プロフィール

うるとらK

Author:うるとらK
小田和正さんが大好きです。
冬はスキーヤー!夏はなんちゃってゴルファー!!
お気軽にコメントど~ぞ~♪

引越し前のブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/xbkwx785

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

大好きな君に

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追いかけて・・・

クリスマスの約束を見て小田さんの大ファンだったことに気づき、その後ツアーやんないのかなって
思っていて、2007のクリ約でツアーに出ることを知り迷わず米子公演のチケットに応募。

そして無事に小田さんに再会できてからの私は、旦那も不思議になるくらい夢中になってしまいます。
会場で配られたチラシでPRESSのことを再確認。ホームページである程度は知ってたんですが。

今までどんなアーティストのファンクラブにも入ったことはありませんでしたが、あっさりPRESS会員に
なりました。そこでLIFE SIZEに出会い、小田さんの日常を知ります。なんてストイックな人なんだろう
なんて真面目な音楽好き少年(おっさんなんだろう)って感じたのであります。

そして、1998年に大きな交通事故をしたという事実を知ります。私の記憶には全くありません。
1998LIFE SIZEので小田さんの事故は確認しました。今回PRESSのバックナンバーでその当時のものを
取り寄せました。

号外の冒頭小田さんの言葉で手記が書かれています。この雨でこの運転じゃ危ないとわかっていても
止めない自分がいます。ハンドルがきかなくなり絶対ぶつかると思った次の瞬間には死んでるかも
しれない、と思ったんだそうです。

デスマッチに行く途中の事故だったそうですが、今でも写真を見ると本当に生きていることが
奇跡だったように思います。きっと後続の車が離れてたり、滑り具合がよかった、という色んな
幸運と神様とファンが守ってくれたのだと私は思います。

デスマッチのポロシャツに自分のシルエットをデザインした時点で自分が着ることは無いと
決まっていたんだと思う、とこの手記の題名は運命になっています。

事故後、少し後ろを走っていたというマネージャーの船越さんが、小田さんの車を見つけた
時の気持ちはどうだったんでしょう。夢なら覚めてくれ、とあの短い間にも願ったはず。
小田さん自身、フナが怖い顔をして降りてきた、と表現しています。
木下さんは警察官が制するのを振りきり、小田さんの車に走っていったそうだし、吉田さんは
ずっと病院でついていたそう。

その夜一人ぼっちになったら寂しいから誰か居てほしい、と思っていたけどデスマッチの
こともあったし「居てもしょうがないから帰れよ」と言った超強がりの小田さん。
吉田だけは何があっても残るだろう、ってのも思ってたそうですが。。結局病院から一人
残ってくださいって言われて夜通しの看病になったそうですが。

小田さん本人もこの事故で今まで積み上げられてきたものすべてに、リセットボタンが
押されたような気がします、と言ってます。生きてくれててよかった、とファンの皆から
言われて気づいた大切なこと。だから小田さんはファンをとっても大事にしてくれてるのかな。

その後、スタレビとのジョイントコンサートを9月12日に行っています。事故は7月22日だった
から、すごく早い復帰だったと思います。皆への感謝を早く伝えたかったんだと思います。
でもこのコンサート後はかなり辛かったようですね。

小田さんの事故は一人相撲だったからまだよかったけど、これが何台も巻き込むような
事故になっていたら・・・・。

小田さんじゃないけど皆さん本当に事故には気をつけましょう。私も車を運転するので
雨の日は特に、気をつけて運転するようにしています。

そんな小田さんにまた会うことが出来ます。9月26日大阪城へ。スタッフの中では大阪が
ラスト、って表現してるようですね。なんだかドームが追加になったから、まだまだ、って
思ってたんだけど一区切り、と位置づけてるようです。
大きな会場は小田さんのライブでは初めてですが、一生懸命小田さんを応援してきます。

待っててね、小田さん
(待ってないと思うケド)

スポンサーサイト

<< CDTVスペシャル | ホーム | happy birthday >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。