふれた明日が皆にやってきますように・・・祈るばかりです。

the flag

今日は久しぶりに会社の飲み会がありました。今日のメンバーは会社の中堅社員のみの
集まりで同じ立場の人同士、横のつながりを深めていきましょう、という感じでした。

今回初めてこの会に参加させてもらったのですが、昼間にとりあえずディスカッション的な会議を
しました。その前に常務のありがたくもない講義があったんですけど。

どうせ自分のときはどうだった、だからお前らも苦しめって言うんだろうなと思っていたら
期待を裏切らず、同じようなニュアンスのことをダラダラと聞かされました。
割りに若手がいるので、核心を突くと

「ま、それは・・・な」

と逃げる。想像できたことなので驚きもしませんが。

2次会で残った5人で話した内容が一番濃かったです。どうせ自分達のことなんて
聞いてもらえない、頑張りたくてもその機会を与えてもらえない、そんな不満を今までは
そのままにして影でグチグチ言ってるだけでした。でも、もうそんな時期ではない。
自分達がどうにか動かなければ、この会社の未来はない、とケーキを前に熱い思いを語りました。

うちの会社は三セクなので県の関係や専門分野の関係の人がOBで入っています。専門的な
部分はどうしてもそのOBに頼らざるを得ませんでした。会社が立ち上がって15年になった今
もうその人達は退職を迎えているのですが、部下が育っていないという理由で定年延長しています。

育っていないのではなく、育てていない。仕事をさせてないんです。

今日皆が割りと本音を語ったと思います。本当はやりたいのに、日本人の悪いとこなのか
自己主張ができない。それを自己主張させてもらえない、と言うのも甘えなのかもしれませんが
専門的な会社なのでいつまでも席を譲ってくれないのが現状です。

その席を奪おう、と今夜立ち上がりました。
一人では何もできないかもしれないけど、同じ立場の人間が集まればなんとか一歩前に
進めるんじゃないかと。
そして課の垣根を超えて横のつながりを密にしていこうよ、と最後は皆で頑張ろうと
誓ったのであります。

なんだか小田さんの歌『the flag』っぽかったので・・。

ここから行くべき その道はどこかと
できるならもう一度 探さないか
戦える僕らの武器は今何かと
それを見つけて ここへ並ばないか

the flag
小田和正

とりあえず、旗を揚げてみました。

目覚まし出演シーン

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

昨日録画していたものを今日見てみたんですが・・

我らが小田さん、しれ?っと登場してきましたよ。

舞台裏で
「はい、お願いします」

と言われたタイミングがこうだったのか、何だか誰にも気づかれないように
出てきました、って感じが何とも大好きです、あたし。

写真を見ていただくとアヤパンがまだ喋ってるのに後ろをス?っと歩いてる小田さんが。。

中野美奈子になりたかったなあ。
優しそうな小田さんの眼差し。ああ、羨ましい。

LIFE-SIZE1994?1996


本日届きました。しかも旦那がいる時だったので白い目で見られましたが。(気にしない)

これでやっと(?)全部揃いました。なんだかやっと小田ファンの一員になれたような
気分です。あとは2008を待つばかりです。

1994年は私が働き始めた頃です。(年がバレる)この頃私は何をしていたんでしょうな。
小田さんは青木さんのキャディをしてらっしゃいました。前髪がまだ白い頃でした。

今まで見た中にない映像は、車を運転してるシーンです。しかも愛車であろうセルシオを。
まだ1995の途中までしか見てないのですが、この先が楽しみですね。

1994はLIFE-SIZEの中では一番古いし、映像を見てても
「懐かしいな?」
って感じんですが、自分軸の1994はそんなに昔じゃないのですよ。

このギャップはどうしたら埋められるのでしょうか。埋めなくていいのか??
もし、埋めなくてはいけなかったとしても、決して諦めることではないと思うのですが。

ま、そんな複雑な感じもあるのですが、こうして歴史も感じられるLIFE-SIZEバンザイ。


さて、多くの皆さんのネタになってる今朝の目覚ましのお話です。
私よくチャンネル変えるんですよ。パチパチと。嫌がられるくらいに。小田さんの歌が
流れそうな時間にはFTVにするんですが、今日は本当にたまたまそのチャンネルだったのです。

動いている小田さんを見てあっという間に目が覚めました。
そ?っと出てきた小田さん。自分のライブじゃないから恥ずかしいのでしょうか。
でも、久しぶりに人の前で歌ったのでしょうから、とっても嬉しそうに見えました。
やっぱり小田さんは歌ってるのがかっこいいな?。

ありえませんが、中野みなこになりたかった。そっと寄り添って歌ってくれる優しい小田さん。

地球温暖化ストップ




スキーヤーのくせに寒がりの私ですが、さすがにもう少し寒いほうが冬らしくて
いいと思うのですが・・・。

1月10日ごろの日記に、もう降らなくていいよ、なんて書きましたがさすがにもう少し
降っていただかないとスキー場は全国的に2月で終了してしまうのではないでしょうか。

私のホームゲレンデ鳥取県の大山も、先日の春一番で積雪量は半分になってしまいました。
ゲレンデは草や土の匂いがして、それはもう5月連休に信州で滑るような雰囲気です。

それでもお客さんはたくさんスキー場に足を運んでくださっています。雪が無いので
道中が楽なんでしょうか。雪がたくさんある土日に比べると、かなり多いと感じます。
雪がなくても楽しそうに滑ってる人達を見ると、ちょっとホッとしたります。

今日はジュニア教室に通ってる子達のテストの日で、そのお手伝いをしてきました。
スタートでプラプラしてただけなんですけどね。このテストはポールを時間内にくぐって
ゴールするだけなのですが、気温が高かった今日はすぐに雪がグサグサになってしまい、
最後のほうの子は荒れてしまって大変だったと思いますが、転んでも最後まで諦めず
ゴールしている子を見ると、まだまだ日本は大丈夫だなあと思う私です(大げさ)

写真はスタート地点でプラプラしていた私です。写真のとおり積雪量は半分になったとはいえ
まだまだ雪はあります!!

またもや金スマ

今日もたまたま見ていたんです。

が、

今日のTV欄を見ていたら『一度は消えた名曲が復活した理由』って書いてあったので
もしや、とは思っていたのです。

すると我らが(?)山本潤子さんが登場したではありませんか。
「あのオフコースを退けて優勝した赤い鳥」と紹介されます。そして「風うた」の
DVDからでしたが、小田さんも登場してました。

翼をください

が赤い鳥の歌だったということを知ったのは去年小田さんのコンサート会場で勢いで購入した
『ちょっと寒いけどみんなでSAME MOON』のDVDでゲスト出演していた潤子さんが歌っていて
どうしてこの教科書の歌を歌ってるんだろう、と思っていたのです。

そんなことがきっかけで知りました。
私らも合唱コンクールの課題曲だったりしてたので、未だにそのパートはハモれたりします。

この歌に今回のようなドラマがあったなんて知りませんでした。
小田さんに長い歴史があったように、潤子さんも同じように歴史があったんですね。

最後のほうに最近の映像で、3人ギターで弾いてるのが映ってたんですけど、
あれってヤスさんじゃなかったのかな?。チラっとしか映らなかったのでわかりませんでしたが。

小田さんつながり

昨日は地元の小田さん友達とご飯食べに行きました。
地元とはいえ会うのは12月の京セラドーム以来でした。

「元気だった?」
の答えはお互い
「1月は腑抜けだった」
です。

盛り上がってましたもの・・・ね。

話している内容は、小田さんファンでなければ
「アホやで、あいつら」
と言われてもしょうがないような内容で、いろんな妄想を膨らましておりました。

一番笑ったのは
「いかに小田さんとお近づきになれるか」
というテーマで彼女が言った一言。

「船越さんと友達になる」(爆)

ご当地紀行で小田さん達撮影隊に遭遇したら、走ってかけより
「すみませ?ん。(小田さんと見せかけ)船越さん写真一緒に撮ってくださ?い」
と言って
「あ、小田さんちょっとシャッター押してください」
とカメラを渡す。絶対ライブで流れること間違いなし。小田さんの毒説付きで。。

『なんと。。私はびっくりしてしまいました。ここまできてマネージャーの記念撮影を
させてもらうとは思ってもみませんでした。時は流れております(?)』

小田さん大好きな私たちはいつも一緒にいる船越さんにまで焼きもちを焼く始末。

ま、そのほかここではお話できないような発言も多々ありましたので、このあたりで
とどめておきます。何だかお互い考えることは同じで食べるのも忘れて喋り倒す
激トークでしたが、超楽しい時間を過ごしてまいりました。

LIFE-SIZE2005

最近ずっとオフコースだったので、小田さんのDVDを再度見ています。

2005のLIFE-SIZEは『大好きな君に』ツアーがメインで入ってます。ライブ映像はやっぱり
今回のツアーを思い出します。LIFE-SIZEは普段の小田さんを見るのが楽しいんですが
やっぱりライブ映像には見入ってしまいます。

大好きな君に のツアーは行っていません。そのツアーがあったことさえ記憶にないのです。
そんな程度の私で申し訳ないんですが、オープニング映像を見るだけでゾクゾクしてくるのは
私だけではないと思います。

2005年も今回と変わらず走りまくっています。遠くの皆に指を差しながら
『俺皆のこと見てるから、そんなに遠くでも俺、見てるからな』
といいながら走ってるようです。

香川のテアトロン、最終日名古屋と大合唱になった『たしかなこと』
会場のみんなの気持ちが詰まった大合唱は本当に感動的で、今回の『今日もどこかで』の
会場のみんなバージョンをCDにした小田さんの気持ちがわかるような気がします。

YES-YES-YESのときから同じ気持ちなのかな。ファンも小田さんも。

歌ってる小田さんが大好き。
ピアノ弾いてる小田さんが大好き。
ギターしょってるのにハンドマイクであっちやこっちに行く小田さんが大好き。
間違えて舌出してる小田さんが大好き。

2008のLIFE-SIZEはどんな小田さんが居るんでしょうか。ツアーの映像がメインになるとは
思うのですが。フナさんの日記によるとミックスダウンも始まってるようですし。楽しみですね。

DC発売まであと2週間ほど。
次のPRESSでLIFE-SIZEの販売時期も告知されるようですし、楽しみが近づいてきますね。
あとは、目覚ましTVにいつ出演するんだろ、って思うんですが。皆さんはどう思いますか?
出ないのかな。。朝早いし。あと目覚ましのテーマソングも2ヶ月を切りました。

楽しかったね

イメージ 1

全国の最後を飾って(?)やっとPRESSが到着しました。
(昨日は実家に戻っていて留守だったのできっと昨日到着していたはず)

あの表紙の写真からして、きっと泣くだろうと予測。また、早く届いた皆さんの報告により
かなり泣けると聞いていたので、旦那が寝るのを待って、TVを切って正座をし(してません)
PRESSに向かい合いました。

あんなに小田さんから幸せをもらっていたのに、小田さん自信
「こんなに幸せでいいのかなと何度も思っていた」
と書いてあったのを読んで、めちゃくちゃ泣けてきました。

そしてゲネプロで転んだ話。最終日の京セラドームも相当痛かったんですね、小田さん。
フナさんに「走るから」と宣言し、チャリも金原さんによれば、他の公演に比べたら
スピードも速かったそうで。

無理してでも、明日は歩けなくても走る姿を見せてくれた小田さん。本当にありがとう。

きっと私東京ドームで足をひきずって歌ってる姿を見ていたら、悲しくて辛くて耐えられなかった
かもしれません。

金原さんのインタビューも素な感じでとっても面白かったです。

何気に楽しみな吉田さんのBACK STAGE。
「トスを上げる人間は、まず人を好きになりなさい」
いい言葉ですね。うちの社長に聞かせてやりたいです。
大好きな小田さんの事務所で働けたら、何も不満はないはずです、私。(ありえませんが)

そして、今日の金スマをたまたま見ていて、飯島愛さんの特集をしてました。
金スマが大好きだったという飯島さん。心許せる仲間達が一番多かった番組なのかな。
終わりに突然耳慣れたフレーズが。

『雨上がりの?♪』

小田さんの『たしかなこと』が流れました。歌と映像の相乗効果だったのか、私も何だか
泣いてしまいました。彼女とは同じ世代だからかな。
んで、芸能人最後の仕事が金スマだったそうで、収録後打ち上げの写真が出てきました。
そこで映っていたのは、LIFE-SIZEでおなじみの、クリ約阿部プロデューサーでした。

ま、だからどうってわけじゃないんですが、何でも小田さんに関連付けちゃいまして。。

そして表紙の写真を見て、くるみさんがご指摘の通り、オールバックに眼鏡&ヒゲの
そっち系と見られてもおかしくないおじさん発見。そうそう、この人怖そうに立ってましたよね。

で、POST CARDを見て発見。
いつもは表紙と同じサイズで縮小してあるのに、今回は小田さんの大きさ表紙と同じだ!
だからオールバックおじさんは切れてるんですけど。

なんだかファンの心をくすぐりますね?。
胴上げしてるイベンターの人達も超楽しそう&嬉しそう。

小田さんがどんなに素敵な人か、これでわかっちゃう気がします。

Far East Cafe CARD


若い頃は(爆)勧められるがままにカードを作っていたんですが
知恵がついてきて最近は本当にお得なカードしか持たないことにしています。
年会費無料とか。

なのに。。。

このカードは悩んだ挙句(?)に作っちまいました。
PRESS会員でも郵振で注文だった小田さんグッズも、電話一本でOKだし
まだ迎えていませんが更新もこいつでいけるらしいので。

半分は小田さんのアニメがデザインだったから・・・ですが。

んで、
本日残りのLIFE-SIZEを注文してしまいました。
「2008の予約ってできるんですか?」
と、おねえさんに聞いたら
「はい、できますよ」
と言うので、ご予約完了でございます。

また楽しみが増えました♪

ジャケット♪


久しぶりに(?)実写版です。
小田さん楽しそう。いたずらっ子のような表情が私は大好きです。

『さよならなんて言わないよ?だ』

的な顔です。
何だか拍子抜けした感じですけど。
ドラマの感じからしてもっとシリアスっていうか、堅い感じでくるかなあって
思ってましたが。

あたしはこんな感じが大好き♪

楽屋で一枚、って雰囲気ですね。
楽しみだ?。

写真はBMG JAPANのホームページでどうぞ。

大人げなかったな?、あたし

昨日は大雨の中予約のあったプライベートは無事に(?)キャンセルそりゃそうだ。
あんなドシャ降りのなか初心者がスキーしたくないよねえ。

で、リベンジの今日は半日の予定が1日に変更になって、丸々1日お子様と戯れていました

4、6、7、10歳の4名様。

6歳の子のみ男の子で、この子が
「俺やったことあるよ」
と初めてなのに、言い張る。あ、ヤバい子だなあと思ったらちょっと転んだりして
あっという間に戦意喪失できないとスネちゃう。。

午後はそれでもやる、っていうからじゃあゲレンデに出よう、と気持ちが折れないように
ベッタリ付いてたのに。ちょっと転ぶと立てなくてスネる。起こす順番が遅くなるとスネる。

で、結局1本もリフト乗ることなくリタイヤ宣言。そんな6歳の男の子に

「出来ないことは恥ずかしくないんだよ。出来るふりして頑張らないほうがかっこ悪いんだよ。」

と、大人気なく真剣に説教するアタシ。ってか、自分に言ってる?アタシ。
彼も更に凹む。6歳でもプライドはあるし、しかもこの子は超高かった。

ちょっと反省。でもお父さんも我が子の性格はわかってらして、
「すみません。予想してましたから大丈夫ですよ。」と言ってくださった。

か、しかし私に責任はあります。もっとやる気にさせなければ。スパルタ根性出しちゃいました。
6歳の子相手なのに、部活の後輩怒るような説教してどうする。。

でも、上二人のお姉ちゃん達はしっかり滑れるようになって
「スキー超楽しい、また来たいよ?♪」
って言ってくれたから救われました。

人に何か伝えるってのは本当に難しい。相手が大人でも、子供でも。
伝わったときの喜びは感動的で、そこまでの苦労が大きければ大きいほど嬉しいものです。
小田さんもそんなふうに感じて曲を書いてるのかな。

日々勉強ですな。。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。