プロフィール

うるとらK

Author:うるとらK
小田和正さんが大好きです。
冬はスキーヤー!夏はなんちゃってゴルファー!!
お気軽にコメントど~ぞ~♪

引越し前のブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/xbkwx785

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

大好きな君に

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私も言いません。さよならは


今日ゲレンデで
『さよならは言わない』
が流れてきました。

とても心地よいメロディと声。
立ち止まって聴いてしまったではないか。。

で、
小田友仲間、くるみさん情報によると、そちらの地元のショップでは
小貫さんのインタビュー付きのチラシが配布されてたそうで・・・。
私が買ったショップにはなかった(と思う)ので送っていただきました。

ありがとう♪くるみさん!

小田さんのお話の中で

『・・・(略)混ざってるな。今回の曲は、いろんな旋律が混ざってる。さらに
晴れ渡ったこんな日は のとこはメロディとコードのラインが凄く懐かしくて
既にみんなのなかに 在る というようなものにしてあって、この場面で 
ここの景色、私知ってるって感じてもらえたら、作者の意図通りなんだけど(笑)』

はい。
懐かしさを感じてるトコは意図通りの人です。私。

最初は

「悲しみはやがて 消えることを知った
喜びはいつまでも 輝きつづけることも」

にすごく感動してはまっていたのですが、今は

「ずっと楽しかったね
あの頃 まわりのすべてが
やさしくいつも 僕らを
つつんでいるように思えて」

ここで既に何だか懐かしさを感じセピア色になっていきます。
(ドラマの影響もあると思いますが)

今の自分があるのは、いろんな失敗や挫折をしながらもここまで生きてきた歴史があるからで。。
その歴史は誰かに誇れるような素晴らしいものではないけれど、でもそれは自分が
築き上げてきたものだから、目をそらすわけにはいかない。

その時は楽しいなんて思えなかったことも、今なら楽しかったって思えるようなこと。
私の中では「さよならは言わない」という意味は、そういう思い出をなかったことにはしないよ
っていう感じでしょうか。この年齢になったからこそ思えてくることなのかもしれませんが。

スポンサーサイト

<< 余裕のない日々 | ホーム | 横浜市歌 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。