プロフィール

うるとらK

Author:うるとらK
小田和正さんが大好きです。
冬はスキーヤー!夏はなんちゃってゴルファー!!
お気軽にコメントど~ぞ~♪

引越し前のブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/xbkwx785

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

大好きな君に

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌山小田日和1日目

無事に和歌山から帰ってまいりました。


レポはすみやかに、をキャッチフレーズに(笑)出来る限り書いてみたいと思います。


が、しかし・・・曲のタイトルも怪しい私が、セットリストなど覚えているわけもないのでそこは適当で失礼します。


ってな訳でネタバレもありますので知りたくない方は読まないでくださいね~。


今回も構成は同じく、オープニングの映像があって、ご当地挟んで前半後半という感じ。


オープニング映像はCMの映像をつなげたものが中心。特殊な撮影に向かった、とかダイアリーに書いてありましたが、実写版の小田さんがシャッターを開けてライブが始まります。


が、やっぱり後半はメンバーや小田さんが出てくるので最後まで見られず・・・いつものことです。


出だし3曲ほど歌ってMC。よく覚えてませんが
「責任を持って本日小田日和にしていきますのでよろしくお願いします」

って・・・言ったように思います。そんな感じで覚えてるMCを。

「和歌山の方はどのくらいおられるんですか?1/3くらい?そうですか」

「辞書引こうと思って辞書を手にもって、あれ?何を調べたかったんだっけ、と言うような日々を過ごしております」

「実は母親が和歌山のド田舎の出身で、そんな母に育てられたので、ボクは小さいころ発音がおかしかったらしいです。」
(西日本では『四月しがつ』は『し』にアクセントがありますが、標準的にはアクセントはないようですね。説明できなくてすみません)

「とうもろこしのことを〇〇(和歌山の方言?)と呼んでましたね」←会場拍手。

「小学校1年生の時に紀ノ川に家族で遊びに来たんですがその時の映像を見つけたので見てみてください」
(チッチャイ頃の小田さんが弾ける笑顔で川で遊んでる映像でした。結構綺麗だったな)


そんな感じでゆるさもいつもどおり(笑)


「発売されたアルバムの中から、と言えたらいいんですが、今日はまだ発売前なので説明をさせてもらおうと思います」


ちなみにアルバムの曲は全部歌ってくれましたよ。


この曲はおとといでしたか。ボクはまだ見てませんけど(私も!)時代劇の曲で依頼されたんで、一応時代劇をイメージして作りました。
『二人』


いつもボクの曲を使ってくれてたんですが、今回は書き下ろさせてもらいました。
『この街』


もうすでにドラマの主題曲になってますが
『やさしい風が吹いたら』


この曲はネイザンから頼まれて書いて、だからこの曲はネイザンの曲なんで、ボクがカバーしてるってことになるんだそうです。そんな感じのやつは初めて・・・じゃないかもしれないから言いませんが・・・彼がメールの最後に「またね」って必ず書くからそれをタイトルにしました。
『mata-ne』


と・・・非常に簡単ではありますが、内容はこんな感じです。


小田さんの様子ですが


新曲が多かったし、ツアー初日ということもあったと思いますが表情は硬かったように思います。花道の移動もスムーズという感じではなく、「あ、こっちだ」みたいな感じで足早だったり自分で確認するような表情もあり。


それでも後半はどんどん感覚を取り戻した、という感じで走りまくりの飛び跳ねまくりでした。


最後の方だったかな、「ホっとしました」って言ってましたもんね。


アンコール1回目の2曲目ダイジョウブで激走。マジ走り1往復くらいののち、いったん下がってすぐに2回目アンコールに出てきてピアノに着席。


「走った後にやる曲じゃありません」(っていうようなニュアンス)
「今日は新しいアルバムの曲のうち9曲歌いましたが、あと1曲残っててその曲をやります」
『今のこと』


個人的にはこれが一番聞きたかったのです。圧巻でした。走った後によくそれだけ歌えるわ、って呆れるほどの声量。ピアノも間違えることなく(笑)聞かせてくれました。


今回はオフコース時代の曲が前のツアーに比べたら少なかったという印象。東北ツアーでやった『風と君を待つだけ』をやってくれたのはすごく嬉しかった!これも聴きたかった。


こんな感じでなんとなく様子はわかっていただけましたでしょうか。


前と大きく違うところは稲Pとの出べそコーナーがなかったこと。園山さんと木下さんが居なかったこと。第二ヴァイオリンが藤家さんじゃなくてしょうへい君になってビオラが徳岡さんでした。やっぱり園さんの音が無いと締まらない感じもありましたが、新しいアルバムの曲はしっとり系が多いもんな・・。


あ、あと皆で歌おうも無かったし前回のアカペラもありませんでした。


ツアーはまだ始まったばかり!これからまた色々追加されることもあるでしょう!


次回、私はテアトロンに行きま~す!

IMG_1615.jpg
スポンサーサイト

<< 和歌山珍道中 | ホーム | いよいよ >>


コメント

お久しぶりです!

東京体育館2日目に行って来ました♪
やっぱり小田さんはステキでした!!
今回は真っ白な状態でライブに臨もうと、テレビ以外の情報をシャットアウトして行って来ましたが、うるとらkさんはアルバム発売前の憧れの初日に行かれてたんですね。そして次は、これもまた憧れのテアトロンなんですね。羨ましい限りです!
明後日、横アリの一般に一応トライしてみますが(^-^;
あとは10月の武道館です♪

Re: お久しぶりです!

タンバリンさん
お久しぶりです~♪
東京体育館行ったんですね!真っ白な状態のライブって凄く新鮮でドキドキしますよね。次なんだろう、って。
私はネタバレとか見ちゃう方なんですが、今回は本当に真っ白で臨んですっごくよかったです。
何より小田さんが素敵だったし。でもちょっと久しぶりのライブだと、「大丈夫かな」とかいらぬ心配しちゃうんですよね。親心じゃないですが(笑)
関東からじゃテアトロンはちょっと気合いりますもんね。私達でも会場に到着するまでは苦労しますから(笑)しっかりあのロケーション楽しんできますね。
武道館・・・全くダメでした。羨ましいです~

おださん♪

お久しぶりです。
和歌山も参戦されたとはすごい。
名古屋も神戸も行けるなんて、うらやましいです。

出べそコーナーがなくてスッキリしてましたね。
園山さんはちょっと前から不在と思っていたけど、
木下さんも居なかったの?ずっと小田さんを(後姿も)追いかけて見るので、気づかなかったです。^^

うるとらKさんのレポは暖かくなるので大好きです。
また、来ます。^^/


Re: おださん♪

さき。さん
ライブ難民の鳥取県民は和歌山は近い方なのですよ(笑)最初は行く予定なかったんですけど誘ってもらって行ってよかったです。
木下さんは居なかったけど前みたいにステージ脇で歌ってたりするのかな~。
幸運にも名古屋神戸と行くことができますが、武道館にはご縁がなかったようです。武道館の小田さんを見たかったのになあ。
いい加減なレポで申し訳ないですが何となく伝わってもらえたらと思ってます♪また寄ってください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。