プロフィール

うるとらK

Author:うるとらK
小田和正さんが大好きです。
冬はスキーヤー!夏はなんちゃってゴルファー!!
お気軽にコメントど~ぞ~♪

引越し前のブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/xbkwx785

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

大好きな君に

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDTVスペシャル

今日はめずらしくまともな(?)音楽番組がゴールデンタイムに放映されてます。

15周年なんだそうです。15年前私も振り返れば社会人になったばかりで、本当に色んなこと
があった15年間だったように思います。色んな出会い、別れ、楽しいこと、悲しいこと、
辛いこと、嬉しいこと。

色んなことがあったけど、今があるための試練だったのでしょうか。

小田さんは言います。
「いつの間に60年もの時が流れていったのか。でも振り返ってみるとこうして
数え切れないほどの出来事、人達そして音楽と出会うためには60年の月日がきっと
必要だったにちがいない」

そんなふうに私が60歳になったとき言えるのかな。

今、サザンが歌っています。お休み宣言をして最後のライブをやったあとの久しぶりのステージ。
とっても楽しそう。お客さんの前で歌うのが歌手冥利に尽きるんでしょうね。本当に嬉しそうに
歌う桑田さん。希望の轍を聞きながら駒沢を走っていた学生時代。懐かしい。。

きっといつかまた戻ってきてくれると思います。歌うことが大好きな人だから。

こういう音楽番組もいいですよね。その時代を音楽と供に振り返ることができて。
そんな中にも必ず小田さんは居ました。

そしていよいよ明後日小田さんに会いに行きます。8月に岡山に行った時よりは落ち着いています。
なんでだろ。

大阪城ホールだからきっと今まで小さなホールばっか行ってた私には、小田さんは小さく見える
はずだから客観的になってるのかな。ホールのときは手が届きそうな姿と、声。
語りかけるように一人ひとりの顔を見るように会場を見渡してた小田さん。

大きな会場でもきっと同じように見渡してくれるよね。ステージバックだけど。。

とりあえずファイナル。小さくても遠くても小田さんを目に焼き付けてきます。
声を耳に閉じ込めてきます。

さ、その前に仕事片付けなくちゃ。

スポンサーサイト

<< 今日もどこかで9月26日【その1】 | ホーム | 追いかけて・・・ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。