プロフィール

うるとらK

Author:うるとらK
小田和正さんが大好きです。
冬はスキーヤー!夏はなんちゃってゴルファー!!
お気軽にコメントど~ぞ~♪

引越し前のブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/xbkwx785

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

大好きな君に

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の手柄は捨てていく

小田さんが、とある取材で言った言葉です。ツアーパンフにも書いてあったかな。

繰り返されるライブの中で、日々状況は変わり、昨日こうだったから大丈夫だなんて
保障はどこにもない。だから昨日のことなんて何の助けにもなりゃしない、そして
今日は昨日を越えて行くんだ、ってこと。

61歳にもなったオヤジの発言です。どこまでもストイックなオヤジ。
こんなオヤジ小田さんが大好きな私です。

小田さんのとおり生きていこう、なんて思っていません。きっと志が違うから無理です。
でもこんなふうに考えたことがなかった私にとって「あ、そっか」って思う言葉が
小田さんにはたくさんあります。

選べる道は一つしかなかった

この言葉も「こう思えば少し楽になれる」と思ったのです。今の人生を後悔していないか、
他に道があったんじゃないか、夢を諦めた(放棄した)私にはいつもつきまとう疑問でした。

この言葉を聞いて、きっと小田さんの中では私のような後ろ向きの消去法ではなく、
夢を(音楽を)諦めないで続ける道を選んでよかったという意味だと思いますが。

小田さんにとって昨日の手柄は捨ててるかもしれないけど、それは確かな自信と実績になり、
昨日を超える糧となってるはずなのです。

そんな上司の下で働きたかったな。
そんな社長だったらな。
そんな部長だったら・・もっと会社のことを愛せたかもしれない。

働くことは生きることだと思っているけど、もしかしたらもっとやりがいを持って働けて
いたかもしれない。いや、昔はそんな社長だったから、歯を食いしばりながら泣きながら
頑張った時だってあったのに。。

いつの頃からか私は仕事にはやりがいを求めちゃいけない。生きるために働くんだ、
お金をもらうために、もらうからには一流の仕事しなくちゃいけない、そう思って
今の会社にしがみついてきました。

出る杭を打たれてきたから、こんな風にしか働くことを表現できないのかもしれません。

今は目先の手柄しか目に入らない人達に囲まれ、汚れ役を押し付けられる日々にうんざり。
何だか最近会社に行くのがとっても虚しい。

人のせいにしちゃいけない。小田さんだったらきっとそういう。でも、ごめん小田さん。
どうしようもないことだってあるんです。どうしようもない、って決め付けてないか?
小田さんならそう切り替えしてきてくれるかな。

ん。。。

ちょっと後ろ向きですね。負けるな私。
今年は小田さんにたくさん力をもらってきたんだから、くじけちゃいけない。

スポンサーサイト

<< NEXTのテーマ?僕等がいた | ホーム | 今日の空 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。