プロフィール

うるとらK

Author:うるとらK
小田和正さんが大好きです。
冬はスキーヤー!夏はなんちゃってゴルファー!!
お気軽にコメントど~ぞ~♪

引越し前のブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/xbkwx785

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

大好きな君に

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山2日目【感想編】

到着直前にゲリラ豪雨に見舞われ、雨上がりの~ではありましたが、更なる蒸し蒸しでテアトロンより辛かったです。ツアトラ君は雨に打たれてサッパリした感じ。
002_20110731224249.jpg


今回の席はスタンドの前から4列目のステージより。席がスタンドだったこともありますが、一番冷静に楽しめたような気がします。小田さんのサイズはほぼ同じようなサイズで見られるし、全体が見渡せて良かったです。


最初スタンド席でチケットが到着したときは、な~んだ、とガッカリしたんですが、逆に良かったかもしれません。


今回の相方おーちゃんはず~っと前からのPRESS会員。私よりうんと若いんですが。前回のツアー辺りから良席ではなくなったようです。それまでは今でいう鼻血が出そうな席ばっかりだったそうで、昔は握手とかも普通にしてくれたし・・・と、何だか寂しそう。
「捨てられた元カノのようね」
と命名しておきましたが、スタンド席なんて考えられなかったようです。今は会員でも落選する時代ですから、小田さん人気恐るべしです!


で、今回はとりあえずオンステージシートを申し込むことに。座席で待ちますがお迎えのスタッフを見つめたところでハズレはハズレ。諦めてここで楽しむことに。


私達の前の席のおじさんは多分稲Pのファン。小田さんを聴きにきてるんじゃなくて、稲Pのギターを聴きに来てるって感じ。掛け声は「いなばぁ~!!」おかげで稲Pに手を振ってもらえました。


YES-YES-YESのときってYES-YES-YESって人差し指でやってましたっけ?いつも人ごみに居てわかんなかっただけかもしれませんが、会場全体がYES-YES-YESってやってる姿は最高によかったです。


スタンド席だから、というわけではありませんが、照明がめっちゃ綺麗でしたね。東京の空のときの海なのかな、あの映像はホント綺麗でした。広島でも確認したように思いますが・・・。


前回場内大合唱、というのを聞きのがしたので今回はちょっと自分の声を抑え気味に聴いてみたらば・・・みんな歌ってますね~。感動しちゃいます。小田さんはこれを聴くのも楽しみなんだろうな。


アンコールはご存じのとおり、トリプルでした。おかげさまで「言葉にできない」を聴かせてもらえて本当に嬉しかったんですが、最後に「生まれくる子供たちのために」まで聴けちゃって罰が当たりそうです。


今回は金原姉さんがましゃのライブで、第一バイオリンが吉田君。音響の関係もあるとは思いますが、ちょっと違う雰囲気ありました。ん~よく説明できませんが、強いというか太いというか・・・。すごく存在感のある演奏だったように思います。


音響で思い出した。やっぱり体育館というだけあって、ちょっとしたズレがありました。小田さんも遠くの出べそで歌うときは時々歌いにくそうにしてたように思います。


ここ岡山会場ではグッズ販売は会場の外でした。
001_20110731224250.jpg


車で来てるから重いものは今回買おう、とマグカップを買うつもりが、勢い余って・・・。
016_20110731224248.jpg


熊を買うことはきっと無いだろうと思っておったのですがね。
きっとこういう使い方になると思います。
020_20110731224247.jpg


岡山の空は雨上がりで綺麗でした。
003_20110731224249.jpg
スポンサーサイト

岡山2日目レポ【MC編】

地元から一番近い岡山に行ってきました。
また今週も行ったの?と思われちゃってもこればっかりはしょうがない。4月にあるはずだった振替公演だったから!

そんな訳で今回もMCからレポいってみたいと思いますが・・・スタンド席だったということもあって、今回のライブが今までで一番冷静に落ち着いて楽しめたような、そんな感じがしています。

でも記憶は曖昧なんですけどね。


小田さんの衣装は紺のパンツに同系色のスニーカー。何だかそれがとっても新鮮でスニーカーが可愛かった。

テアトロンのような弾けようは無いにせよ、何だかとっても楽しそう。声も絶好調だったように感じました。


昨日会場のみなさんに新しいアルバムを購入してくださった方がどれくらいいらっしゃるか(すごく丁寧な言い方でした)というような質問をしてしまいました。なんて野暮なことを聞いてしまったのかと。今日は聞きませんけども割とその新しいアルバムの曲をやりますので覚悟してください。


たしかなことを歌う出先のステージで。

こっちを向いてやるってのはどうも変な感じもありますが、色々検証してこういうふうに決めたので・・・子供を見つけたらしい小田さん。連れてこられちゃったのか?へへ。笑ってるね。楽しい?などと・・子供にはやたら話しかける小田さん。

たしかなことを歌い終わったあとで。

この歌は割とTVで流れたりするから、「時を超えて」(ちょっと歌う)の部分とかちゃんと歌わなきゃとか思いがありますね~。ダメですね邪念が入って。邪念を入れないでステージをやろうと昨日決心したんですが・・・邪念の邪というのは野球ではファールを邪というんですよ。


うろうろ歩きながら

よく私は若いと言われますが、若いときには若いって言われないんだよ。年取ってきたから言われるってことを私は知ってるんですよ。へへ。

アンチョコ忘れてきたようで、自力で頑張りますよって言ってました。


ステージうろうろ・・

わかんなくなっちゃうことが色々ありますね。おでんはわさびだっけからしだっけ。どっちでもいいですよね。

おでんってどっちでもいい??ね?いい??


花道の先のあたりをウロウロしながら

こんなほうまで花道を作る必要が無いんじゃないか、ってね、ここに席を作って売ればお金になるんじゃないかって、イベンターなんかそんな風に思ってるんだと思うけど、こうしてね、見えなかったはずの皆の笑顔を見ていたらどうしても花道はやめられませんね。

会場内拍手!


稲Pと出べそコーナーでやる前に、ギターの準備ができてなくて、繋ぐべくおもむろに話始める小田さん。

小学校のときに劇の主役をすることになって、(略)ある日突然台本見ないでやりなさいって言われて、やってみたらばセリフがスラスラ出てきちゃう。子供ならがにビックリしちゃいましたが、今は毎日同じ曲を歌ってるのに(このあたりで場内笑いが)歌詞が全く出てこない、どういうことなんでしょう!で、私のギターはどうなりましたか


MCはだいたいこんな感じでした。


ご当地紀行は今回も大爆笑。色々行ってらっしゃいましたが、どこかの公園に行ったあとに、
私はこのあと大仕事を控えております。なん植樹祭に参加することになっております
って言うからどんな盛大なものなのか、と思ったら植樹祭というか、木を植える作業に参加した、って感じ。

せっせと土を木にかける小田さんに、「あ、先生、もうそのあたりで」と止める職員さん。もうこの映像は大爆笑でしたが、きっと翌日この公園に行ってる小田ガールたくさん居たんじゃないでしょうか。

小高い丘の展望台で結婚式の前撮りをしていたカップル。
本物?本物?

と言う小田さん。本物のカップルで、一緒に記念撮影をしてらっしゃいました。

行く先々でやたら階段が多く、
私は先日こんぴらさんに上がったので、この程度のものは階段はいいません

こうして大爆笑のご当地紀行は終わっていきます。みんなで歌おうのコーナーはふるさと。私は今まで5会場行きましたが、全部ふるさとです。


後半はいつものように歌がメイン。


テアトロンに続き夏の日と夏の終わりを歌ってくれましたが、思いのままにを歌ってくれたのはすっごく嬉しかった!「ア~アア♪」と始まった時は鳥肌でした。

そしてアンコールはいただきました、言葉にできない
何度聴いてもいいな・・。うん。いい。

で、アンコールがご存じのとおりトリプルアンコール!YES-YES-YESのときに、ずっと歌ってたいよ、って顔してたもんな、小田さん・・・。

そんなこんなで長くなりましたが、MC編レポ終了です。

最近割とウォーキングが続いているんです。

すごい・・おかげでテアトロンも辛くなかった。

歩くのは決まって夕方。地元では一番大きな川の土手を歩いています。

晴れた日はとっても夕日が綺麗で、写真に撮りたいな~ってずっと思ってた。

今日は携帯を持ってったから疲れた頃に立ち止まって撮影。
DSC_0561.jpg

ちょっと雲が多いけど
DSC_0562.jpg

うろこ雲?
DSC_0563.jpg

明日は雨なんだって
DSC_0565.jpg

こんなに綺麗な夕日なのにね
DSC_0570.jpg

でも・・この雲は雨なのか・・
DSC_0572.jpg

小田さんがいる岡山は晴れの予報です。

岡山は晴れの国だからね。これで降ったら相当雨男だよ~小田さん。

余韻の有効期限

テアトロンの余韻が未だに続いている私です。あれからずっと夏の日を聴いてたりしてさ・・・

084.jpg


小田さんはいつもどの会場でも楽しそうに歌ってるし、楽しそうに喋ってるけど、テアトロンは何だかちょっと違う小田さんだったように思う。

テアトロンに行った人達のブログを巡回していて、色々と思いだすことが・・・

携帯撮影事件からあとは、何だか記憶がぶっ飛んでて、「今日もどこかで」のサビを予定外にリピートしたこと思い出しました。

お隣の女性たちがとっても大きな声で歌ってて、私も負けないように、小田さんに聞こえるように歌ったことを思い出しました。

場内大合唱だった、と書いてあったんですが、そんなに大合唱だったのですか!自分が大きな声で歌ってて聞こえてなかっただけだったとしたら・・・その合唱聴いておくべきだったとちょっと残念

あんなに楽しそうに始まって、なのに、「バッタがそこに居てさ~」とユルいトークをするのも小田さんらしい。

どの歌の時だったのか覚えてないけど、多分終盤だったと思いますが、一瞬、小田さんの声が詰まったときがありませんでしたか?

泣いちゃう?とか思いましたが、自分が泣いてました(爆)


そんな今週末は4月の頭にあるはずだった岡山。一番地元に近い会場。続けて行ける幸せ。

当日券発売の案内が来て、ツイッタでも行きたいだの、行かないだのと、天使と悪魔が大喧嘩しておりましたが、やっぱり行かないことにしました。

仕事を休むのはそんなにリスクじゃないけど、泊めてもらうことになる兄貴の家にも迷惑だし・・・地元の方に行ってもらえたらいいなと。

私は土曜日行けるんだからさ。

と大人な発言をしてみる(無理がありますが)


今回は延期になったから2週続けて行けちゃいますが、小田さんの余韻は私多分一か月は持つと思うので、何だかこの週末行くのがもったいない気持ちでいっぱいです。

明日から参加の方も、どちらか1日だけ参加の方も、楽しみましょうね~。


そして小田さんのデスマッチ優勝を祈念いたしましょ

テアトロン【シャトルバス編】

おまけにシャトルバス編も少し。

私たちは道路が混むことを想定し、車は高松のホテルに置いて志度まで電車。そこからのシャトルバスをチョイス。

あらかじめシャトルバス券を購入し、志度駅から乗り込みます。当日券もあったようですね。行きのバスは普通の路線バス。帰りは観光バスでした。

結局どの選択肢がよかったのかわかりませんが、終演後すぐにシャトルバスに乗れただけ志度便が正解だったのだ、と、思うことにします。

臨時駐車場を利用した人たちは1時間待ちとか言ってらっしゃいましたね。

帰りのバスの中で余韻にひたりながら、どんなMCだったっけ、とかnanoriさんと話しをしながらユラユラゆられて帰りました。

もう少しかな、と思った辺りでなにやらバスがバックを始めます。

「ん?」

と思っていたら切り替えしで縁石に乗り上げるバス。

「は?」

乗客も疲れと余韻で静かだったのに、ちょっとざわめきが起こり、そのうち失笑に変わります。

どうやら運転手が道を間違えたようです。

降りるとき私の前のお客さんが「道間違えたんですか?」と運転手さんに言ってて、「あ・・っはい」と顔を真赤にしています。

ま、こんなこともありますよ。きっと助っ人の運転手さんだったに違いない。夜遅くまでご苦労様です。

無事に到着した志度駅。
DSC_0534.jpg


次の列車までの時間は20分ほど。余韻がいい仕事してくれます。あっという間に時間は経ちました。

このテアトロンは、暑かったけどほかは何にも苦じゃありませんでした!

ここに小田湾がある以上、小田さんはテアトロンでライブをする運命なのです
DSC_0533.jpg

テアトロン【珍道中編】

言うほど珍道中でもありませんが・・ま、お約束なので。

日本海から瀬戸内海までの今回の旅は、車で行くことにしました。高速1,000円は終わったものの、土日は半額で乗れるんですね。瀬戸大橋の料金も橋のみだったら1,700円くらいで乗れちゃうし、そりゃフェリーもお手上げです。

003_20110726220103.jpg

久しぶりに橋を走りながら、来週は岡山だからまた小田さん鷲羽山とか行くのかしら、なんて思いながらやってきました。

001_20110726220102.jpg

今回の相方nanoriちゃんはどうやら体調不良。もう一人のお友達はるさんもこの台風で足を怪我しちゃったりしてて・・・何とも幸先のあまりよろしくないスタート。

それでもホテルで聞いたうどん屋さんにとりあえず行くことに。ここのうどんは大か小しかなくて、大きさ聞けばよかったんだけど、迷わず大を注文する私。小と比べるとこのサイズ。でもペロっと食べ尽くす私。この先もう食べられないかもしれないしね。

089.jpg


高松からいざ志度へ、と思って琴電に行ったらば人身事故で運転見合わせ中。さっとJRに移動して志度からのシャトルバスに乗り込みます。このJRがですね、1両編成のワンマン列車なんです。うちの地元では普通なんですが、都会っ子のnanoriちゃんは普通に驚く有様。写真まで撮ってたくらいですから。

しかもシャトルバスに乗ってて「あ、モスがある」とか言ってるし。モスくらいはありますよ~。でもうちの地元はスタバ無いけどね。


翌日は体調不良のnanoriちゃんはそのまま帰宅。私は香川の友人に会いに、また志度方面へ車を走らせます。

その友人はたまたまテアトロンのある半島のひとつ手前の半島でキャンプをしていて、めったに私が四国に行くこともないし「おいでよ」と言われておりました。

到着すると「昨日は小田和正のコンサート行ったんだってね」とお仲間達にもすでに情報は漏れております。そうじゃなきゃわざわざ来ないもんね。

その方々のお話によると、ちょうど子供たちが花火を始めたころに、大きな花火があの半島の向こうからあがったよ、と教えてくれました。「結構たくさんあがってたよね~」と嬉しそうでした。

この写真はそこから撮影したテアトロン。矢印の辺りがそうです。

046.jpg

宴会をしていた彼らは
「そんな場所にいかんでも、俺がここで歌ったたのに」
「ああ、そういや小田和正昨日ここで歌っとったな」
「長渕剛もおったで」
「桑田もおったんちゃう?」

と・・まあ・・みなさんで歌っていたようです。

昨日は船で高松に移動したようですよ、と言うと「何や、ここに寄ってってくれたら、おいしいビール飲ませたったのに、小田さん」と真顔で言う楽しい人達でした。

帰りに小田さんも行ったイオンに寄っておみやげにうどんを買いました。地元にもあるしフードコートではなまるうどん食べるのもどうかと思い、レストラン街にあるさぬきうどんのお店に入ってぶっかけうどんを頂いて、これにてうどんの国とおさらばえ~。

137.jpg

138.jpg


そしてここであっさり帰る私ではありんせん。

今回は車ですからフットワークも軽い!もちろん、次の会場となる岡山を視察に行ってまいりました。

143.jpg

この会場は本当に体育館。この日も卓球の試合が行われていました。うちの兄貴が岡山に住んでるんですが、甥っ子達の行事もここでよくあるらしく、「あんなとこでコンサートやるの?」とびっくりするくらい。

145.jpg


確かに岡山にはシンフォニーホールとか、前回の会場市民会館もありますから。

行事予定にはしっかり小田さんの名前も。

144.jpg

仕込みは水曜日からですね。うんうん。何だか嬉しくなってきたよ~。

会場周辺は福井ほどではないにしても、田んぼが広がる郊外。電車の最寄り駅があるわけじゃないので車は混みそうですね~。ま、覚悟の上です。

そんなこんなで・・・ようやく帰る気になった私。結構珍道中だったかな。
久しぶりのロングドライブだったけど、テアトロンの余韻に浸りながらだったから、あっという間に到着しました。

最高の週末でした!

テアトロン【感想編】

前回のツアーの様子をネットで巡回しながら、ここはどんなに過酷な場所なんだ、と思っていました。野外だしこのロケーションからしてシャトルバスやアクセスが悪いのは承知のうえ。

090.jpg

こんなに小田さんが愛してやまない場所に行くチャンスを逃してはならぬ、と一大決心して行って本当によかったと思います。苦労してたどり着いた以上におつりが来ました!おーちゃんありがとうね。

012_20110725215010.jpg

なにせ去年逗子の音霊を経験しておりますから、どんなに急な階段だろうと、会場に到着するのに時間がかかろうとトイレに並ぼうとあれに比べたらミジンコのようなものです。

018_20110725215009.jpg

ただ・・・履物は失敗しました。やっぱりスニーカーの方がよかったな~なんて・・・ホテルに戻って一番最初にしたのは足とサンダルを洗ったことです。歩くほどに土が足に入ってくるのでね。

042.jpg

ほら土まみれ。

043_20110725215120.jpg


今回の私たちの席は13列目のほぼ中央。デベソからはかなり近かったです。なのでスクリーンもあまり見てないかな。ピアノを弾くときは私たち側を向くのでこれまた最高。

ピアノを初めて弾くとき、ほぼ正面に座っている人と小田さん目があったらしく、照れ笑いしてました。ああ、そんな位置で笑いあいたい。

私たちはブロックの一番後ろなので、後ろの通路を通ってくれたら小田さんと超至近距離!で、通ってくれたのはラブ突の1回のみ。あんなに練り歩いてたのにね。でもあの距離で見られて、今回の相方nanoriさんはカチコチに固まってました。私は京都で少し免疫があったし・・・とはいえ、何度見てもドキドキです。

会場を最初に見渡したときに、相方さんと「ピアノが無いね」と話していました。

「きっとどこからか出てくるんだよ」
「そんなイリュージョンみたいな事ないよ」

などと言っておったのですが、そのたびにスタッフさんがデベソ下に置いてあったであろうキーボードを担いで上がってきました。キーボードだったから、手元がハッキリ見えました。どの曲だったか忘れましたけど、多分風の坂道だったと思いますが、一度だけすごく強く鍵盤を押さえてました。二人で生きる~の前かな。

なので足とかも見えちゃうわけで、パタパタ動かしながらリズムを取ったりとまあ・・・そ~ゆのもバッチリ見えちゃってとってもいい席でした。

そして念願のテアトロンで「夏の日」もう言葉はありません。あの前奏を聴いたら電気が走りそうなくらいシビレちゃいます(古いですか?)夏の夕暮れの空に小田さんの声がぴったり響き渡ります。あ~もうホント・・・この感動をどう伝えたらいいのでしょう。

携帯カメラで写真撮っていいよ、って言ってくれたあの曲。キラキラなんですが、前にも触れたように全く覚えておりません。覚えてるのは終わりごろの間奏で「もう少しだぞ~」って小田さんが叫んでたことです。何だか小田さんも嬉しそうだった!でも私の携帯で撮ったのはこんな感じで・・・ズームにすればするほどにブレるし、でも素敵なプレゼント本当に嬉しかった。

ほらね。
104.jpg

一番綺麗に撮れたのはこれ。

106.jpg

最初のアンコールに出てきたときは場内が「うぉ~!!」って感じ。小田さんサックスぶら下げてます。照れながら歩いてデベソに来る小田さんが可愛らしい。小田さん・稲P・栗ちゃん・園さん4人でMoonlight Serenadeを演奏。ずっと前にもやったことあるんですよね~。

これを生で聴けるとは!!吹き終わるごとに、「は~」みたいな仕草をする小田さんに皆が反応。あれだけ歌って走ったあとに吹くのは大変だったと思います。印象的だったのは栗ちゃんが超必死だったこと。肩をすぼめて全身で吹いてました。あの楽器は何という楽器でしょうか。サックスじゃなかったですよね。さすがに園さんのソロはカッコいかった。

で、アンコールといえば言葉にできないです。今回も歌ってくれました。連勝です!テアトロンの夜空に響き渡る小田さんの声がたまらない・・。
3会場目の相方nanoriちゃんはもう一つの「生まれ来る・・」を聞いたことがないんだと!でもきっと言葉にできないはレギュラーになったような気がします。思い込んでるだけかな。

そして最後に花火です!これがまた盛大に上がります!うちの地元の花火大会を超えてます!もう終わりかな~って思うとバンバン音がして会場内は大歓声!もう心をわしづかみされちゃいました。

終演後は規制退場となります。急いで帰っても一緒だね、とアナウンスがあってからようやく腰をあげる私たち。祭りのあとの会場も何だかまだ鎮火していないように見えたのは私だけでしょうか。

テアトロンの空
013_20110725215506.jpg

ツアトラと一緒に撮れなかったね。ステージの裏手に置いてあったし。

テアトロン【MC編】

初めてのテアトロンは教科書通りに綺麗に晴れてくれました!
このロケーション・・マジ最高です。

011_20110724225900.jpg

さて、覚えているうちに早速MCレポいってみましょ~。
今回はもうサプライズあったし、グダグダにしか覚えてないので言い回しは違うと思いますよ~。

ちょっと長いです。


この日の小田さんの衣装は沖縄と同じなのでしょう。ピックが胸に3つあるデザイン、バックにはサックスのイラスト膝下丈のクロップドパンツに白いスニーカー。とても63歳の着こなしとは思えないほど、可愛い~

テアトロンが大好きな小田さんは登場したときからもう笑顔です。

『ずっとずっと先だと思ってたテアトロン。とっても楽しみにしていました。皆で最高の夏の思い出を作ろう!!今日はこのツアー後半戦の第一発目であります』

『みんな・・・ここに来るの大変なんだね。今まではそんな風に思ったことないんだけど、歳のせいなのかな、いや~大変なんだなって思っちゃってさ~。お金と時間かけて・・本当にありがとうございます』

とえらく真面目に頭を下げる小田さん。

『スタレビの話ばっかでやなんだけど、よく一緒にやってると、要がね1曲終わるたびに「また1曲終わっちゃった」って言うんだよ。何言ってんだよ、って思ってたんだけど、今日はほんとあ~終わっちゃうってそう思うよ』

本当にテアトロンを楽しみにしてたんでしょうね。1曲1曲愛おしく歌ってました。

『先日apのイベントに行ってて、あの桜井君達がやってるやつ。あ、桜井君を知らない人のために・・・桜井君ってのはミスターチルドレンという日本でも、まあ有名なバンドをやってて、紹介してくれる時にすごく持ち上げてくれてね。会うたびに好きになる人です、って言ってくれたんだけど、じゃあ最初は好きじゃなかったのか、って。そういわれてみれば最初はあんまりそんな雰囲気じゃなかったかもな~なんて思ったりしますが、その桜井君と緑の街という映画の主題曲を歌ったんだけど・・・もしかしたら桜井君は映画の主題曲だったこと知らなかったかもしれないね。』

そう言って緑の街を歌うんですが、なんと歌詞を間違える!
そして一瞬悩んで『すみませ~ん』と演奏中止。
『75%はこのままいってしまえ、って思ったんだけど25%のやり直せが勝ってしまいました』

とやり直します。ここで笑いをとっておきながら、瞬時に歌に入れる小田さんが凄い。胸に手をあてて、しっかり歌い上げます。

『新潟でライブやったあとに、電車を乗り継いで掛川まで来たんだけど、電車降りてジャンボタクシーに乗る時にしこたま頭をぶつけましてね~・・この辺かなって思って頭下げたんだけど全く違うんだよね。最近多いんだよ、こういうの』

ジェスチャー付きでやってくれました。

『僕は集中力ってのが無いんですよ。でも一つだけ発揮できるとこがあってね、テストなんですよ。テストんときはいい点とってやろうって思ってるから、すごい集中できるんだけど、どうも曲作る時はダメでね~。で、この1時間に作れたらいい点が出る、とか仮定してやってみるんだけど、途中から全く別のこと考えてるんだよね。って言う話』

『デュークの社長が俺と同級生なんだけど、あれやこれや持ってきてくれるんだよ。うどんやら桃やら、美味いからって。俺ライブ前は食わないんだけど、田舎のばあちゃんみたいなもんでさ、食べさせたいんだな。せっかくだから食べましたけど』

『デュークの社長ってのがオフコースでデビューした頃からの付き合いで四国の会場でライブした時も、150人くらいしかお客さんも居ないわけで、こいつといつ縁が切れるんだろうな、って思ってきたけど長い付き合いになりました。と、いう話です』


出べそコーナーは稲Pと立ったまま。稲Pのギターの接続っていうのかしら、オンにするとノイズが入っちゃったりして設定に時間がかかっちゃって、小田さんがその間トークで繋ぎます。ネタ帳を色々見ながら『ん~』と悩んだ挙句『質問ある人』と言いだす始末。『小田レビはやらないんですか?』という質問に『いいよね~小田レビ・・・MCやんなくていいからさ~いいよね~』
みたいな話をしていたらようやくOK

Yes-Noのときに前回小田友のはるさんが、後ろの方に居たお客さんが「君を抱いていいの」のあとに「いいよ~」って言ってたのが忘れられなかった、って言ってて、言えるものなら言ってみたいね、なんて話をしていたのですが、どうやら小田さんの近くに居た人がそれらしきことを言ったようで腰がくだけそうになって笑ってたように記憶します。え~っとちなみに私も小声で言ってみましたが、相方に「小さい!」と突っ込まれました。

で、この曲の終わりだったと思います。皆様ご存じのサプライズが!

小田さんがおもむろに何やら考え付いたように立ち止まり、出べそからバンドの方を向きます。『万作ストップ』と演奏を止めます。『突然ですがここで提案があります。次の1曲だけ曲の間携帯で撮影OKにします』
もう場内狂喜乱舞!私も携帯をバックから出し撮影するも、手が震えるし携帯のズームなんざいい話になりません。この次の曲はキラキラだったと思いますが記憶がないくらい撮影。

キラキラの次の曲が終わったあとだったか
『みんな凄いね。僕は驚いてしまいました。まあ1曲って言ったけど、次の曲もカメラ写してても、ま、いっかな~って言おうかと思ったんだけど、皆キチっと辞めてくれて・・いや~凄いね。素晴らしい』

確かに曲に入っても撮影してた人居たかもしれませんが、終わるまでには皆カメラをしまってました。
エライ!

『お見かけするに、僕より年上のジジイも居るようですから、健康に気を付けていればきっとまた会えると思います。とにかくそこをクリアすれば大丈夫ですから』

そして最後に
『テアトロンでまた会おうぜ!!』

と言ってくれました。


テアトロンの小田さんは本当に嬉しそうで楽しそうで、子供が夏休みが始まるように楽しみにしてたんだなって思っちゃうくらい。トークも炸裂してたし、会場の練り歩きもいつも以上だったのではないでしょうか。事実YES-YES-YESはステージに帰ってこられなかったような気がします。

最後の花火もたくさん上がって、うちの地元の花火大会よりよかったんじゃないかしら~。

そんな超楽しかったテアトロン。とりあえずMC編これにて終了。
114.jpg

夏の日

明日はいよいよ初テアトロン!

ここで夏の日を聴くのが楽しみなのですが・・・歌ってくれるかな。


で・・・

夏の日をiPodで聴こうと思って、探しまくるけど無いことに気づく。

そういえばWe are やoverも持ってない。


と、気づきました(遅っ)

買うにはちょっと軍資金が足りないので、早速レンタルしてまいりました。


CDの時代になってから買ったアルバムってユーミンが最初かな~。

小田さんのCDはoh yeahが最初かしら・・・。8センチだったわ。


そんな理由でオフコースのDCは持っていないし色々聞きたいし

GREATEST HITS 1969-1989とoverを借りてきました。


でもね~何か全部記憶があるんですよ。

兄貴のテープ聴いてたのかなあ。4人になってからのやつは

多分自分で何とか手に入れたんだと思うんだけど。


しかし・・・

小田さんの声若~い!色っぽ~い♪


凄いね。こんなに長く歌ってる。

私が生まれてからずっと・・・歌ってるんだもんね。

目覚ましTV

小田さんが出演したTVで録画できたものは別にDVDに
ダビングしてます


で、昨日目覚ましTVを録画して、編集ののちDVDに
ダビングして保存しました。


既にDVDは2枚目に突入していて、1枚目を見返してみました


ずっと前にも書いてますが、私は前回のツアーで小田熱が
再沸騰したので、最初に出たのは同じく目覚ましTVの面々が
大阪城にインタビューに行ったときのものでした。


ちょっとだけ小田さんの髪型違うんですね。
この頃はサイドが角ばってる感じがしますね。


と、まあずっと見てたんですが、色々録画してますよ。
LG21のCMも何本も入ってます。


そして最後に入っていたのは、NHKの若い広場でした。
レコーディングの様子や合宿風景、ミックスにロスに行った様子など、
小田ファンの方ならご存知ですよね


私も何度か見たことあるはずなんですけど、しっかり
見てなかったんでしょう。小田さんの髪型にビックリしてしまいます


時代を感じてしまいました


でも最後にロスに旅立つ時、エスカレーターに乗ろうとして、
また戻ってファンだったのかな、握手をしていた小田さんは
今の面影があります。どっちがどうだ、って話ですけど。


昨日目覚ましTVを見ていて気づいたことがあります。


右アゴの下にホクロがあったんですね。
最初は初めて見たように思って、スイカの種でもつけたままか?
とか思ってしまって・・・
その若い広場を見てその当時からあったことに気づきました。


京都の最前列に座らせてもらったのにね。
あ、でも左側だったから・・・いいとするか。


さて、台風も去ったことだし、週末は初テアトロン!

ap bank_fes '11

J-waveでラジオ中継があったそうですね~。

小田さんが出演後にインタビューでラジオ出演した部分の録音を
小田友さんに送っていただきましたので、起こしてみました!

DJの方の紹介で、昨日新潟からライブ後、夜移動して来てくださいました
と言ってました。



今回は具体的なテーマがあって、復興支援にお金を当てようとかメッセージを送ろうということなんですがいかがでしたか?

僕はこの件に関しては2人におんぶに抱っこなので2人の趣旨に全面的に協力するという思いです。


小田さんのエピソードといえば、東北大学ご出身ということで土地勘もあるでしょうし震災の時にいろんな場所が出たじゃないですか。なかなか地名が分かんなかった方もいらっしゃたかもしれないんですが小田さんにとっては?

僕にもわからない地名っていうかね、わからないエリアがいっぱいありましたけど、同級生とかいっぱいメールくれたり、東北大学の組織のほうからも連絡があったりというようなことはあわただしくありましたけど、なかなかショックが大きくてすぐ動ける人は凄いなと思って、ただただもう気持ちがなかなかそこまでいかなくて、今に至ってるっていうことだけども、こうやって先頭切ってバンクバンドみたいにやる人達がいるっていうのは頼もしく思いますね。


桜井さんや小林さんと事前にどんな話をされましたか?

その話は一切ふれなかったですね。


リハのときは音楽的な話はどんな話を?

音楽的にはこの曲をやる、2人でからむみたいな話をしたけど、その話はあえて語らなかったっていう感じでした。


東京の空・今日もどこかで・緑の街・キラキラだったですが、小田さんが選曲されたんですか?

選曲は小林君たちがこの曲でいきたいっていう感じ。


緑の街と言う曲は今回の震災の復興を願うということでぴったりだったと思うんですが?

緑の街っていう映画の主題曲なんだけど、当時1997年かな、緑の街っていうのは仙台のことですかってずいぶん仙台の人に聞かれて、そういうふうに伝わってるんならそれでいいかなみたいな曲だったから、それを意識して歌うっていうには自分にしてはちょっとキツイっていうかちゃんと歌えるかな、っていうそういう曲でしたね。


今日もどこかでと言う曲を演奏されましたけど、どういう詩のニュアンスですとか思いを伝えたいと思って歌いましたか?

割と年を取ってさらに結構涙もろくなってきてるから、この曲も訴えるところが多い曲だから僕はできるだけ淡々と歌おうと思って。常にそうですね。


小田さんといえば階段を降りて走るっていうのが定番になってますけども、降りかけて躊躇して戻ったのか時間がないと思ったのか・・・

本当は毎回迷惑してんのかもしんないな、っていう想いがあってお客さんは降りないって言ったら「え~」っていったけど、客に乗せられていってスタッフに迷惑かけてもいけないし気持ちが働きましたね。


いやいや、でもマラソンランナーのような体形ですからね、走ってる姿とってもカッコよかったですよ
皆さんに次のチャレンジみたいなことを伺ってるんですが、小田さんの次のチャレンジは?

こんなことがあって更に一人でやるのも大事だけど、皆で何かやることは普遍的っていうか、一人でやると同じように、あたりまえのように、何か皆が集まってやるっていうことができればいいなっていうことと、個人でいえば残された時間に、次のどんな1曲が出来るのかなあっていうそんな感じ。


震災後から曲を作るという活動は?

やんなくちゃいけないことがあるんだけど、考えるばっかりで先に進んでない・・・。でもやりますよ。


こんな感じでした。
小田さんの声は年末のラジオ出演の声よりも強くて
口調も早かったように思います。
歌ったすぐあとだったからかな。

小田さんホントお疲れ様でした!
今日は早く寝てくださいね。

丸1年

ちょうど1年前、私は子宮筋腫の手術をうけました。

1年が本当に早く感じます。

で、体調はどうかというと、今日がその日だったことを

忘れるくらい元気です。


傷口は毎日見ますけど、それがもう自分のお腹の模様のように

なってる感じで全く気になりません。

ただ、今日が健康でいられることに感謝しています。


本当は去年あったはずの小田さんのツアー。

これが延期になると聞いて決心した手術。

1年検診は月末ですが、再発していると言われる

可能性だってあります。

生理痛が軽くなったかと言われるとそうでもないし


やってよかったのかどうかはわかりませんが

今こうして忘れるくらい元気でいられるからいいよね。


去年の今頃は吐き気や寒気と闘いながら

進まない時計をにらんでいたように思います。

same moon

小田さんのファンになって・・・

色んなことを知って、色んなことが気になるようになった。


『同じ月を今ここで見てるから』


この言葉が心に響く。

今日だって、月が綺麗だとつぶやく人がたくさん。


ああ、やっぱり同じ月を見てるだなんだって思った。

あえてそれを言葉に残す小田さんの凄さ。

顔を上げて月をみてごらん、と教えてくれた。


夕暮れはとっても大きかった月

020_20110714214212.jpg


same moonみたいに綺麗に雲がかからないかな~って
ずっと待ってたけど、こんな感じ
004_20110714214211.jpg

小田さんの喋る声

NHK-FM『ミュージック マインド』をうちの母ちゃんが
ミラクルにもバッチリ録音してくれた話は以前書きました。

このカセットを何とかCDにして、iPodに入れることに
成功いたしました。

ま、私がやったんじゃないんですけど。

ラジオのトークを録音したものを聴く、というのは
どのような場面が一番いいのか、と思いつつ
聴かないまま放置しておりました。

今日は久しぶりにウォーキングしたので
聴いてみようと思い立ちました。

喋りだけじゃなくて、必ずバックに小田さんの曲が
流れてるんですよ。なのでそのリズムに合わせて
歩きました。キラキラはちょいと早かったかな・・・。

ラジオで小田さんの喋る声、大勢の人に対して喋る声じゃない声。
ゆったりしてて、いい声ですよね。

ただ喋る声と歌う声が全くといっていいほど違うから、
あんまり知らない人はこの声の主が小田さんだって
わかんないんじゃないかな。

話の内容や感想をコンコンと書きたいですが
長~~~~~~~くなるのは間違いないので
もう少し聴いて、印象に残った部分を書こうと思います。

最後にこれから小田さんが目指すところ
漠然として夢と言うか、ミュージシャンとして
こんなことを考えてる、みたいなことを教えてください。
というtakuroさんの質問に

『同じ時代を生きた仲間達と何かやりたいな、
何か残せたらいいな。路上じゃないけどギター1本でも
平気でポロンと歌えちゃう人生いいよな』

ってなこと言ってました。

この放送は12月30日だったはず・・・。震災前だったし
最後の質問の答えは変わってるかもしれないけど
小田さんにはずっと音楽やっててほしいな。

広島の空

久しぶりに晴れた空を見たと思ったら
強烈な日差し。
005_20110711221855.jpg

原爆が落ちたあの日ももうすぐ。
004_20110711221854.jpg

青い空にお城がカッコいい。
009_20110711221854.jpg

広島の空も高く澄んでいました。
016_20110711221853.jpg

広島【珍道中編】

今回は座席はバラバラでしたが、お友達5人集まりました

まずは仕事で広島をよく知ってるおーちゃんに
案内してもらうことに。

「連れて行きたいお店があるの

と連れてってくれたのは、前回のツアーで小田さんがご当地紀行で
行ったという『アンデルセン』というお店。
018_20110711214711.jpg

基本はパン屋さんなのですが、2階はレストランになってて
これがまたすごいその凄さをここで説明すると長くなるので
割愛しますが・・。

私はパスタとおデザにカスタードプリンをいただきました。
035_20110711214809.jpg
036.jpg

一旦ホテルにチェックインし、その後nanoriさんと2人で
会場に行く途中にある観光地を巡ります。

と、言っても平和公園→原爆ドーム→広島市民球場→広島城
ってな感じで、これを廻ればすべての観光地を網羅したも同然
002_20110711214713.jpg
003_20110711214713.jpg
008_20110711214712.jpg

広島城は初めて行きます。ってかお城があったことすら
知りませんでしたが、
「きっと、ここ小田さん来てるよね」
と言いながら急な階段を上り、天守閣を目指します。

初日のご当地ではあれは福山城でしたっけ?
「いろんな天守閣を制覇してきましたが、貸切だったのは
これが初めてです」
と小田さん言ってましたか・・・。

ここの天守閣は狭いこともありますが、割と人が居ましたよ。

緑に包まれたグリーンアリーナ。あ、だからグリーンなのか??
010_20110711214712.jpg

遠くにnanoriさんが見つけてくれた入道雲。
012_20110711214711.jpg
すっかり夏です。

2日目のご当地では広島城にも行っていたらしいと噂を聞きました。

夜はチーム山陰のはるさん達も加わって、
5人で鉄板焼屋さんで乾杯
043.jpg
(いつも食べ始めてから写真を撮り始める)

そして翌日は特にどこに行くあてもなく、
「あ、ドトール行ってみよっか
って話になって、ご当地で行ったお店に行ってみました。
019_20110711214808.jpg

お店の前でササっと写真を撮って、お店の中へ。
おーちゃんがレジでおねーさんに聞いてくれました。
「小田和正さんが来られたお店ですよね?」
「はい、2階のテラス席にお座りでしたよ
と教えてくれました。

ですから、我らはそこに直行です
021.jpg

ひとしきり写真を撮ったあとは、ちょっと暑いので室内に避難。

その後ベラベラしゃべっていたら同じような小田ガール達が
テラス席で写真撮影。チラチラこっちを見ていたので
私達もOKサイン

一人のライブも終わったあと、余韻にジ~っと浸れていいけれど
仲間と一緒だとまた違う楽しさがあって最高に楽しい!

今までお一人様だった仲間達。

また皆で行こうね!

広島1日目【感想編】

今回の座席はアリーナ席でしたが、小田さんから見て間左。
私から真っ直ぐ見ると、小田さんの真横の姿が・・・。

座席配置もとっても複雑で自分の座席に行くのに
迷ってしまうくらいです。

それでも花道寄りだったので、来てくれれば約2Mほどの距離。
何度か立ち止まって歌ってくれました。

目も合いました。(キッパリ)

会場はいつもは球技系に使うことが多いのか、
moltenの看板があって、バスケやってた頃のことを思い出す。
体育館が懐かしい。ここ広島グリーンアリーナでは
やったことないけど、代々木第2はあるんですよ!(プチ自慢)

看板はそのmoltenの向かいにもみじまんじゅうのにしき堂があって
ステージバックには住宅会社だったと思いますが
「こころ」という看板がありました。なんと奇遇なのでしょうな。

今回もセットリストは私の記憶に残りません。
福井や京都と大きく変わりませんが、やっぱり夏です。
きました、【夏の日】

しかも天井に空なのか、海なのかわかりませんが
青い映像が映ってて、とっても綺麗でした。

夏だね!

そして・・皆様には色々とご心配をいただきまして
本当にありがとうございました。

とうとう、このツアー初

言葉にできない

聞かせていただきました!アリガトウゴザイマス!!

アンコールで出てきてくれて、小田さんがピアノに
座った瞬間、私は本当に緊張していたのですが
客席から「言葉にできない!」と演奏前に声がかかっちゃって
ちょっと私的には残念だったんですけど、本当に前奏が
言葉にできない、だったので思わずキャーと叫んだように
思います。雑音失礼しました。

もう・・・号泣でした。

kakoさんからも終了後に「よかったね」とメールいただいちゃって
本当に嬉しかったです!

でも2日目も参加しているはるさんの速報によると
今日も言葉にできないがあったようです・・・。

ま、素敵な曲なので今後は是非レギュラーメニューでお願いしたい。

現在1勝2敗ですな。

今回も小田さんの声は最高でした。うん・・。
特に緑の街はまた今回もゾクゾクしちゃうほどの声。

あんなに走って、あんなに歌った後に
どうしたらあの高音が出せるんだろう・・・。

ピアノ弾き語りも圧巻でした。

今回私はこの言葉にできない、東京の空と
もう2曲涙があふれてきました。

「たしかなこと」と「the flag」です。
特にtha flagは泣く予定は全くないのに・・・。
今の会社の現状を合わせて聞いてしまったのかな。
どうにもならない、この現状を。

ま、この話は置いておいて・・・。


あと、ご当地紀行が最高に面白かったです。

商店街で小田さんと一緒に写真を撮ってもらいたくて
サンダルを脱いで裸足で走ってきた制服姿のおね~さん。

尾道で展望台に到着した途端、横浜からの団体に遭遇し
見つからないようにタオルで顔を覆って隠れる小田さん。

小田さんってホント素なんだな~。


最後に「君のこと」をやってくれるものだと思っていたら
あっさり皆で帰っちゃって・・・。

ちょっと残念でしたが、最高の盛り上がりの広島でした。

まだまだ続きますぞ~。

広島1日目【MC編】

やってまいりました!クソ暑い広島は梅雨明けした
ばっかりであります。

と・・・小田さんが言いそうな暑さ。
お日様が刺さります。

010_20110710225200.jpg

さて奇跡の京都から約1ヶ月。広島に行ってまいりました。
やっとツアーも中国地方に入りました。何度も言いますけども
地元公演がないんで、やっと地元のような気がしてなりません。

さて、覚えている間にMC編レポいってみましょ~。
(少々長いです)

と、いいつつ・・・あんまり覚えてなかったりして。
でも今回は
「何だか調子出てきちゃったな」と小田さん自身が言ってるくらい
よく喋ってたように思います。

オープニングアニメの最後の曲グッバイで
場内から拍手が起こりました。私が今まで行った中では
初めてだったのでとってもいい感じ。

最初の曲「明日」が終わって、ちょっと長い拍手。
うん。長かったな。

「その日が来るまでと決めてスタートしたツアーは、
まもなく半ばを迎えようとしています。さらに気持ちを
強くもって最後まで駆け抜けていきたいと思います。
今日も楽しく明るく最後まで盛り上がっていきたいと思います。
よろしくお願いします」


最初の方の言葉はとっても強い言葉でした。

「今回私の顔を、生の歌を初めて聞くという人。・・・
あ~2割5分くらいですかね」


私から見るともっとたくさんいたように見えましたけどね。

サブステージに移動し、MC始めようとしてて
左腕だったのかな、袖口の糸がほつれていたようで
「えいっ」と糸をちぎってました。

「ずっと気になってたんだよね」と言ったように思います。
なにせ遠くで、その時はモニターにも映ってなかったのかな。
よく見えませんでしたが。

「広島っていうと必ずこの話を思い出すんですが、オフコースが
5人くらいだったころ、2人だったり3人だったり4人だったり・・
6人はなかったな。当時仕事があんまりなくて、広島駅前の
デパートの売り場で歌ってたことがあって、新幹線で日帰り
なんだけど。ほんの数曲歌って帰るみたいな。

パイプ椅子が30個くらいあったのかな、そこに2.3人お客さんが
座ってるんだけど、その中におばあちゃんがいてね、
たまたま通りかかったのか、わざわざ来てくれたか
聞いてみなかったからわかんないけど、一生懸命聞いてくれてね。

それから広島に来るたびにステージからおばあちゃん居ないかな、
って探すようになって。たびたびこの話をするもんだから、
亡くなったって聞いたんだけど・・・。

どうしても広島にくるとおばあちゃんの話しちゃうんですね。
そのおばあちゃんがご健在だったら、きっと好きだったんじゃないかな
って思う曲をやります。」


そう言って「たしかなこと」に入ります。
このおばあちゃんのお話は必ずと言っていいほど広島ではするみたい。
最後に「好きだったんじゃないかな」って言うとこが
小田さんらしい。

「最近はあんまり音楽を聞きませんが、若いころはよく聞きました。
僕の場合はあれこれ聞くんじゃなくて自分が好きな曲を繰り返し
聞いてました。今になっても聞きたい曲は新しい曲よりも
昔の曲が多いかな。自分は新しいアルバム出してるのにね。

この前たまたまCDショップに行ったときにポールサイモンの
新しいアルバム出してて、まだ書いてるんだ、なんて思ってて
ま、そのまま棚に戻しましたが。
ポールサイモンもきっと俺に聞いてもらいたいと思ってるんじゃないかな」


みたいな感じでした。

相変わらず会場内からは声援が飛んでいて、話の合間に
「はいはい」「え?なに?」「へへへ」とか
言ってました。

私の方面ではMCなかったので、遠くの方で何か言ってるな~
みたいに聞こえてきました。
かわいい
「何?若い?・・若作りしてるんだよ」

してるんだ!

「今回のアルバムは3年くらい前から作り始めてて
若いころみたいに1か月に5曲なんてもう作れないかな。
10曲ですから、二けただし立派なもんです。
いっぱい書けばいいってもんじゃないんだ。」


「去年の春先にマックスファクターのCMで依頼がきて、
最初に映像が出来上がってて見せてもらったんだけど
彼女、えっと何だっけ、ああ、綾瀬はるかちゃん。
なかなかユニークな子だよね。
もう梅雨が明けたって言ってるけど、若葉のころを歌います」


綾瀬はるかちゃんって広島出身だったんだよね、確か。
京都のように近かったらお教えしましたのに・・・。

確か出べそで稲Pと歌う前に昔の話をしていて
「あの頃の自分が隣り合わせ」というフレーズを思いついた
小田さん。一瞬立ち止まり「お、これいいかも」みたく
反応してて

「あの頃の自分が隣り合わせ、今思いついたけど
もしその歌詞が入った曲を作ったとしたら
ここで思いついたんだと思ってもらって。」


って言ってましたから、今後の新曲は要チェックですよ!皆さん!!

後半戦はどんどん歌います。ほぼ喋り無しです。

そして最後のhello helloはそれまで座ってたけど
全員立ち上がって聞きました。

そんな感じで長くなりましたので
次回に続きま~す!

ならでは、の仕事

私の大好きな・・・ちょっと特別な曲

東京の空

この曲がドラマの主題歌になると聞いたときのショック

大袈裟かもしれないけど


小田さんが聞けば

「何言ってんだよ」


と言われそうなんですが、私が一番辛いときに

頑張らないとな、って思わせてくれた曲

小田さん自身がクリ約で根性出して作った曲

TBSの阿部Pが初めて聞いて涙していた曲


その曲がしかもフジTVのドラマで、あの重たいテーマ

ドラマを見て、やっぱり違う、使ってほしくない

と改めて思ったのです。


が、


昨日やっとPRESSが届いて一番最初に読むBACK STAGE

私がこう思ってたことを知っていたかのように、吉田さんが

今回のことを含め、楽曲提供について書いてくれていました。


そっか・・・そうだよね

と、あっさり納得してしまいました。


ドラマの展開もこの先どうなっていくのかわかりませんが

最後は東京の空でよかったな、って思えるのかもしれません。


ファンにとっても大切な曲、ということもわかっている上で

この曲をお願いしたということですから

きっとダイジョウブだよね。

さ~てと

今夜は実家に夕飯を食べに帰ってきました。

で、今月の予定を母にしたらば


「あの人を歌を聴きにいくの?」

と、言う。

ま、そうなんですが・・・。


「そんな遠くに行くなら、泊まるでしょ~?そのチケット代

それぞれいるんでしょ~?交通費もいるわねぇ~」


と、呆れ顔


さすがに来月以降の予定を言う勇気がなく

知らぬ顔をしておりましたが・・・・

沖縄も行くつもりだったとも・・・言えねぇわな。。。


いよいよ明後日。

前回の京都から一か月も経ってないですが、

すっごく小田さんに会ってないように思います。


あっという間だったけど・・・。不思議。


今回は仲間達もたくさん集まるしすごく楽しみ。

それに・・・一応・・まあ地元エリアの開催だしね。

7月は忙しいぞ~♪

大阪の空

会社の行事で大阪日帰りツアーが企画されました(もちろん自腹


最初は会社のメンバーとなんてつまんないのかな、って思ってたんだけど

気ごころ知れた仲間との時間は、腹がよじれるほど笑い続け

あっという間に1日が終わってしまいました


グランビアで昼食のあとは夕方までフリータイム。

朝から飲み続けてた同僚はノックダウンで、

なんとヨドバシのソファーで2時間睡眠


家族思いの若手パパ達はルクアの下にできた

クリスピークリームドーナツの列に並び2箱買い。


自分思いの私はヨドバシで今欲しいと思っておる品物を物色。

買うことに決定しました、nanoriさん。

016_20110705224417.jpg


今日の大阪は暑かったの?もちろん地元より暑くて

これで節電でエアコンなかったら死ぬ~って言いながら

炎天下を歩き回りました。


大阪の空も今日は青く、高く澄んでいました。

017_20110705224417.jpg

海が好き

わたくし海が大好きなのでございます。

007_20110703162105.jpg

今日もビーチグラスを探しに行きました。
曇ってたから大丈夫かな、って思ってたけど
日焼けしちゃった~。

私の大好きな海は、ここんとこ砂浜の浸食がはげしく
この写真のようにドスンと落ちてるんです。

008_20110703162104.jpg

昔はもっと砂浜も広かったのに、今はすぐそこが
道路になっちゃった感じ。何だかとっても寂しい・・・。

今日は無風でベタベタの凪。
こんな日はジェット日和だな~と、昔のことを思い出す。
船免許は更新しなかったし、もう乗らないだろうな。

009_20110703162432.jpg

でも今年はまた海に来てみようと思った!
砂浜気持ちよす。

今日の海は『白兎(はくと)海岸』
鳥取では一番有名なのかな。夏は賑やかですよ。

今年はうさぎ年だから、NHKのゆく年くる年の中継もあった
白兎神社もここにあって、観光客も増えたのかな。

011_20110703162431.jpg

たまたま結婚式を終えたカップルが階段を下りてきました。

012_20110703162431.jpg

この暑いのに・・・チャレンジャーなカップル。
おめでとうございます。


お昼は近くの漁港で海鮮丼。

014_20110703162430.jpg

観光客相手だし、ちょっとボッタくりな値段でしたが
おいしゅうございました。

今日の収穫はこちら。貝殻も拾いました。

015_20110703162430.jpg

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。