プロフィール

うるとらK

Author:うるとらK
小田和正さんが大好きです。
冬はスキーヤー!夏はなんちゃってゴルファー!!
お気軽にコメントど~ぞ~♪

引越し前のブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/xbkwx785

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

大好きな君に

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜アリーナ2日目

いよいよ最終日。最後の最後。
これで本当に終わっちゃうんだ。そう思ったら何だか泣けてきちゃって。なのでオープニングのアニメから泣きそうで困っちゃった。


そんなわけで鉄は熱いうちに打て!ということで2日目千秋楽のレポ早速いってみましょう。


とか何とか言っちゃって記憶が薄くて明日の後何を言ったか覚えてないんですが、とりあえず最後の日がやってきた、みたいなことを言ってたように思います。


んなわけで、この日は小田さんをしっかり見よう、というのがテーマだったのであんまり覚えてないですが、薄い記憶を箇条書きで。


・メンバー紹介の前に
「僕は携帯の待ち受け画面はランダムに画像が出てくるようにしてるんですけど、さっき直前に見たときにバンドの連中がイラストで集合してるやつが出てきまして、普段あんまり出てこないのに嬉しかったですね」
と言って紹介開始。


・金原さんが、栗ちゃんがやってるようにグッズのキーホルダーをブレスレットみたくしてて、それをカメラに向けてドヤ顔してました。それを見て小田さんが
「度肝を抜かれました」
と言ってました。


・新しいアルバムから・・・と言ってもそんなに新しくないか・・・あ、でも4月だからまだ6か月くらいしか経ってないですから、新しいですよね。その中から『誰もどんな・・・ことも』をやります。


・昔ツアーやってて、その会場が前の日財津がやってたらしく楽屋にメッセージが残してあると聞いて探してみたら、スタンドの傘あるでしょ、あれに何だか書いてありましたね。何が書いてあったか全く覚えてませんけど。きっとくだらないことだったんでしょう。

・前回のツアーのとき、財津が京都で同じホテルにまた財津が前日泊まってたらしくて、何の用事で泊まってたのかは知らんけれどもね。手紙を預かってます、って手紙をもらいましたね。(財津さんに曲を提供した時のやつですね)今の若い人ならメールで連絡とってじゃあ飲みに行こうかみたいな感じなんだろうけど、俺らはそんなことはないね。手紙もなかなかいいもんです。


・僕は柿が好きでね。でも柿って渋柿があるじゃないですか。あれ食べたら口の中大変なことになっちゃうよね。で、うちの近所にも柿の木があって、それは渋柿なのかどうか知らないんだけど・・・カラスは渋柿食べないんだってね。俺は知らないんだけど、ま、特にそれを解決したいとも思わない・・・いい加減な奴なんですけど。知ってる人いる?あ、そうですか。食わないそうです。解決しました。


・先日オールナイトニッポンに出演しまして、(あ・・どうもどうも。)で、坂崎が読んでたんだけど、リスナーからの質問みたいなやつに『小田さんはライブ中若い女性の掛け声に反応しているようですが、私も若い声を出せば反応してもらえるんでしょうか』ってね。気持ち悪いからやめてください(マジめに言ってました)。ってかそんなこと全くありませんよ。まあ体が勝手に反応してたら僕にはわかりませんけど。



8ミリの話とかあったんですけど、内容あんまり覚えてないんですよね。でも小さい頃8ミリがあったそうなんで(音のないやつ)、小田さんがチビっ子の時にあったって、やっぱりすごいな~。


日替わりコーナーで、
「昨日は秋の気配をやったんですが今日は違う曲をね。僕は中学から大学までずっと日記をつけてて、もう意地になって書いてましたね。で、初めてオリジナルの曲を作ることになったときに、この日記から何か歌詞になりそうな言葉は無いかと探して、出来上がった曲を初心に戻って歌ってみたいと思います。え?秋の気配も聞きたい。あ、じゃあ特別にやりますか。先にやるか。あ、まあいいか。キーを少し下げてますけど、知ってる人は一緒に歌ってください。」

と、演奏を始めるも小田さんのギターの音がスピーカーに出なくて、何度も調整しても出ないから
「じゃあ稲Pのギターだけでやろう。」と言って「せっかくだから立ちますか」と立って僕の贈り物を歌います。引き続き音が出るようになったギターで秋の気配を1番だけサービス!


優しい雨ではあのドームで降ったキラキラが!
実は1日目私の席のとこに1枚落っこちてたんです。このキラキラ。あれ?って思ったんですがこの日は何もなく・・・最終日に温存してあったのか!って感じです。とってもキラキラしてて綺麗だったですね。自転車も乗る?みたいな乗りでしたが、それはありませんでしたね、さすがに。


今日のYes-Noも超ノリノリ(死後ですか?)
この日の席は小田さんが居る方だったから目の前でマイクパフォーマンス。曲に入る直前の場面で
「園山~!いけ~!」と、小田さん叫びます。もうそれはそれは超嬉しそうに!


東京の空のあとの拍手がまたすごかった!神戸もエコパもここで泣いたから、また小田さん泣く?って思ったけど、今日は最初からすごく淡々としていて、「まだ終わってませんから」と笑いを取るくらい。


最後のメンバー紹介のとき、園山さんの次に
「ツアースタッフ達にも大きな拍手を」
と小田さんが言って本当に大きな拍手が起こりました。そしてもちろん最後は「小田 和正でした」と静かに言われました。


アンコールは1日目とまた少し違って最後に出ましたよ。あれが。

ムーンライトセレナーデ
またたく星に願いを
言葉にできない
Yes-Yes-Yes
いつもいつも

マイホームタウン
君のこと


言葉にできないの前に
「アルバムを出すと最後のアルバムだとか、ツアーをやれば今回が最後のツアーと言われるんですが、今回のツアーで何となくそれが分かった気がします。私は、まだまだ頑張って良いですか?」に会場から大きな声援が。もちろんですとも。


何だかとってもあっさりしたライブでした。それはきっと小田さんが今日は絶対に泣かないで終わるんだと決めていたからなのかな。


拍手を遮るように始める弾き語りは、その拍手が終わるのを待っていると、きっと泣いてしまうから?そんな風に私は思えてしまったのです。


君のことの前だったかな。
「本当は今日今後の予定を発表する予定だったんですけど、下手なこと言ってまた変更とかになっちゃったら大変だから、今日は控えますが、きっとみんなの気持ちをもって東北に行ってきます。」と言ってました。


この日の小田さんの声は私が行った13公演の中で一番よかったと思います。サックスを吹いた後はいつも辛そうに見えたけど、今回の声はそんなことも感じさせないくらい、本当によく出ていて、まだまだ歌えそうなくらいどこまでも高く横アリに響き渡っていました。


君のことを歌って、そのあと何かまたやってくれるのかな、と期待したものの
「また会おうぜ!」
を言って小走りにステージを降りていきました。


前回のドームのときのようにスタッフの胴上げやらもなかったし、サイリウムもないし、とってもあっさりと終わりました。
まだ終わってない、東北が残ってるんだ、という気持ちが小田さんからあふれ出ていたように感じました。


こんな感じの2日目でしたが、うまく伝わったかな。


長くなりましたがお付き合いありがとうございました。もうレポ書くことないんだ、と思ったらホっとしたようなさみしいような・・・。


が、しかし!まだまだ続きます!
もちろん珍道中編を書かなければ、小田さんのツアーは終わりません。
しつこく【続く!】
スポンサーサイト

<< 横浜アリーナ【珍道中編 その1】 | ホーム | 横浜アリーナ1日目 >>


コメント

ファイナルにしてはあっさりだったようですが、やっぱりこれをファイナルと位置づけしたくないので特別なことはしなかったんじゃないかな?

今後の予定を発表する予定だったって気になりますねぇ~
もう大方決まってるってことですよね。

毎回毎回、臨場感あふれるライブレポ、ありがとうございました!
珍道中編も含めて半年間楽しく読ませていただきましたが、これで(取りあえず)終わりだと思うと寂しいです。

準決勝があんなだったから決勝はどうなっちゃうんだろう?と思ってましたが、そうですね、思いの外あっさりでしたね。
なんか8月の横アリ2日目の方が、最後にサプライズでラブ突を一人で歌いきってくれたりしてファイナルぽかったなぁ…なんて、終了直後には思いましたが…。
あえてあっさり終わらせた、そんな小田さんの想いもやっぱり伝わってきて、うるとらKさんの文章、うんうん、そうだよねと、何度も頷きながら読みました。

またご一緒できる日を楽しみにしています。
その日が来るまで、いろいろと頑張りましょうね♪

Re: タイトルなし

けーすけさん
そうなんですよ。ホントあっさりしてました。小田さん自身は最終日とは言ってたんですけどね。この日を涙で終わりたくなかったんでしょうね。
ここで発表するというのがもしかしたら最終日のサプライズだったのかもしれませんが・・・まあ色々難しいことがあるんでしょう。楽しみに待ってようと思います。

Re: タイトルなし

トットナムさん
kakoさんみたいにうまくレポできませんが、思いのままに書いてるだけなのに、お礼なんて・・こちらこそいつも読んでいただいてありがとうございます!
どっちかというの最近は珍道中編のネタ探しに明け暮れているような・・・いやいや、そんなことはありませんが、「感動より爆笑を」合言葉に書いております(笑)

私達が決勝戦に期待しすぎていたのかもしれません。きっと小田さんの涙を。
冷静に振り返ってみれば小田さんの声は今ツアー最高だったと私は思うし、いつもじゃやらない優しい雨のキラキラも降らせてくれたし・・小田さんらしい最終日だったと言わなきゃいけないのかもしれないですね。

きっとまたご一緒できる日が来ると思います。
その日が来るまで!

また会おうぜ!!デス

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。