プロフィール

うるとらK

Author:うるとらK
小田和正さんが大好きです。
冬はスキーヤー!夏はなんちゃってゴルファー!!
お気軽にコメントど~ぞ~♪

引越し前のブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/xbkwx785

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

大好きな君に

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TIME CAN'T WAIT?

ここからは掲載したものだけじゃ本にするには足りないから、以前に書いたものを付録で
付けちゃえということになった章となります。

足りないから、と言ったのは編集者でも誰でもなく、小田さん本人だったことを付け加えておきます。

カズちゃん
小さい頃は「カズちゃん」と呼ばれていたそうです。小学校に入ると「オダくん」と呼ばれ
『ボクはもうカズちゃんじゃない、これからはなんでもひとりでやらなくちゃいけないんだ』
こんな頃からこう思い小さな自立心を感じたんだそうです。スゴイです。ってか、この時点で
40代後半、小学校に入ったばかりの気持ちをこんなに明確に覚えている小田さんがスゴイと
単純に思ってしまいます。

バス通学で定期を持つことになる「オダくん」でも無くすといけないから、とヒモが付いて
いるのです。私もランドセルからヒモ付きの定期持ってました。そのヒモはゴムだったのですが。
このヒモが嫌いだった彼は「カズちゃん」から「オダくん」になったその誇りを傷つけられます。
そして絶対大丈夫と親に頼んでそのヒモを取ってもらうのですが、やはり落としてしまいまた
ヒモは復活することになります。

『定期のようにおかあさんにつながれていた「カズちゃん」は「オダくん」になってゆっくりと
そのヒモをほどいていった』

この行は好きですね?。可愛らしく成長していく様子が手に取るようにわかる気がします。

『今思うと女の子に「オダくん!」とか呼ばれるの懐かしいなぁ、よかったなぁ』

そういえば山本潤子さんも「小田君」って呼んでましたね。小田さんって呼びかけて
「ククっ」って笑ってた。

そして中学になって「オダァー」と呼び捨てにされていきます。
今は「小田さん」だね。スタッフも小田さんって呼んでるようですけど、「和正さん」
っては呼びにくいのかな。


二月二日
「トラどうした?」
この言葉がしばらく小田家では合言葉だった時期があったそうです。家で飼っていたネコの
具合が悪くなったときのことです。
小田さんが仙台に行ってる時ネコを飼い始めたそうです。愛想のないネコだったそうです。
食事と寒いときだけ人間とかかわっていたトラ。小田さんの学生時代からオフコースへの道を
見てきたはずだけど、お構いないだったにちがいない。

同じ頃ピンキーという犬を飼っていたそうです。仙台から久しぶりに帰ってきた小田さんを
商店街の向こう50メートル先に見つけ、駆け寄ってくるかと思えばその場で頭を低く下げ
耳を折りお尻を降りどうもこうも「信じられない!」という様子で足も前にでないほど興奮
するような、小田さんにとってとても可愛い愛犬だったようです。

小田さんのこの表現もすごい。そのピンキーが想像できてしまいますから。

小田さんは犬派でもネコ派でもないそうです。どちらでもいいらしいです。
今飼ってるんですかね??

スポンサーサイト

<< 追いかけすぎでしょうか。。 | ホーム | 空が高すぎる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。