プロフィール

うるとらK

Author:うるとらK
小田和正さんが大好きです。
冬はスキーヤー!夏はなんちゃってゴルファー!!
お気軽にコメントど~ぞ~♪

引越し前のブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/xbkwx785

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

大好きな君に

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイシ2日目追記

本日放心日和・・・

 
そんな雨の日曜日(笑)


名古屋2日目の様子や感想などを少し。


今回の相方もnanoriさん。そして初代小田友といっても過言ではないくるみさん夫婦とご一緒しました。


ホテル隣接の名古屋と言えばのコメダで作戦会議後、オンステを申し込むため16時前に名古屋駅出発。ガイシ最寄駅に到着した頃には雨が・・・。


オンステの申し込みをしたあとは、とりあえずツアトラくんにご挨拶。雨も降ってたので小田さんに傘をかけてあげましたよ(笑)

IMG_2110_201408242313044cb.jpg


日本ガイシはキャパ7000くらいでしょうか。神戸ワールドと似たような感じでした。
IMG_2116.jpg


そして今回のお座席はまたもスタンド。そして正面ですらない上に、モニターはもちろん見えないわけで、更には8面スクリーンもドデカイスピーカーが邪魔していいところが全く見えず。。。


ここで悪態ついてもしゃあないですが、そろそろPRESSの恩恵にあずかりたいもんです。


しかし、私の大好きな小田さんの背中を見つめるにはいいポジション(負け惜しみ)


ピアノに座り右わきを締めて、だから少し右肩が下がった感じで歌う小田さんの背中をずっと見つめていました。

この背中ね。
IMG_1112.jpg


前の日にキノさんが音最高、ってFBであげてて期待してたんですが、これがまたホントにいい音。小田さんの声がズ~ンって響き、伸びて天井に当たって落ちてくる・・みたいな。


アルバムの曲も歌いこんできた、という感じが表れてきたように思えるほど、味が増してきたように思います。


何より今回は声。


ホールの音も良かったのかもしれないけど、すごくよかった。後半になればなるほどに。


最後に生まれくるを歌ってくれましたが、その座った時の地鳴りのような歓声と、前奏を聞いた人達の心からの拍手にきっと小田さんはグっときたんじゃないでしょうか。


出だしちょっと声が怪しかったように聞こえたのは私だけではないでしょう。声が絶好調だっただけに余計に目立ちました。


汚れっぱなしの心が洗われた3時間でした。


終演後は久しぶりにえりぷさんに会いました。こうしていつもは会えない小田友さんと遭遇できると、ああ、ツアーなんだなって実感します。


こうしてどんどんツアーは終わって行きます。
スポンサーサイト

小田日和in名古屋ガイシの巻

名古屋ガイシじゃなくて、日本ガイシが正式名称ですぞ(笑)


さて、いつものごとく記憶が抹消されるまでに書いておこう。


今ツアー初の2日目。何かサプライズなことがあるかもしれぬ、と期待しつつ・・・・


それではMCを中心に

オープニングのあと
・オフコースのas close as possibleのツアーでここでやりましたが、それがこのホールのこけら落としだったそうです。こけら落としっていうのはアルフィーがやるもんだと思ってました。

・では次の曲に・・・・秋も盛りを過ぎて・・・ん?あ、違う・・・夏も盛りを過ぎて・・・何を言ってんだか。ま、いつもこんな感じです。春の曲をやります。

・何を話そうか楽屋で色々と考えてて・・・最近は曲は注文があって書くってことが多くて、何も希望とか言われないままだったりすると、いや、言われてもムカっと思ったりしちゃうけど、でも提出して「え?」とか言われたらどうしようとか思うわけです。代案を作ってる訳じゃないし、期限ギリギリで出すし・・・っていうか聞いてねぇな。

(喋ってるあいだ声がかかるんですが、「小田さ~ん」とか。そこ聞いてねえな、と言ってまた続きを喋ってると、小田さんに向かって手を振ってる人見つけて、そこも聞いてねぇな、というやり取りで(笑))

・で、次に歌う曲ですが、先日東京体育館でやったときに主演の小出君が来てくれました。

二人を歌った後
・自分の曲でなんですが、この曲は難しいんでしっかり歌いたいんですが、ここに来なくちゃいけないんですよ。
(端から端まで歩きつつ移動)

mataneの前に
・ネイザンにどんな曲がいいんだって聞いたら「たしかなこと」みたいのがいいって言われて作った曲です。

ご当地の時だったかどっちか忘れましたが
・名鉄のために書きましたが、僕の中では明治村の曲です(この街)

アンコール
・as close as possibleのこけら落としの話を最初にしましたが、バンドがうまくいかなくなってこんなタイトルまで付けて立て直そうって思って、でもうまくいかなくて、それでも必死に話し合いをしたり、でもやっぱりだめで。でも今思えばバンドっていうのはダメになるものなんじゃないかな(笑)若いときの発言っていうのはね・・・

と言う流れで「もっと近くに」

後半で、「今のこと」のときだったかな
・うまく言えないけどとっても感謝しています

って言ってくれました。すごくボソって言った感じだったけどグっときました。


そしてとっても嬉しい言葉をもらったので皆さんにお伝えします。
・昨日までは次の約束がそう簡単にできなくなった、って言ってましたけど、今日、この瞬間、何か次も皆に会えそうな気がしてきました。

もうこんなに嬉しいことはありません。前の公演福岡で次の約束できないのところで小田さん泣いてたって聞いて、もう本当にやめること考えてるのかなって思っちゃったりしてて・・・


と、こんな感じでした。何となく伝わったかな。


「この街」を歌うときのどよめきはホントにすごかった。やっぱり地元で、名古屋の人にとっても名鉄は身近な存在だし。ずっと小田さんの曲を使ってきたから、小田さんを知らない人も、「あ、名鉄歌ってる人だ」とか覚えてるのかもね。


アンコール3曲歌って四方八方に挨拶をしたあと、小田さんがピアノに座りました。この時のどよめきも地鳴りのようで凄かったんです。皆もう終わりだよなって思ってたんだと思いますが。


で、「生まれくる子供たちのために」をやってくれたんですが、前奏で大きな拍手がわきました。


名古屋の人めちゃあったかい!そうそう、合唱率も高かったような気がします。


おまけ
私の第1位の曲「言葉にできない」について・・・前奏間違え・・・歌詞も間違えて止まり、でもそのまま続行されました(笑)ま、でもね、ガイシとっても音が良くて、だからかもしれないけど小田さんの声すっごくよく出てて最高の声だったのでヨシとします♪


長くなったのでこのへんで

後ろ姿

自分では見えない後ろ姿。


痩せてから鏡を見ることが多くなり(笑)


それでも背中の肉肉しさを確認し、太っていた頃はどんなに悲惨な姿だったのか、と・・・。


ま、それとこれとを同じ話題にするのもいかがなものかと思いますが


小田さんの背中が大好きなのです。
IMG_1112.jpg


これは先日テアトロンで撮影したもの。
IMG_1867.jpg


何より頭の形が最高に綺麗。


小田さん、立ち姿の姿勢もいいしね~。体幹がしっかりしているんだと思います。


後ろ姿、気を付けたいものです(笑)

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。