プロフィール

うるとらK

Author:うるとらK
小田和正さんが大好きです。
冬はスキーヤー!夏はなんちゃってゴルファー!!
お気軽にコメントど~ぞ~♪

引越し前のブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/xbkwx785

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

大好きな君に

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味噌

去年ふと思いつき実家の母が味噌を作ったそうで、試しにもらってみたら
これがまた美味しいお味噌汁が出来ました。

私が小さい頃はおばあちゃんが味噌樽に作るのを手伝ったりしてたし
その頃を思い出し本格的に作ろうよ!という話になった。

まずは味噌を入れるタッパー。
母は昔からTupperwareを愛用してて、ここのじゃないと上手に密閉できない!
と言いますもので、まずは容器を買うとこから始まりました。

そして本日、味噌作りをしてきました。

手順は

?大豆を煮る(蒸す)
前日から水に入れてふやかして、圧力鍋で柔らかく煮る。
昔はカマドで蒸篭で蒸してたような気がする。



?こうじをほぐして塩と混ぜ合わせておく。
こうじを触ると手がしっとりしてすごく綺麗になった気がする。
杜氏の人の手が綺麗だっていうのわかる気がする。



?蒸した大豆を餅つき機でつぶす。
でもマッシャーでつぶしたほうが綺麗につぶせたりして・・。
このつぶした大豆を食べるのが小さい頃は大好きだった。



?つぶした大豆とこうじと塩を混ぜ合わせる。



?大豆の煮汁を?に入れ混ぜる。



?ハンバーグのように空気を抜き、塩を引いた容器に叩きつけるように入れる。



?最後に塩でフタをして、ラップで密閉。



約三ヶ月(確か・・)寝かせて美味しいお味噌の出来上がり。

うちも大豆を作ってればいいんでしょうが、大豆はさすがに作ってなくて
お知り合いの方から分けてもらったそうです。こうじがまた割りと高額。
手間はかかるけど、作り方はそんなに難しくないし、自分で作ったっていう
安心感がある上に美味しい♪

出来上がりが楽しみであります!!
スポンサーサイト

<< 寒波   | ホーム | 潤子さんのライブ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。