プロフィール

うるとらK

Author:うるとらK
小田和正さんが大好きです。
冬はスキーヤー!夏はなんちゃってゴルファー!!
お気軽にコメントど~ぞ~♪

引越し前のブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/xbkwx785

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

大好きな君に

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どーもどーもファイナル赤レンガ

行ってまいりましたよ。赤レンガ。終わっちゃいましたね。

007_20120528220057.jpg


とりあえず今回は順を追ってレポしてみたいと思います。


オープニング映像のいつもより早い時間帯に登場したメンバーと小田さん。どちらが上手で下手かわかりませんが、私が居た南ブロック側から出てきました。


映像が終わると同時に「やってまいりました○○です」とご当地紀行で回った東北各地の地名を言ってるシーンが映し出され、そのあと小田さんの顔がパンと映り、「やってまいりました横浜であります」と言ったかどうかは忘れましたがそんな感じで始まります。


いつもはいきなり曲から始まりましたが、MCからのスタートです。
「去年5月に長野をスタートしたこのツアーも、今日地元横浜でファイナルであります」
「どっち向いて話せばいいかわかりません」と、どの場面で言ったか忘れましたが、いつものようにヘヘって言ってました。


ファイナルだからと気負ってる風でもなく、いつもどおりのスタートに見えました。


オープニングは「明日」ではなく「グッバイ」。いきなり後半?と勘違いしそうなくらい、このツアー何度も聞かせてもらっちゃったな。
もちろん今までと同じく稲Pと向い合ってギターをかつぎます。この曲かな、とりあえず歌詞間違えます。回るステージに慣れないからか、きっと顔を上げたときに歌詞のモニターが目の前に無かったんでしょうね。ペロっと舌をだしたような・・・。


「とりあえず間違えたら笑うことにしております」とどのタイミングで言ったか忘れましたが、そう言って笑ってます。


構成は基本は今までが軸だけど、全く違うと言ってもいいかもしれないですね。どーものアルバムの曲は少なかったです。元々セットリストなど覚えておりませんが、君のこと・若葉の人・誰もどんなことも・さよならは言わない はやらなかったような気がします。


ラブ突で客席に突入したあともみくちゃにされて「無謀でした」と笑ってる小田さん。無謀とわかっていても、Yes-Noでも突入する小田さんが潔い!


MCは少なかったように思います。出ベソコーナー無かったし。覚えてるMCを。


「大昔野外ライブをやったことがあって(ちゃんと会場の名前も言ってました)、その時も雨が降っていました。ちなみにそのライブに来たことがあるという人?(割と手が上がる)ま、30年も前の話しですが。その時も雨が降りまして・・・。
今みたいにそういう時にカッパを着るという習慣がなくて、皆降ってくると傘をさすんですよ。ってことは手が塞がるから拍手が小さいんですよね。
で、もうやるもんか、と思ってましたが2000年に八景島でも野外ライブやって、これもまた雨が降ってしまったんですが、とっても楽しかったので今回もここ地元横浜でやらせてもらいました。」

「向こう行っちゃうとこっちは全く見えないし申し訳ないですが、一生懸命走りますから、見えないときは想像して聞いてください」

「ずっと楽器を持って演奏してきて、持ってるとここ、って時に力が入ったり、割といいんですけど、今日は手ぶらで歌ってみようと思います」と『たしかなこと』を。


ツアーではやらなかった曲、『Re』。前回のツアーでもこの時期らしい曲を、とこの曲やりましたよね。

この場所でやりたかった、と『青い空』そしてまた間違えてやり直し。
「前奏から歌に入るところの転調が難しいんですよ」と失敗の言い訳してるところがかわいい。
この曲は空の綺麗な映像と共に演奏しました。


そして夕暮れ時の「たそがれ」はもう言葉にもならないくらい素敵でした。私の席からは遠くに見えるだけですが、モニターに映る小田さんとそのバックの空がほんのりオレンジでめちゃくちゃよかったです。


『その日が来るまで』のとき、東北ツアーでは新曲を書きました、とMCを入れてましたが何も話さず入ります。でもモニターに小田さん直筆の曲名が映し出されました。


ご当地紀行は東北ツアーの総集編。全部ギルドのさちゅうさんが持って行きました。小田さん達がいつ出てきたかも見逃すくらいの大爆笑でした。


で、いつもの会場の皆と一緒に歌い倒そう、がVTRで無くて「ないのかな~」って思ってたら
「今日は生でやります」と小田さんが映し出されて、小田さんの生演奏で皆でふるさとを歌いました。


そうそう、私の席から自転車が見えました。もしや?と思っていたらキラキラの最後に「行くぞ~!!」とあの狭い花道を激走。今朝目覚ましで見たら、顔は結構真剣でしたよね。そりゃ集中してなきゃ落ちるでしょ。ちなみに私のとこからみえていたチャリは予備だったのか、使うことはありませんでした。


『優しい雨』のときにさすがにキラキラは降ってこないだろうと思っていたら、代わりにしゃぼん玉が降ってきました。割と吹き出し口の風向きのいい場所にいたんで、しまいにゃあ雨のように降ってきました。


Yes-Noのときドームでやった「バン!」と花火じゃないけど爆竹?これがまたすごくよかった!


本編の最後に『MY HOME TOWN』あのイントロが始まると全く地元でも何でもない私でもグっとくるものがあります。僕らの好きだった・・・の僕らがいいですよね。



アンコールは1回だけ。出入りが遠いから時間のこともあったと思いますが3回分くらいのボリューム。

『またたく星に願いを』
『ダイジョウブ』
『Yes-Yes-Yes』(最後の最後「つれてゆくよ~」を上いきました!)
『言葉にできない』
『その日が来るまで』「皆はあんまり覚えてないかもしれないけどスタッフが歌いますから、一緒に歌ってください」

ここでサイリウム発火です。モニターに「今です」だったか忘れましたが、皆ちゃんと発光を待ってたのに、すでにそのスタッフ達は発光してました・・・


041_20120528221421.jpg


そしてサイリウムを振りながら会場の皆でその日が来るまでを合唱しました。


曲が終わって「いやぁ・・・びっくりしました。みんなありがとう」そう言って次の曲の前奏へ。
『生まれ来る子供たちのために』


終りかな、と思ったら
「さっき皆で歌ってくれた『その日が来るまで』がとってもよかったから、もう一回やらせてください。その赤いのはもう降らなくていいですから」ともう一度『その日が来るまで』
これでホントに終り。


花道を下がっていくとき、小田さんはマイクを持っていてホントに気に入ってたようで「君がすき・・・君がすき・・」と歌いながら歩きます。するとまた皆が歌い始めます。


でもホントにこれで終り。先頭を歩いていた小田さんはメンバーを先に進ませて、小田さんは一番最後に花道を降りていきました。


とりあえず私が覚えてることすべて書いてみました。


もちろんこれで終わりませんよ!続く!!
スポンサーサイト

<< どーもどーもファイナル赤レンガ【感想編】 | ホーム | 赤レンガへ >>


コメント

レポありがとうございます。

どーものアルバム曲が少なくなって、アコギコーナーも無くなって、これまでのツアーとは違った構成だったんですね。
続き楽しみにしています。

PS.ツアートラックの写真良く撮れてたので持ち帰させていただきました(笑)

Re: タイトルなし

けーすけさん
いえいえ。読んでいただいてありがとうございます。
会場もあんな感じだったし、なかなか新鮮でしたよ。きっと2012のLIFE-SIZEではあのたそがれが見られると思います。

> PS.ツアートラックの写真良く撮れてたので持ち帰させていただきました(笑)

どーぞどーぞ♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。