プロフィール

うるとらK

Author:うるとらK
小田和正さんが大好きです。
冬はスキーヤー!夏はなんちゃってゴルファー!!
お気軽にコメントど~ぞ~♪

引越し前のブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/xbkwx785

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

大好きな君に

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もどこかで2008in岡山市民会館♪その2

イメージ 1

はい、続きです。

ご当地紀行は地元民でもないしあんまり期待していませんでしたが、何のことはない小田さんの
相変わらずの毒舌で大爆笑でした。面白かったとこを挙げてみます。

人の少ない表町アーケード街を進み、ブランドショップを見つけると「岡山にこんなブランドが
必要なんでしょうか」と毒舌開始。「その理由がわかりました、天満屋の息がかかりまくって
おります」その先のさびれた感じのとこを歩きながら「天満屋さん、こちらも何とかしてあげて
ください」(爆)

その後天満屋ハッピータウン(スーパー?)に行った小田さん。「なんと言うことでしょう」に
続く言葉は「なんと臨時休業です!」駐車場に車がない時点で気づきましょう!
この店の近くに住む姉に聞いたら「その日は年に数回の棚卸しの日だったみたいよ」と姉まで
爆笑。お疲れ様でした、小田さん。

星野さんと仲良しだから絶対倉敷は行くんだろうな?と思っていたらやっぱり倉敷へ。岡山市内から
30?40分くらいかかります。あ、高速ならすぐだね。美観地区にある星野仙一記念館に行くと
毒舌開始であります。印刷した色紙が売ってあって「印刷かよ?横着しないで自分で書きなさい」
といいたい放題。2階は500円の入場料と取るそうで(払ったかどうかは知らない)入った瞬間
「これで500円かよ?」と更に毒舌が開始されようとしたその時、なんと館長さんが挨拶に来て
しかも案内なんてされちゃったもんだからシ?ンとなる小田さん。

鷲羽山ハイランドでは長?い階段を登り、「お金を取っておきながらこんな階段を登らせるなんて
どうなんでしょうか、でも私は金比羅山を登ったのでこんなのへっちゃらであります」とハアハア
言いながら階段を上がります。着いた先にバンジージャンプがあったんだけど、悪天候なのか平日
やってないのか「な?んだ、バンジーできないじゃ?ん。残念だな?」と全くやる気もないのに
楽しそう。。

そんなご当地紀行でした。知らない土地だったけど大爆笑してしまった。。相変わらずの
ジジババ発言もありました。

後半は小田さんと稲Pが向いあってのギター演奏から始まりました。メチャかっこよかった。。
NEXTのテーマとYes-Yes-Yesはオフコース時代の曲で大好きな曲です。さよならには色々あった
んですよ、と風うたのDVDでも言ってましたが、さよならも確かにいい曲なんですが、私は
何となく選びません。最近大好きな夏の日も歌ってくれました。サビのコード進行が大好きです。

何だかうろ覚えですみません。

ラブ突とキラキラで会場乱入かな?って思ってました。スタッフの人も小田さんの動きに合わせて
移動してたりしたので、絶対ある、と確信していました。事実小田さん何度も降りられそうなとこ
見てたし。でも会場を見ると本当に狭くて小さいから無理なのは私もわかっていました。小田さんも
わかってたんだと思います。もし来てくれたら通路に近いから至近距離で見られると思ってたんだけど。
アンコールのときもスタッフが同じ動きをしたので、もしや、と思ったけどありませんでした。
いつも激走してる小田さんのイメージですが、激走するとあっという間に端っこに行ってしまうので
走ることさえできない状況だったのに、短い距離でも走っていました。そしてスクリーンの前にあがって
高いところから皆に手を振っていました。

後半のピアノは風のようにうたが流れていた、からだったかな。。今一番大好きな曲です。

出会いも別れも知らぬままに、流れる歌を聴いていた
慰められて、励まされて、そして夢を見た

涙がまたもや出そうになります。よかった、本当にきてよかった。とどめに東京の空の伴奏が
始まります。い、いかん、小田さん。私はこれを聞くと泣くんじゃ?!!

がんばっても、がんばってもうまくゆかない
でも気づかないところで誰かがきっと見てる

泣かされました。小田さん。
どうしたらこんなに心に刺さる曲が書けるのでしょう。きっと声が伴うからだと思っています。
こんな切なく、綺麗に歌われてしまったら泣く以外のなにがありましょう(言いすぎ)

いよいよ終盤。

小田さんが話します。どこの会場でも言ってると思いますが。
「簡単にじゃあまた、って言えなくなってきました。でもこうしてみんなの喜ぶ顔を見てると
またたくさんの人に会えるように、魚介類たくさん食べて(笑)健康に気をつけて頑張ります」
(と、言ったように思います)
「そんな願いを込めてダイジョウブを歌います」

あ の え?がお を みせて♪

と出だしアカペラです。その透き通る声がたまらない。また涙がたまります。そして歌が終わる頃には
洪水となって顔を流れていきました。
小田さんの顔は「ダイジョウブ、きっとまた会えるから皆そんな顔するなよ、な」って言ってる
ように見えました。

アンコールでまたたく星に願いを、では会場が一体になって手を振るところが見たかったのに
なにせ箱のような席だったので視界不良で全体は見えませんでしたが、大盛り上がりでした。
ステージも狭いのでメンバーも暴れることができません。袖に移動するのがやっとでしょうか。
Yes-Yes-Yesでは黒いTシャツ着たスタッフが裏マイクじゃないけど、ステージの端っこのほうで
6.7人コーラスしてましたね。ツアースタッフなのかプロモーター系か。。別の曲のとき
小田さんと稲Pがエレキ(?)だったときアコギ(?)で弾いてた子も居たな?。

君住む街へ
に差し掛かると、ああ、ライブも終わりだな?と思います。オフコース時代は1フレーズごとに
メンバーで回し歌いしてたんですってね。私は小田さんが1人で歌ってるのが大好きです。
歌詞が出てこないフレーズがあったから、小田さんもしや泣いてるの?って思ったけど何のことはない
1番と2番の歌詞がごっちゃになってて出てこなかっただけだったんですね。

今回は歌詞間違いに私は気づきませんでしたが、こんな感じで何回か歌詞が出てこないトコが
ありました。でもそれは小田さんらしくておちゃめで好きです。あ、間違えちゃったとテレながら
歌いなおすのも好きですけど。

なんだかうろ覚えのままですが、岡山はこんな感じでした。米子に比べると小田さんが落ち着いて
たような気がします。なんせ米子はホールバージョン1発目だったしライブ自体も3回目だった
せいもあると思いますが、MCも淡々としてたように思いました。

最後に必死に手を振りました。皆が普通に降ってる中私は指をさし(小田さんよくやるやつ)
手を振ったとき、一瞬目が合ったような気がして私のほうを見て手を振ってくれました。
(そう願いたい)

小田さん、本当にありがとう。何度もありがとうを言ってくれた小田さん。お礼はこっちが
言いたいのに。。また小田さんに会いたい。

ん?そういえば会います。
京都音楽博覧会で。今のトコ無条件でとれるチケットはこれしかない!
ちょうど京都に遊びに行く予定だったので、思い切って行ってきます。
これでは終われません。
大阪も行くつもりです。が、チケットはどうするんでしょうか(小田さん風に)

長々と読んでいただいてありがとうございました。
初レポなのでこんなことでスミマセン。

スポンサーサイト

<< 今日もどこかで2008in岡山市民会館♪追記 | ホーム | 今日もどこかで2008in岡山市民会館♪ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。