プロフィール

うるとらK

Author:うるとらK
小田和正さんが大好きです。
冬はスキーヤー!夏はなんちゃってゴルファー!!
お気軽にコメントど~ぞ~♪

引越し前のブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/xbkwx785

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

大好きな君に

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テアトロン初日番外編

何にも珍道中ではなかったので、あえて番外編で失礼します♪


今回のテアトロンは高松駅からのシャトルバスが無くて、志度駅か駐車場か、の選択。車で行くことにしていた私は、初日ご一緒するkakoさんとまぁみさんをピックアップしてセシール駐車場に向かいました。


予約で満車との張り紙。もう一つの方はどうだったんだろう。駐車場に停めてシャトルバスに乗るという流れも順調で暑い以外は何のストレスも無く到着しました。


途中レンタサイクルであの坂道を登っている人がいて・・・自転車は引いてましたけど。帰りはビューっと降りられるからいいのか・・・。すさまじい体力です。


今回のチケットは譲っていただいたもの。この場に居られるだけありがたいと思わねば・・・・しかしステージ真横という位置関係で中央の大型スクリーンが全く見えない。横にある小さなモニターが双眼鏡でやっと見られる程度。


でも海も見えるし夕陽だって綺麗だろうからな!って言い聞かせつつ必至に小田さんを双眼鏡でおいました。


と、その時です!(オオゲサ)
会場を練り歩き始めたと思ったら、なんとわが軍に向かって来たではありませんか!通路よりの席だったのでもう1メートル以内の小田さん。


しかも何度も来てくれて(1回はダッシュで階段を駆け上がり一瞬で背中になりました)写真撮っていいよのときも来てくれたからもうドアップ写真いただきました~♪


宝物です。


その階段を上がって行く小田さんの行く手を阻むように飛び出してきた上の段に居たおばちゃん。しかも1度だけじゃなく2度も。小田さん転んだらど~すんだ!・・・そんな残念な人も居ました。


終演後アナウンスで規制退場にご協力を、と言ってましたが開演前に言わないから誰もそんなアナウンス聞きやしない。確かに出口も一つ、あの急激な坂道の階段、更には暗がり。安全なわけないし。


わが軍が停めたセシール駐車場行のバスは出口を出て坂道を下ります。それ以外の人達は登ります。これだけでも大違いだったと3人胸をなでおろしました。


さて打上げですわよ♪


四国では珍しくないのかもしれませんが、アオサの天ぷら。これがはまりまして・・・。食通のkakoさんお勧めの一品でした。
IMG_1887.jpg


香川は骨付き鳥が有名。ハサミが付いてきたのでジョキジョキ切りわけました。柔らかくて美味しかった♪
IMG_1888.jpg


翌朝ふと外を見たら雨が窓に当たっているではありませんか!2日目も参加予定のkakoさんまぁみさんも固まっておられましたが難なく雨もあがり涼しいね、と言ったのを訂正したいくらいの太陽が出てきました。


とりあえずうどんだよね、と駅前のチェーン店ぽかったですが、うどんをいただいてきました~。
IMG_1896.jpg


さあ帰ろうと2人と別れた直後に入電。2日目に参加予定のはるさんとゆきさんに偶然出会った、と。急遽Uターンして元にご挨拶に戻りました。


さて長々とテアトロン日記をお読みいただいてどーもどーも。
最後におまけ。


宿泊したホテルは激安でホントありがたかった。激安の秘密はこれかもね。17時以降じゃないと開かないフロント。シャッターが素敵だった(笑)
IMG_1895.jpg
スポンサーサイト

本日小田日和テアトロン1日目

やってまいりました~うどんの国へ。
IMG_1839.jpg


と、言うわけでテアトロン初日のみ行ってまいりました。車から降りるのもためらうような暑さ。小田さんが教えてくれましたが、どうやら「外出禁止令」が出ていたんだそうで。


しかしテアトロン入り口の広場にある旗はこのとおり(笑)
IMG_1842.jpg


ま、すぐそこが海なんで普通なんですけども・・・。旗はちゃんとテアトロン用なんですね。
IMG_1844.jpg


今回もこの階段を降りて会場に入ります。「降りるということは帰りは登るんですよね」と、ご一緒したkakoさんまぁみさんと話しつつ足元に注意しながら降りました。
IMG_1845.jpg

しかしセシール駐車場を利用したわが軍は帰りは更に下ることに♪非常に助かりました。


さて、ライブですが今回は興奮しすぎたのか内容をよく覚えておりません(いつもです)


開演した頃だったでしょうか。木下さんが通路を歩いてどこかに移動していました。全くコーラスにも参加してないのかな。


今回はアメンボみたいな形のものを飛ばしていて、どうやらそれがカメラになっていたらしく、空撮してましたよ。その映像はLife-Sizeとかで見せてくれるんでしょうか。

こいつが結構うるさくて、静かな曲とかで「ビーン」「ブーン」みたいな音が耳に付きました。


オープニングの曲が終わって出べそからステージに戻ってMC。あんまり覚えてませんがそこで外出禁止令の話をしていたように思います。


さて曲へいくか、的なタイミングで太陽が雲に隠れて一気に気温が下がったように感じて「あれ?涼しくね?」って小田さん。西日直撃の席に居た我らは非常に助かりました。


ここでついでに覚えてるMCを。

「西日が差してますが・・・西日っていうと嫌われる感じですが、僕は結構すきなんですよ」

「先週の札幌のライブに中学高校の先輩が来てくれたんですが、『二人』はすごくいいね、時代劇の情景が目に浮かぶようだよって言ってくれたんですが、え?って思ってしまいました」

「名古屋鉄道がずっと僕の既存の曲をつかってCMしてくれてましたが、今回は書き下ろしました。僕はツアーがあるごとにテアトロンには来てると思うんですが・・・ま、縁が無かったということですね」
(小田さんは毎回明治村に行っている映像が流れてそのあとのことでした)

「朝日新聞に載ってたんですが、夏目漱石が自分の作品に優劣をつけているということが書いてありましてね、あの夏目漱石でもこれは駄作だ、とか順番を付けていたっていうね・・・それだけです」

「また会おうぜ、と言いたいところですが、そう簡単に約束できない年齢になってきましたが、またいつか会えたらいいと思ってます」

こんな感じ。


っていうか今回はすごくご当地が面白かった。お約束の金毘羅さんにも奥ノ院まで制覇されましたよ。きっとLife-Sizeにも収録されるでしょう。そうかい?


会場に向かう道すがら、まぁみさんが「これやりたいねん」と言っていたので、『愛になる』の前奏ではやらせていただきました~。これ流行らしたい(笑)
IMG_1470.jpg


前回のテアトロンの時、小田さんが「提案があります!次の曲、1曲だけ写真撮影OK」と言った、あの企画をまたやってくれました♪


『前回すごく評判がよかったから今回もやりたいと思います!』と。曲はラブ突。
場内は騒然!私達は免疫があったので落ち着いて携帯を準備!とはいえ、ラブ突でやるとは思わなかった!!


まずは小田さんが真反対に居たのでずっと撮りたいと見ていた夕陽を撮影。そしてパノラマで全体を。
IMG_1848.jpg


私達の席ははじ~っこの方でしたが奇跡的に小田さんが近くまで来てくれて、通路側だったのも功を奏してかなりのサイズで小田さんの写真撮影できました。そしてカメラ性能の進化に驚き、感謝する私達なのでした。


これは終了間際。泣いているのではありません(笑)汗を拭いている小田さんです。
IMG_1881.jpg


流れはこんな感じです。セットリストは覚えてる訳もありませんが、和歌山とはちょいと違う感じでしたね。


「またたく・・・」の代わりに「もっと近くに」だったし、もう少し早かったらよかったんだけど、と「たそがれ」をアンコールで。


今回の印象は小田さんとても楽しそうだったんですが、ことあるごとに「さんっし!」「いくぞ~!」とか歌の間に入れて、客席をあおる感じと、自分もそれで奮い立たせてるっていうのは勘ぐりすぎだとは思いますが、なんとなくそう思いました。


アンコールは2回。最後に出べそでメンバーと共に挨拶をしたあとそのままそこから動きません。と思ったら花火が!結構な本数上がりました。


こうして小田さんの大好きなテアトロン初日があっという間に終了してしまったのであります。

和歌山珍道中

さてお約束の珍道中です。


和歌山という未開の地に車で行こうっていう無謀な行為に出たため、めちゃ早く家を出たのですが、非常にスムーズに進んだだめ驚くほど早く到着しガラガラの駐車場でツアトラに横づけし写真撮影などできちゃったわけです。
IMG_1612.jpg


小田友さん達も人が増える前に写真撮りたい、ということで続々と集まり、しまいにゃあちょっと離れたとこに置いてあったベンチをも動かしこんなことまで。
IMG_6027_2014070122131831d.jpg


駐車場から脱出するのにめちゃ時間かかる、と聞いていたので出口付近に停めて無事に5分くらいで脱出成功。


終演後、私は大学時代の友人が住む白浜町まで足を伸ばしました。こんなことでもない限り彼女のところに行くこともないだろうと、思い切って行ってきました。


彼女は陶芸やクラフトかごを作っている作家。学生時代から手先が器用で、工房を立ち上げるまでになりました。この写真は彼女の工房『さぼてんぽったー』からの景色です。
IMG_1646.jpg


到着した頃はもちろん真っ暗だったので朝見てこの景色に感動!
IMG_1645.jpg


白浜は既に夏真っ盛り。白い砂の海水浴場は人であふれていて車をチョイと停めるスキマもありませんでした。ここはちょっと離れた海。太平洋なんだな、と思いつつ撮影(日本海側の私)
IMG_1649.jpg


この日は地元のイベントに参加していた彼女。クラフトかご作りを体験させてもらえるということで私もお邪魔。私が作ったのは左側の赤い方。作った、と言っても半分以上は彼女が手ほどき(笑)初めてでもこれくらい綺麗に形になるから楽しいですよ~。
IMG_1652.jpg


今回、彼女にお土産でいただいたゴミ箱。ゴミ箱になって使えないよ~。もったいなくて。
IMG_1659.jpg


ビニールの荷造りテープで作ったカゴ。実家から野菜もらって帰るのにいいな、とお買い上げ。平べったいトレイはおまけしてもらっちゃった♪
IMG_1658.jpg


さわ、色々とありがとうね。


帰り道それでも和歌山らしいものを食べて帰ろうと思いたち、SAで和歌山ラーメン。どこがどう和歌山ラーメンなのか、という定義を知らぬまま食べているのでたいしたコメントなしです(笑)
IMG_1653.jpg


彼女からお土産にもらったジュース。とんでもなく美味しそうなのでしばらく冷蔵庫で熟成。
IMG_1656.jpg


実家の母には南高梅と梅うどん。旦那の弁当用の梅干し。
IMG_1660.jpg


と、まあそんなに珍道中じゃないですが無事に和歌山行ってきました。

無事・・・ではありましたが、さあ帰ろう、というときに鍵の電池が切れてドアも開かないエンジンもかからない、という惨事に遭遇しました。文明の利器というのは時として非常に心臓に悪いことも起きうるということで・・・。

何とかエンジンはかかり、途中のオートバックスで電池交換して事なきを得ました。ヤレヤレ・・・・・

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。