プロフィール

うるとらK

Author:うるとらK
小田和正さんが大好きです。
冬はスキーヤー!夏はなんちゃってゴルファー!!
お気軽にコメントど~ぞ~♪

引越し前のブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/xbkwx785

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

大好きな君に

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1982.6.30

この日付に反応できるようにならないと、本当のオフコースファンとは
言えないんでしょうか・・。私、去年までは無反応でした。すみません。

27年前の今日、5人のオフコースは最後の日を迎えました。

私は12歳でまだオフコースを知らない時期です。小学校6年生ですか。
たのきんトリオだ、聖子ちゃんだ、と言ってた頃ですな。

中学で初めて小田さんの声を聴いたときの感動は今でも覚えています。
ショックっていうか、あまりにも感動的で。でも不思議に女の人が歌ってるなんて
思わなかったんです。なんて切ない声で歌う人なんだろうって・・。衝撃的でした。

でも最初は小田さんの声とヤスさんの違いがわかりませんでした。
今はヤスさんのコーラスがとってもオフコースらしいと思っています。

メディアに出ることの少なかったオフコース。だから中学生の私の目に、耳に触れることの
なかったオフコース。それでも通販で買った『OFF COURSE』と文字の入ったTシャツが
嬉しくて嬉しくて、いつまでもハンガーに吊っていたら首周りが伸びちゃって
結局着られなかったことを思い出します。

中2の夏休みの美術の課題で『OFF COURSE』の字をデザインして提出したら
先生が「オフコース!」と言って笑ったのを思い出します。そんなものを提出してる子は
居なかったから。。
でも今思えば、笑ったのは「スペルが違うよ、もちろんはoffじゃなくてofだよ」
って意味だったかもしれないですね。

私のオフコースの歴史はこれっぽっちなんですが、ずっと、ず?っと前から知ってるような
とっても懐かしくて切なくて。。。そんな存在です。

スポンサーサイト

大船渡&サマーピクニック

小田さん、活動的になってきましたよね。

今朝会社の子がサマーピクニックについて教えてくれました。
「遠いから行かないよ」
と言いつつ・・。

くるみさんにチケットとってもらっちゃった(爆)

一応悩んだんですよ。遠いし。めちゃくちゃ遠い。しかもチケット高いし。
が、しかし行く要素を探しました。

・小田さんが出演
・小田さんの誕生日当日
・5連休
・ETCが1,000円
・野外とはいえ、9月下旬
・情熱大陸は行けない
・次小田さんにいつ会えるかわからない

これだけ揃ってれば行かなきゃじゃない??
んで、帰って旦那を誘う。
シブシブOKの後、出演者を言うとほぼ知ってるじゃないか。。年齢層がそんな感じですから。
旦那も割りと嬉しそう。初の夫婦参戦となります。くるみさん、よろしくお願いしますね。
さて・・・ホテルの予約や、駐車場・・・どうするんだ??

そして、今回の報道の前に大船渡でのライブのお知らせ。
ポツンとこのような時期に開催するっていうのは、何か理由があるんだろうと思い
最初から行けないだろうと思ってはいました。オール地元の方々にチケットが渡ることを
願ってやみません。絶対転売目的でゲットして、ヤフオクとかに出しちゃうんだろうな。。

絶対にやめていただきたい。
地元の人達のためのライブですからね。私達ファンは誰かが様子を知らせてくれればそれで・・。
最悪LIFE-SIZEで様子は分かるでしょうから。

そんな訳で、活動的になってきた小田さん。夏はやっぱり元気ですね。
また、楽しみができました。

小田さんゲスト出演

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090628-00000260-sph-ent


つま恋
遠すぎる…。

大船渡よりは近いかな。

でも、この出演者達って小田さんの同窓生的な存在ですよね。

女二人旅

イメージ 1



いつも毒舌トークで時間を忘れるほど喋り倒す5歳年上の女友達と、この週末旅行に行くことに
決めてはいたんですが、行き先がなかなか決まらず、結局近場の岡山に行くことにしました。

そこで・・・
ブログお友達のtoshiさんが偶然先週津山に行ってらして、素敵な情報を教えてくださったので
その通りに行ってみることにしました。

津山のシエロというイタリアンのお店。ここでランチです。予約を入れていったほうがいいよ
とtoshiさんからのアドバイスで前日に予約。お店もすぐにわかって、中に入ったら
「今日は予約のお客様で一杯です」
とお断りの黒板。よかった、予約しておいて・・。

toshiさん達が行かれたときのメニューとは少し違っていましたが、同じくBランチをチョイス。
メニューの名前を記憶できずただ「美味しいね」「いいお店だね」と繰り返し、久しぶりに
お上品な美味しい料理に感動の私達。前菜のドレッシングと生ハムは特に絶品でした。

まずは玄関入ってからのアプローチが最高でした。期待感をあおるたたずまいに予想通りの料理。
次回はディナータイムに行って見たいと思います。

時間があれば街並みを散策してもよかったのですが、私達はtoshiさんの逆ですから
パン屋さんとチーズ屋さんに行かなくてはなりませんので先を急ぎます。

津山から40分くらいだったのかな?喋っててどれくらい時間かかったか不明です。
女2人なんてそんなものです。toshiさんは迷ったそうですが、私はあっさりナビを使用。
写真を載せていただいてたので、『焼き屋』の看板も見落とさず一発でパン屋さんへ。
時間もこの時点でだいぶ遅かったし、種類は少なかったですが山形パンとドライフルーツの
入ったパンを買いました。

ここで次の目的地『吉田牧場』の場所を聞きます。「ここから10分かかりませんよ」
と親切に地図まで書いてくださって本当に助かりました。無事到着してみたら
営業時間を少し過ぎていましたがお客さんも居たので、無事買えました。
もっと早い時間ならいろんな種類のチーズが買えたんでしょうが、絶品カマンベールは
無事に手に入れました。
モッツァレラチーズなんかも美味しそうだったので、次回は日帰りでクーラーバックもって
行こうと思います。

この夜は岡山の『ホテルグランビア岡山』にご宿泊。久しぶりにグレードの高いホテルに
泊まれていい気分でした。

そして今日なんとか鮮度を保ちながら持って帰ったチーズとパン。夕飯に旦那といただきましたが
こんなに美味しいカマンベールは初めて食べたってくらい、美味しかったです。
くせも強くないのに、しっかりした味で焼き屋さんのパンにつけて食べたらそりゃもう美味しかった
のなんの、です。

こんなに近くにいいスポットがあったのに、私は今まで何をやってたんでしょうな。。

女二人旅、なかなか楽しかったです。
toshiさん、色々ありがとうございました。

KAZUMASA TIME

寝ても覚めても『KAZUMASA TIME』の私です。
車通勤なんですが、DVDを見たりHDDで曲を聴いたりフルに小田さんです。

それでもやっぱり飽きてしまうので、たまに断食的に『KAZUMASA TIME』を封印します。
ちなみに今回はDVDの封印です。

とはいえ、2.3日くらいなんですけどね。

本日解禁いたしましてまずはLIFE-SIZE2008です。先日フナさんのクイズで少しだけ
見ましたけど、初めから流すのは久しぶりです。普段はドームライブのとこばっかり
聴いてますから。封印後の小田さんは新鮮で、やっぱりいいです♪

一番のツボは小田さんがテアトロンで
「パンツをはき替えてきました」



スタレビのライブにゲストで出たときの要さんとの会話。
何度見ても爆笑です。

夏の小田さんはとっても嬉しそうでした。

松山千春さんがゲストに来た時
「お前今日を境にたばこ止めろ」
と言ったときの笑顔も素敵です。

ドームの『思いのままに』は何度聴いてもカッコいい。

やっぱり・・・情熱行くべきでしたよね。
あ?・・・・

大地の恵み


昨日スキー仲間と夕飯を食べに行きました。
収穫の時期には必ず野菜を持ってきてくれる仲間達。

昨日は取れ始めた

蒜山大根
蒜山キャベツ

を持ってきてくれました。

ありがたく頂きます。
たくさんもらったので、実家にもおすそ分けしたら
こっちも畑はありますから、お返しに

インゲン豆
キュウリ

を頂く。

ブツブツ交換ではありませんが、持ちつ持たれつ(?)

夏にはスイカが届きます。
ありがたいことです。

言葉にできない

今日スマスマで使われてましたよね。
CMでは小さい音でしか流れてなかったけれど、ボリューム最大にして確認しました。

やっぱりいいです。この曲。


突然ですが小田さんの曲の中で一番何が好きかな?と色々考えていた結果


言葉にできない


に決定しました。
ま、決定する必要もないのですけど。

歌詞って少ないですよね。他の曲と比べても。
印象に残るのはlalalaとWOO

オフコース時代の歌い方とソロになってからは、やっぱりソロになってからが
好きです。ストリングスがいい感じで効いて、とってもジーンと来る曲なんです。
ピアノで始まって終盤栗ちゃんのキーボードが重なって、シンバルな音も来ますよね。

そして最後のWOOはどんな言葉よりも心に響きます。なんでだろう。

LIFE-SIZEのドームライブ映像で、歌い終えた後演奏の続く中ステージに戻るシーンが
あるんですが、ひまわりに向かって帰っていくんですよ、小田さんが。
小田さんの背中からの映像は何度見ても泣けます。

この歌詞の中の『あなた』がヤスさんだとすると、それはそれはとっても辛かった
小田さんの気持ちが伝わってきます。

またもや、これを私自身に置き換えちゃいますと、別れちゃったとしても
『あなたに会えて本当によかった』などと小田さんに言われちゃったらば
もう何もいりません。(そんなことはありません)

ピアノを弾く小田さんは右わき腹をちょっと縮めて、右肩を下げるように
そんな後姿が大好きです。

男は背中が大事だよ。

A-Studio

笑福亭鶴瓶が最近好きです。
この人・・・素だし。優しそう。ニコニコしてるし。(←単純な私)

この番組はこのクールから始まったんですかね?最近好きで見てるんですよ。
人物に興味があるのでこのテの番組は好きです。『情熱大陸』も大好きですから。

で、昨日のゲストは財津和夫さん。

小田さんの話でも出るのかな、ってチョッピリ期待。
出ませんでしたけどね。

デビューの頃の話をしていたので、あのコンテストの話が出るかと思ったんですが
これも出ませんでした。

TVで歌うのは久しぶりです、と言ってました。緊張してたように見えました。

って・・・私財津さんってTVで見たこと無いんですよね。『ひとつ屋根の下』の
主題曲でサボテンの花を聴いたのが初めてでして・・。あ、歌はなんとなく昔から
聴いてた気もしてますが。オフコースのように何年生から聴いてました、という
明確なものはありません。

ただ、LIFE-SIZEやクリ約に出てる財津さんに比べたらとっても必死な感じで
緊張してるのかなあと、思ったものでして。

小田さんは・・・
あのような番組には出ないんでしょうね。TVはもういいや、って言ってた頃のことは
まだ続いてるんでしょうか。

財津さんはどうして出たのかわかりませんが、鶴瓶は財津さんのファンなんだそうで
レコードをたくさん持ってきてました。鶴瓶と小田さん昔HNKで対談したこともあるし
風うたでも「井上順の次に面白いのは鶴瓶」って言ってたし(多分)出てくれたりすると
とってもサプライズで嬉しいんですけど・・

無いですよね。きっと。

鳥取東郷湖サマーフェス2009

地元鳥取でサマーフェス開催です。
と、えらそうに言ってますけど実はブログお友達のsakiさんに教えてもらったんです。
ありがとうございます。

昨日の地元新聞『日本海新聞』に先行予約が出てました。
sakiさんに聞いてたのは初日の山崎まさよしさん達が出ること。
実は翌日もあって米米の石井さん達も出るんだそうです。

東郷湖羽合臨海公園開園30周年記念事業なんですって。

なかなかシャレたことしますねえ。
昔高校の頃、その近くの海岸に誰かが来てフェス的なことやってて
行ったことありますが。

山崎まさよしさんとかあんまり興味なかったし、行かない予定でしたけど
歩いて行けるし、夏も終わり頃だし、野外って言っても屋根もある場所あるし。。
行ってみよ?かな。
そうだ、旦那も誘ってみるか。交通費要らないからお試しにはいいかも。

web先行予約方法は・・・

受付期間:6/19?6/21
togo@nnn.co.jp
に空メールを送ると返信があるそうですので、そこからサイトにアクセス。
必要事項に記入して申し込みです。

日本海新聞のwebサイト
http://www.nnn.co.jp/event/togo/

当落通知は6/23だそうです。

素晴らしきミュージシャン達を読みました。ちょっとだけ。

先日買った本の感想文を早速に書きたいと思います。(忘れるので)
とはいえ読んだのは著者の初めの文章と、小田さんのとこだけなんですが。

音楽評論家の著者がこのような本を書きたいと思い、音楽系の出版社からではなく
一般の出版社から出すことに決めて、自ら売り込みに行ったのは初めてだったそうです。
それだけ書きたかったのだと思います。

小田さんの『100人中たった1人に大好きと言われればいい』というこの言葉が刺さって
勢いに任せて買ってしまったこの本ですが、この言葉の意味がわかりました。

日本の人口が約1憶いたとして100人に1人大好きな人がいてくれれば、
1億人を100で割れば100万人だからアルバムは100万枚売れる。
いつもそう思って作ってるわけじゃないけど、いつもこの数字は頭にあるんだそうです。

そういうことだったんですね。でもそう考えると100人に一人って思ったより少ないのかな。。
私が思うに、それ以上の割合いると思うんですけど。

今の音楽業界のことを著者はこういいます。今はデビューして即売れなければ、もういらない。
でも昔は売れなくても育てようという態勢があった。

当時オフコースをなんとかしようということで、札幌でのライブ開催に向けて必死になって
レコード会社やプロダクションが力を合わせチケットを売ったが、有料で買ったのは
5本の指にも満たず、それでも関係者を入れても10数人しか会場に入らなかった、
ということがあったんだそうです。

それでも見捨てず、支えてきた関係者たち。それにこたえようとして必死に全国各地の
ライブハウスを回った当時のオフコース。そして今があります。

面白い話を一つ。メディアに出たがらなかった小田さん。当時ラジオに出てほしいという
依頼をあっさり断られた。ところが当時アイドル的な女優だった手塚理美がDJだ、
と伝えたら一転して出ると言ったんだそうです。

理由を聞いてみたら「だって男なら可愛い女性と話をしてみたいって思うだろ?」と
ニヤリと小田さんは笑ったんだそうです。この笑顔が母性本能をくすぐるような、
もてる理由が分かったような気がした、と書いてありました。

感想文というよりはレポ的になってしまいましたが・・・
音楽業界にも今昔物語があるんですね。音楽がまだ文化だった時代です、と著者は書いています。
ここに出てくるアーティストたちが担ってきた音楽文化。もっと読みたくなってきました。
まだまだ他の方の章は読んでないので、これからが楽しみです。

買っちゃいました・・また。

イメージ 1


ボクが出会った
『素晴らしきミュージシャンたち』

という本を買ってしまいました。
ま、アマゾンの思惑にバッチリはまってしまったんですけどね。

『100人中たった1人に大好きと言われればいい』

この言葉が刺さりました。

小田さんが載ってるから興味があったんですが、他のミュージシャンたちも
「お」っと思う人が多かったので、ポチっと・・・。してしまったのです。

まだ読んでませんけど、また感想を書きたいと思います。

フナさんのクイズ(略)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

『やったぜLIFE-SIZE!15年も経っちゃったの?すごいなあ、それならここらで
15年分のLIFE-SIZEから問題を出して答えられた人にはLIFE-SIZEグッズを送るよ、
皆さん張り切って参加してねクイズ』

に挑戦いたしました。やっぱり長いよ?フナさん。

曲名は何でしょう?
が、にわか小田さんファン(爆)としては難しかったです。
曲はわかるんですよ。歌えるんです。でも曲名がわからんのですよ。
で、メモに歌詞を書いてネットで調べるという小田さんファンの片隅にも置けない私です。

で、2000年の問題でこれって唱歌になるんでしょうかね。これもわからなくて
思いついたのは音楽の先生だった母。(現在もおばあちゃんコーラス隊の指揮指導)
電話口で歌ったら一小節も歌わぬ間に、曲名を教えてくれました。さすが母。

今日は旦那が仕事で居なかったので、この日を狙って挑戦したのです。
だって、この15本全部をこの一年で買ったなんて言えませんもの。(他にもありますが)

と、のんびりDVDを見ていたら、突然帰ってきたのですよ。
「今日は早く終わったんだ」
あわてて写真のように並べていたDVDを隠す。。
焦った。。早いならそう言ってよね。

DVDは基本車の中で見ます。ツアーの年なんかは曲が結構入ってるので聴く要素が
ありますし。なので普段は見てもチラ見だったから、久しぶりに家でじっくり見ると
なかなか見落としてるとこがたくさんあって(あたり前じゃ)クイズ以外のとこを
見入ったりして・・。

そんな訳で一応答えは全部出たので、出そうと思うんですが・・ね、フナさん。
全部答えを書いて、ご意見まで書いてハガキが無理だっちゅうの。
封書で出します。

賞品当たるといいな。
小田さんと2時間デート券とかないかな・・
無い無い。

6月10日の誕生日の人

小田さんの6月10日の携帯サイトの日記には

『知り合いの誕生日の食事会に出かける』

と書いてありましたね。

お、あたしのとこか。ん?昨日小田さん来なかったな。。
来たとしても会場は回転寿司だったから食べられないよな。
その後のカラオケに付き合ってくれてたら、恋バスのコーラスやってくれたかな。

と・・真剣に妄想。

松たか子ちゃんと同じ誕生日なので、きっとそっちでしょうな。。

へへ

バースデーカラオケ♪

本日は多くの皆様にお祝いのお言葉をいただきまして
ありがとうございました。kako様には日付変更線ピッタリでコメントいただきまして
本当に本当にありがとうございます。

今日は旦那と食事をしたあと、
「カラオケ行かない?」
というので久しぶりに行ってきました。本当に久しぶりで前回は1年以上前、しかも
旦那と行ったっきりだったと思います。

昔はカラオケといえば新曲を争って歌ったものですが、今は歌いやすいのしか
歌いません。で、今回は小田さんの曲を中心に歌ってみました。

今日もどこかで
 微妙にテンポが遅く間が持たないような感じでしたが、ほぼ毎日車で熱唱していることもあり
 普通に歌えました。一つ音を上げて歌えばもっといい感じでした。

恋バス
 ヤイコちゃんの歌い方自体がちょっと変わってますでしょ?しかも小田さんのコーラス部分が
 ( )で出てくるもので気になるし思ったより難しかった。

さよならは言わない
 一番だけ歌う予定でした。この曲は低いのでキーを2つ上げて歌いました。テンポが
 ゆっくりってこともあって、これがなかなか上手く歌えてしまい、最後まで歌ってしまいました。
 でも実際歌ってみると『喜びはいつまでも 輝き続けることも』のとこが音の幅が広くて難しい。

オフコースメドレー
 YES-YES-YES 秋の気配 を歌ったとこでタイムアップ。最初からこれ歌っておけばよかった。
 
今度皆さんと一緒に行きたいと思いました。オフコース・小田さんスペシャルで
歌い倒したいと。本当は「思いのままに」とかも歌いたかったけど
旦那の手前これくらいにしておきました。

とっても素敵な一日を過ごせました。
ありがとうございました♪

誕生日がもうすぐやってきます。

もうすぐって・・・あと30分くらいかな。

この1年間を振り返ってみます。

2008
6月 結婚2周年
7月 小田さん岡山公演落選
8月 北京オリンピック・小田さんの岡山公演のチケットを奇跡的に入手し参戦
9月 京都音楽博覧会、ツアー本編千秋楽大阪城ホール参戦nanoriさんと初顔合わせ
10月 ドーム公演チケットPRESS先行にてゲット。
11月 今日もどこかで発売。mixiで知り合った地元の小田友ちゃんと初顔合わせ
12月 クリ約落選・京セラドームでくるみさん、wanwanさんと初顔合わせ
2009
1月 大雪にみまわれ毎日雪かきで疲れる
2月 と、思ったらあっという間に雪がとける。さよならは言わない発売 
3月 会社引越し。2008LIFE-SIZE到着。
4月 渡辺篤史の建もの探訪購入
5月 FM802 STILL20 SPECIAL LIVE RADIO MAGIC 参戦

ほとんど小田さんじゃ?ん♪

このブログを始めたのは去年7月29日。こちらももうすぐ誕生日ですか。。
小田さんへの気持ちを綴りたくて、前からやってみたくて3度目の常識で挑戦してみました。
なんとこんなに続いています。

この1年間は本当に小田さん一色でした。そして小田さんのおかげでこんなに大人になってから
新しい友達ができました。実際に出会えた人、まだブログ上でのみの人。
小田さんが縁なので(?)基本的に私と同じくらいかそれ以上の年齢と方々。

ありがとうございます。

この一年間小田さん以外のことももちろんたくさんありました。
若い方の死が一番辛いことでした。

今こうしてのほほんとブログの更新ができていることに感謝したいと思います。

さて、これからの一年はまたどんな出会いがあるのでしょうか。
どれだけ小田さんと会えるのでしょうか(←またこれかい)
せっかくの人生なので、楽しく心穏やかに過ごしたいと思います。

ユニクロコラボTシャツ




イメージ 4

今日はこの話題一色ですね。朝から大騒ぎです。

第一報はnanoriさん。ネット通販売り切れの情報を教えてくれました。
こりゃやっぱり会社を休まねば・・・。そう思い午後からお休みをいただく。
そうこうしていると地元の友達が

「今ユニクロ。数少ないみたいだけど、買っとく?」

と神様のようなメールをくれた。
「お願い!!」

「多分昼から来てもあるとは思うけどね」
なんて返事をもらいつつ・・・

お昼過ぎ、ユニクロへ行って見るとまずは場所がわからない。店頭平積みではなく
奥のTシャツ売り場、コラボコーナーだった。
お店の人に聞くと
「あれ、ここにあったんですが・・・売り切れですね。すみません。」
と。

nanoriさんやくるみさんに
「買っておきますよ。サイズは?」
などと偉そうなことをメールしたのに・・。

お役に立てませんでした。
今後の入荷もお店の人にもわからないそうです。mixiでも大騒ぎになってましたね。
大型店のみの販売のうえ、開店10分で完売のお店や、並んでダッシュで棚丸ごと持ってった人。

チケット争奪戦より厳しかったかもしれません。
これだけの反響があったのですから、追加販売もあるかもしれないですね。

しっかし、恐るべし小田さん人気。小田さんのだけ、無かった。
もっとたくさん作れるならチャリティーにも貢献できるし、いいのにな、って思いました。

ちなみに・・
私は無事にXLをゲットできたんですが、かな?りチッチャイです。
私は無駄にデカイので、できればメンズも展開していただけると助かります(爆)

血液型


先週のFM802 RADIO MAGIC覚めやらぬまま、今週も宝塚まで遠征してきました。

特に用事があったわけではなかったのですが、大学時代の先輩が「来ない?」
っていうので夫婦でお邪魔してきました。

この予定は割と前から決まってたので、先週nanoriさんに出会ったとき
また来週行くからYMOのレコード取りにおいでよ、と約束をしていたのです。
(黄色いLPは大事にしてもらえる場所へ無事お嫁に行きました)

先輩んちはちっちゃな喫茶店もしてるので、ここでnanoriさんと先輩と3人でお茶。
小田さんの話をするつもりが、何の話からか血液型の話になりました。
私は小田さんと同じA型。nanoriさんはB型だったことにびっくり。絶対Aだと思ってたから。
だって几帳面そうだし、頼れるお姉ちゃんって感じだったし。

「あたしBよ」

というなんとも違和感のある発言から、B型の先輩と血液型談義に花が咲きます。
私もAとはいえ、几帳面でも神経質でもないんですよ。でもタオルの端はちゃんと揃えて
たたむのが普通だと思って生きてきた私には、この方々の話は受け入れられない。

先輩だけだと思っていたタオルの端を合わせないたたみ方は、B型の皆さんに共通する
ことだったようです。何せうちの旦那もBですから。

今回も
「なんで合わせる必要があるの?」
と真顔のB型2人。

ありえない。。

消しゴムを使ってると少なくなってきて、紙のケースが邪魔になってくるじゃないですか。
皆さんあれ、どうしてますか?私はハサミで切るんですが、nanoriさんは
「そのまま押し出して出た紙の部分は折ってるのよね。そうするとA型の子にハサミで切られる」
というのです。先輩にいたっては紙のケースは捨てるっちゅうのですよ。

ありえない。

B型の人はA型の人と居るのが楽なんですって。ふ?ん。

nanoriさんは
「あたし多分小田さんが上司ってのは考えられない」
といいます。ま、私もA型とはいえ小田さんの性格からして、ちょっと辛いかもとは
思います。小田さんの性格をすべて知ってるわけじゃありませんが・・・。
根性なしなので・・ね。

ま、ここまでB型の人のことを色々言ってきましたが、私もA型の片隅にも置けないような
ズボラさんなのです。日々の片付けは嫌いなのですが、片付け始めたらキチっとしたい。
でもキチっとできないのが分かると、諦めの早い私は普通に放置してしまうタイプです。
そのため服が積みあがってることが多いですな・・。

なので、今日は帰ってから旅の荷物をさっさと片付け、洗濯しちゃいました。

そんな楽しい週末を過ごしました。
もうすぐ誕生日の私に、先輩から陶芸作品のお皿達をいただきました。
先輩はステンドグラス作家さんなのですが、とある高校に教えに行ってるのです。
そこで陶芸コースもあって、そこの生徒さんの作品だそうです。陶芸作品というと
重たくて扱いにくいイメージがありますが、これはとっても軽くてレンジも大丈夫という
優れものです。早速今夜はこれでカレーを食べました。
ありがとうございました!

nanoriさんもわざわざ来てくれてありがとう。またゆっくり会いましょう♪

6月3日の小田さん

竹善さんのブログによると、小田さんとゴルフしてたそうです。
その日の携帯サイトの日記は「会社に現れず」になってました。

その日届いたPRESSのBACK STAGEにはオフに4日間ゴルフをしてたと副社長。
それはオフなのか・・ある意味修行か??

ゴルフ好きなんですね、小田さん。

私もゴルフやるんです。実は。実は、って言うほどにもありません。
ベストスコアは120ですから。

小学校からバスケットをやってきた私。運動は苦手じゃありません。たいてい何をやっても
努力しなくてもそこそこ出来るんです。が、ゴルフだけはどうもうまくいきません。
だからでしょうかね?。
道具は旦那のお下がりなのですが、自分に合ったものを買おうという気分に全くなれません。

個人種目はダメなんでしょう、きっと。
我慢できないし、根性もないし、練習嫌いだし。

小田さんに叱られる要素だらけですな。

さ、それでは皆さん

『やったぜLIFE-SIZE!15年も経っちゃったの?すごいなあ、それならここらで15年分のLIFE-SIZE
から問題を出して答えられた人にはLIFE-SIZEグッズを送るよ、皆さん張り切って参加してねクイズ』

やらなくちゃ。ってか、題名長すぎフナさん。
100名くらいじゃきっとグッズ当たらないと思いますが、出しますよ。私も!!

FM802 RADIO MAGIC その2

小田さんの出演と、その日の珍道中のレポは書きましたが、
そのほかのアーティストの方のお話を少し書きたいと思います。

今回ひそかに楽しみにしていたのは

一青窈ちゃん
藤井フミヤさん
SING LIKE TALKING

一青窈ちゃんはMCが面白かった。それまでのアーティストさんは802へのお祝いや
ラジオと音楽の関係について、のようなコメントだったりして笑いを取るってのは
フミヤさんくらい。彼女の話は、
・前日とってもおいしいからと勧められて行ったすき焼き屋さんに人が居なかったから
 行ってあげてください
・デビューした頃連れてってもらったおかまバーで
 「あなたの曲知ってるわ。泣き寝入りっていうのよね」と言われた。
と言ってもらい泣きを歌い始めるなど、持っていき方がうまかったです。
行列のれきる法律相談事務所で島田紳助がカンボジアに学校を建てたいという話から
実際に現地を訪れ歌を作って、子供たちの前で歌った様子が流れました。その時ほぼ
アカペラ状態で歌ってた声を聞いて一度生で聴いてみたいと思っていたのです。
最高でした。次回チャンスがあったら彼女のライブに行ってみようと思いました。

藤井フミヤさん
我らの時代は何と言ってもチェッカーズです。寝ても覚めてもチェッカーズの時代でした。
名刺代わりと歌ったTRUE LOVEはあの頃を思い出す、とっても素敵な歌でした。
当たり前ですがフミヤさん歌うま?い!そして小田さんの次にファン多かったんじゃ
なかったでしょうか。ちゃんとお客さんがする手のフリもあったみたいです。

SING LIKE TALKING
注目していたのは竹善さん。この方の歌声は何とも・・ハリのある強い声です。
このグループの曲を全く知らなかったもので、SING LIKE TALKINGとしての印象はあまり
残らなかったんですが、小田さんの弟分として最後のトリをしっかり努めてらっしゃいました。

スペシャルゲストの
平井堅さん
あ、聞いたことある前奏・・なんだっけ。と思いだすまでに本人登場。もう10歳若ければ
キャーって言ってたのかもしれませんが、思わず「うぉ?」っと言ってしまった自分に反省。
「堅ちゃ?ん」と声がかかって「あ、ありがとうございます。堅ちゃんって言われても37歳ですが」
って言ってたから何だか安心しました。

松たか子ちゃん
出るって確信してました。だって入口のCD売り場に小田さんの隣に置いてあって
みんなで今日ゲストなんじゃないの?なんて言ってたのですよ。普通に当たってしまったのですが
バンマスも旦那様ですからね。
LIFE-SIZEなんかでも登場回数は多いので歌が上手いのは知ってましたが、さすが舞台で鍛えられてる
だけあってその声量は聴く価値ありです。
せっかくなので おやすみ なんかを歌っていただけたらと思ったんですが。。

小田さんオンリーのライブはもちろんいいですが、たまには他のアーティストのライブも
いいな?って思いました。

RADIO MAGIC番外編

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

このタイトルがいいのかどうか分かりませんが、番外編はこの日の一日を追ってみます。

日曜日のライブとあって、翌月曜日の仕事が休めず日帰りの強行軍でした。
田舎に帰る電車は7時半がリミット。なので車で往復することに。
休日1,000円には本当に感謝です。大都市圏に入ったので1,300円でしたが。

この日はこのブログを通して知り合ったnanoriさんとくるみさんに現地で落ち合うことに。
一緒に行った地元の小田友ちゃんと供に、京セラドームで待ち合わせです。
ドームが近づくにつれて何だか騒々しい。おそろいのTシャツなんかを着てる人も。しかも若い。

この日『カツーン』(カトゥーン)のドームライブの日だったのです。
リサーチ不足でした。何も今日、この日にしなくったってよいではないか。

人の波を掻き分け何とかnanoriさん達と合流。ドームの目的はもちろん小田さんの手形。
何とかマック前のラッシュを乗り切り(大げさ)手形が展示してあるコーナーへ。
同じことを考える人は居るもので、小田さんの手形の前は写真を撮るファンの方が
数人居ました。お互い譲り合いながら「あ、どうぞお先に」「いえいえ、いいですよ」
など、なんと小田ファンは礼儀正しいのでしょう。感動です。

せっかくなので色んな方の手形を見ながら福山雅治の手形を見つけたくるみさんの
「あら、元彼じゃな?い」
の反応に大爆笑のあたしら。

ドームから大阪城ホールまでのガラガラ電車の中でまったりお話しながら移動。
向かいにドームライブのときのストラップを持った男性発見。あ、行くんだね。と皆で
アイコンタクト。早々に仲間を発見しちゃいました。

そしてライブが始まりそれぞれの席へ。20分間の休憩が入ったとき、それでもトイレに
行こうかと外に出たら大量の人。トイレ待ちの行列もどこが最後かわからないくらい。
絶対に帰れないと思い、諦めて席へ。

小田さんが終わり、SING LIKE TALKINGで竹善さんが小田さんをいじったあと我慢しきれず
トイレに行きました。ドアを開けるとベンチに座ってる人が居ました。あ、スタッフの人・・
って思っていたらなんとその人は

船越マネージャー様

おお!!
そのままトイレに走り個室の中で、よし、声をかけよう、一人だったら。
と決意。でも、バックも持ってなかったし手を洗って濡れた手を拭くものがない。
えい!小田さんだってズボンで拭いてた。ジーパンで拭いちゃえ!

そして元の入り口に小走りで戻ると、まだフナさんはボーっと座ってました。
そして誰も居ないのを確認し、ササっと近寄り

私「あの、すみません。船越さんですか?」
船「あ、はい。」←結構驚いていた。
私「握手してください」
船「あ、はい」←僕ですか?的
私「頑張ってください」←何を??

間接握手成功です。(意味不明)

そういえば小田さんのとき、私の居たブロックで撮影してる人いるな?って思ってたんです。
あ、そっか。フナさんは小田さんが終わってエンディングを待ってたのか。
エンディングが始まるころ、再度船越さんが入ってきました。

ですから皆さん、LIFE-SIZEでステージに向かって左側から、ちょっと上からの
映像は船越さんの撮影ですよ。

私の中ではここでフナさんに出会えたことは、小田さんに会ったようなものなのですよ。
スタンド席で小田さんの顔なんて肉眼じゃ確認できないし、スクリーンちっちゃいとか
色々文句言ってましたが、ここの席だったからフナさんに会えたのであります。
感謝です。

そんな訳で京橋駅までの帰り道、去年の9月nanoriさんと2人で歩いたあの道を
今回は4人で歩くことができました。(途中まではnicoさんもありがとうございました)
小田さんが縁で出会えた仲間達。一人で来ていたらこんなに楽しく帰れなかったかも。
再会を誓って京橋で別れました。

ああ、それにしても小田さん、よかったな。
また会いたいな。そういえば去年もこんな感じだったのかしら。

PRESSが届いたので読みます。
長々読んでいただいてありがとうございました。

FM802 STILL20 SPECIAL LIVE RADIO MAGIC

私も落ち込んだりすることがあるんですが、この方の曲を聴いて何度も励まされました。
次は小田和正さんです。

一青窈さんがそう紹介して、いつものようにひょうひょうと小田さんが登場です。
いつものように両手をあげて会場の皆に手をふり、いつものようにシャツは腕まくり。
久しぶりに見る元気そうな小田さんに去年のライブを思い出します。

「ど?もぉ? お待たせ(チョイ笑い)しましたぁ?」

会場のスタンディング率は今日一でした。どんな曲をやるのかなと思っていたら一曲目

『キラキラ』

案の条歌詞がぶっ飛ぶ小田さん。一緒に行っていた友達と
「この会場には歌詞が出るモニターがないけど大丈夫かな」
と余計な心配をしていたんですが、期待を裏切らない(?)小田さんが大好き。

休憩時間にステージから降りる階段が急遽(?)設置されてたそうです。(私は知らなかった)
nanoriさんは「あれ、客席に降りたいって小田さんがわがまま言ったんじゃないかな」
って言ってましたが、きっとそうでしょう。だって小田さんが終わったら撤収されてたそうですから。
結局客席にも少しだけ降りて、ステージを所狭しと走り回り最後はハアハア言ってた気がします。

歌詞の間違いの話から小田さんのMC
「最初に出てた若い子達、ラップでよく歌詞間違えないよね。
あれ間違えたら復活のしようがないよね。」

「昔、明治生命のCMにこの曲を採用してもらいました。」
ここで即興(?)で言葉にできないのラーラーラーの部分をギターで弾こうとして
「あれ、キーがわかんねえや、なんだっけヘヘ」といいつつ一小節だけ歌ってやめて、
もっと歌って的なざわめき。

「で、そのうち安田生命と合併して明治安田生命になって、言葉にできないも終わったな、
って思ったら今度は新しい曲を書いてほしいといわれまして。
自分からやりたい、と言ってもなかなかできるもんじゃないし引き受けることにしました。
でも言葉にできないを超える曲っていうのはとっても大変で、苦労しましたが、その歌を歌います」

『たしかなこと』
透きとおる小田さんの声はとっても素敵で、目をつぶって聞いていると危うく涙が出そうになります。
天井に近かったんですが(席が上の方で)反響した小田さんの声が降ってくるような感覚でした。
生の声が聞ける幸せ。小田さんの顔が小さすぎて見えなくても、こうして同じ空間で
小田さんの声が聴けてるその瞬間を感じていました。

「ラジオっていうと昔は802はなくて毎日放送だったのかな、ヤンタンってのがあって
そのテーマソングに採用してもらって毎週大阪に通ってたんだけど、若いのと一緒にやってみてくれっ
て言われてやだなって思いながらしょうがなくやったんですけど、当時彼は19くらいだったのかな。
現在の谷村新司です。なかなか気が合わなくてね、今も合いませんが」

場内大爆笑。出演者の中で一番受けてたんじゃないでしょうか。みんなずっと笑ってた。
さすがベテラン、みんなを引きつけます。

そしてコラボレーションの話になって、風うたのDVDのなかで出た話なんかが出てきて、
あ、あの話だな。と思えるようになった私もかなり成長。

「そんなに仲良くないのに、あんまり知らないのに最近はすぐにコラボしちゃうんだよね。
というわけで、次の歌は清水クンが生まれたころにできた歌です。
その曲をコラボレーションしてみようとおもいます。僕の弟分でもあります、
弟なのに太ってますが佐藤竹善。そしてさっき素敵な言葉で僕を紹介してくれたんですが、
あんまり話したことはないんですけど一青窈ちゃん。」

『君住む街へ』

竹善さんがスタレビ要さんとカバーしたバージョンを前にダウンロードしてて、
ここで竹善さん生の声が聞けるとは思わず、小さく大喜び。

2人が下がって、4曲歌ってくれるんだ!(他の人は約3曲)
と思ったらMCが始まります。
「私としては甚だ不本意なんですけど、ここでサプライズゲストを紹介しなくちゃいけなくて。
私はあっさり紹介しますよ。松たか子」

いろんなアーティストが歌った曲を清志郎さんが日本語訳したという
『500マイル』
という曲を一緒に歌いました。これで小田さんの出演は終わりです。

最後はSING LIKE TALKINGで、
「自分たちがトリになったのは、すべて小田和正の陰謀です」
と言ってました。MCの中で竹善さん、小田さんのこといじってましたね。

「今日の打ち上げで聞いてみたいことがあります。小田さん年金もらってるんですか?
って。もし答えてもらえたら、自分の番組の中でちゃんと報告しますから」
って言ってました。

最後はOh! RADIO出演者全員で歌います。
青山テルマちゃんは翌日朝一で(仕事かと思った)テストがるということで帰ったそうです。
小田さんもちゃんと自分のパートのとこ歌ってましたよ。面倒くさそうにしてなくてよかった。(母心)

そしていつものように両手を挙げて、精一杯みんなに手を振って、人一倍後ろや横を向いて
手を振って帰って行きました。

私の席はスタンドのB。小田さんのライブのときみたいにステージは横向きではなく、
縦にしてあったので後ろ寄りになります。会場の様子はよくわかったんですが、
実際ステージに居る人はマメ粒くらいにしか見えず、モニターに頼るほかありません。
でもそのモニターも心なしか小さい気がしました。
でもしっかりモニターで小田さんの笑顔は見えたのでよかったです。嬉しかったな。

とにかくやっぱり小田さんはステージで元気よく歌ってる姿が一番かっこいい!!
会えてよかったよ?。
次はいつ会えるんだろう。。。

番外編のレポに続きます♪

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。