プロフィール

うるとらK

Author:うるとらK
小田和正さんが大好きです。
冬はスキーヤー!夏はなんちゃってゴルファー!!
お気軽にコメントど~ぞ~♪

引越し前のブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/xbkwx785

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

大好きな君に

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスケット

小学校から大学までバスケットをしていました。運がよかったのか自分達の実力なのかそれぞれに
素晴らしい成績を残せました(たいしたことはない。。)

バスケットを始めたきっかけは、小学校4年生からクラブに入ることになっててそれからだったんですが
あのお年頃なので、友達に合わせてやりたくもない卓球クラブの希望を書いてしまったのですな。すると
当時卓球が流行ってて定員一杯、先生から「バスケ少ないし行かないか?」って言われたのです。
実は私はバスケやってみたかったので即答しました。
今思えばあのときが一番最初の進路を決める自分の意思だったようにおもいます。

小学校はたいしたことありませんでしたが、上手くなりたい気持ちはすごくありました。気持ちばかり
先にたって何もかもうまくかみ合いませんでした。それでも体格はいいほうだったので、中学から大学
まで1年生からレギュラーでした。ユニフォームをもらえなかったことがありません。

一番心に残ってるのは県の高校総体で優勝したあの決勝戦です。ここにたどり着くまで色々なことが
ありました。練習嫌いの私。練習したい子と対立しました。テスト期間中くらい練習は個人練習に
しようっていうだけの対立だったけど。
大会前はレギュラーじゃない子達から「朝練しよう」と言ってくれて普段の朝練はシュート練習だけ
なのにその1週間はゲーム方式でフォーメーションの確認をしたりしました。この子達のためにも
私らが頑張らないと、と心から思いました。チームってこういうことなんだ、仲間を思いやるって
こういうことなんだ、って初めて思いました。

一番自分がプレー的に成長したのは大学時代でした。バスケの考え方が同じ先生が監督だったので
とてもやりやすかったのもありました。でもさすがに全国から上手い選手が集まってくるので2年生
のときはレギュラーから外され、試合にも数分間しか出られない時期がありました。この頃は本当に
悩んで、バスケを辞めようと思ったこともありました。でも、自分に何ができるか必死に考えました。
バスケは本当に大好きだったし、バスケが無かったら大学にも来られなかったし、何よりたくさんの
仲間に出会えなかったし。辞めようにも辞められない自分にも気づいていたのです。

それからは必死に走りました。ボールに触れなくてもできることがある。ゲームの流れを作ることが
できる。走って走って・・そして認められました。レギュラーに復活しました。自分の気持ち一つ
だったのかもしれません。

昔から頑張らなくても何でも出来てしまった私。それにあぐらをかいていた私。
頑張れる何かがあることはとても幸せなことなのに。そのときには気づかないものです。

4年の時には副キャプテン、ゲームキャプテンをつとめ、リーグでは最優秀選手賞ももらって
代々木第二体育館で表彰もしてもらいました。頑張ってきた自分がそこに居ました。

学校の先生だった親は多分バスケなんかやんないで勉強して欲しかったんだと思います。だからか
どうかわかりませんが、当時試合には1回来たかどうかです。今ほど保護者会っていう時代でも
なかったし。母に試合の結果を電話で報告したのは高校総体で優勝したとき、1回だけです。
それでも嫌な顔を少しして大学に行かせてくれた両親には感謝です。

そして何よりの宝はバスケを通して出会った仲間です。高校時代の仲間は今でも地元で会います。
大学時代の仲間は全国各地に散らばっていますが、1年に1回くらいは会うようにしています。
小田さんも言ってます。大事なのは、どれだけの思い出と仲間を作れたか、ということに
尽きると思います。

本当は今もバスケやりたいんだけど、膝を怪我してからは遠ざかっています。
先日大学の先輩に会ったとき、この先輩はまだバスケやってるんだけどボールを持ってて
道路でパスをしました。めっちゃ楽しかった。「先輩、パスなのにめちゃくちゃ楽しい!」
と言った私にバカうけでした。

スポンサーサイト

<< 風のようにうたが流れていた | ホーム | 続けるっていうこと >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。