プロフィール

うるとらK

Author:うるとらK
小田和正さんが大好きです。
冬はスキーヤー!夏はなんちゃってゴルファー!!
お気軽にコメントど~ぞ~♪

引越し前のブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/xbkwx785

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

大好きな君に

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田植え

今年は手伝うよ。

そうおかんに伝えていたのに
意地っ張りの親父は

「ちょっとだけだから大丈夫」

と、聞かない。

去年までは近所の(知り合いの)業者さんにお願いしてたんだけど
うちの田んぼはちっちゃすぎて、その業者さんが使う機械は大きすぎて
結局面倒なうえに、儲からないからなんだろう。

断られたそうだ。たった一枚なのに・・。

彼(業者)が町議会の選挙に出るときに一番に応援したのもうちの親父。
だからどうだってこともないけれど・・あまりにアッサリ断られたことに
腹が立っているに違いない。

で、
結局うちにある機械は乗用はないので、歩いて押す小さなタイプの田植え機を
70歳過ぎたジイさんが操って、何とか植え終わったそうな。
この機械は私が小学生のころからあるやつ。まだ動いたんだね。
ってか、よく30年近くも取ってあったものだ。

そもそも田植えは稲刈りより簡単で、植えるだけだから時間もそうかからない。
でも足場の悪い水田を若者が歩くのも困難なのに、機械を操り
よく頑張って植えたものだと感心する。

が、しかしその自信過剰な発言はおやめいただきたい。

「まだ5年は大丈夫」
そう言いながらコロの付いた椅子に座ろうとして、コロコロ椅子が動き
よろけて転びそうになる親父。

「稲刈りは手伝ってくれ」
と言われてるので、キャディさんの格好で張り切って手伝いに行こうと思っております。

だって・・・
美味しいお米をもらわないといけませんから(爆)

スポンサーサイト

<< お宝? | ホーム | 小田和正という生き方 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。