プロフィール

うるとらK

Author:うるとらK
小田和正さんが大好きです。
冬はスキーヤー!夏はなんちゃってゴルファー!!
お気軽にコメントど~ぞ~♪

引越し前のブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/xbkwx785

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

大好きな君に

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京セラドームへ!!

昨日の当選発表をドキドキで迎えたPRESS会員の皆様、きっと全員勝利だったのでは
ないでしょうか?おめでとうございます。

そんな私も無事、今度こそ千秋楽大阪京セラドームをゲットできました!

年末に向けてまた一つ楽しみができました。

今回のツアー前にはPRESSの会員じゃなかったので、チケット争奪にはとっても苦労
しました。PRESS会員だったらこんな苦労しないで、希望のとこ取れたんでしょうかね。。

初めてのPRESS先行で、なんだか少し小田さんに近づけた気分になってしまいました。
今回の小田さんのインタビューで最初からドームの可能性があったことを知ります。
でも小田さん自身は、皆から遠くなったり、音響が悪かったり、でずっと拒んでいたんだと。。

この手の話は数年前から他のインタビューやツアーパンフにも載ってます。
本当にファンのことを考えてくれてるんだな?って思うと同時に、私達の反応を
知りたいんだな、ってのに最近気づきます。特に小田さん世代の方々の反応。

「この人たちは何を求めてライブに来てるんだろう」と。

確かにそれは私も聞いてみたい気がします。
米子公演のとき、隣に居た女性は白髪で綺麗な身なりで、背筋を伸ばし、お一人で
いらしてました。オープニングではスタンディングで小田さんを迎えます。
(立たないと見えなかったのかもしれないけど)
小田さんと同年代か少し上だったと思いますが、ちょっとインタビューしてみたいと
思ったものです。

違う話ですが、先日NHKでB'zの特集やってました。思わず見てしまったんですが
「こだわり」と言う部分はすごいな?って思いました。お金もらって音楽を聴いてもらう
んだから当然だと言えばそうなんですが。自分たちの中で納得できなければ世に送り出す
作品になるはずもないのは当然。

喉をいたわるために真夏でも控え室の冷房を入れない稲葉さん。
聞く側からすれば聞いてないかもしれない8小節の間奏を何度もやり直す松本さん。
お二人とも40代。

そのこだわりは小田さんとかぶる部分でありますが、小田さんと、ではなくアーティストは
全てそうなのかもしれません。こんなに真剣に取り組んでくれてるんだから、我ら受け取り手
も真剣に、真っ直ぐに聴かないといけません(キッパリ)

ま、選ぶのは自由だし聴き方も自由なんですが。

なんだか支離滅裂になってきましたのでこのへんで。

12/20大阪京セラドーム参加の皆さんよろしくお願いしま?す♪

スポンサーサイト

<< 父と娘の往復書簡 | ホーム | 追いかけすぎでしょうか。。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。